タケプロンジェネリックは、胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することで胃酸の分泌を抑制するプロトンポンプ阻害薬の「タケプロン」のジェネリック薬です。

主に、十二指腸潰瘍や胃潰瘍、逆流性食道炎の治療に用いられることで知られているお薬です。

タケプロンジェネリックに含まれている有効成分の「ランソプラゾール」は、アメリカの食品医薬品局で認可されている成分で、日本国内でも2番目に認可されたプロトンポンプ阻害薬(PPI)となります。

胃酸の分泌をしっかりと抑える作用があり、難治性の潰瘍に優れた効果を発揮すると言われており、逆流性食道炎や胃潰瘍の治療薬として最初に選択されることが多くなっています。

病院で処方されているものと同様の効果・効能がありますが、服用の際は必ず医師の診断を受けた上で行うようにし、用法・容量を厳守してください。

タケプロンジェネリック(Lansocap)30mg

オオサカ堂で購入することができるタケプロンジェネリックは、バラ30錠入りで約3,500円となっており、病院で処方してもらうよりも格安で購入することが可能です。

また、200錠入り(1箱)でも約14,000円なので、1日辺りのコストは約70円と、非常にコスパの高い商品となっています。

プロトンポンプ - Wikipedia

プロトンポンプ (Proton Pump) は、生物体内で光エネルギーなどを利用して水素イオン(プロトン)を能動輸送し、生体膜の内外に膜電位やプロトン勾配を作り出す機能、またはそれを行うタンパク質複合体をいう。プロトンポンプによって形成されたプロトン勾配はATP合成などに利用される。ATP合成酵素自身も逆反応として、ATPの加水分解によるエネルギーを利用してプロトンポンプとして働くことができる。胃酸の分泌にもこのATPをエネルギー源とするタイプのプロトンポンプが働いている。