育毛発毛情報ブログ

当ブログでは、育毛・発毛に関する情報を中心に、睡眠ケア商品やED治療、ダイエット等の悩みを解決するための話題を取り扱っています。

カテゴリ: 薄毛・抜け毛・育毛ニュース

AGA(男性型脱毛症)の治療薬と言えばプロペシアが有名ですが、今回ご紹介するニュースではそのプロペシアの上位版、「ザガーロ」が紹介されていました。すでにあちこちで話題に上がっているネタではありますが、当ブログでも紹介しておきます。

AGA用新薬「ザガーロ」 従来薬と比べ優位な効果を医師語る

男性型脱毛症(AGA)の患者は1000万人以上といわれ、外見に対する男性の意識の高まりから専門医に相談する人が年々増えている。そんな薄毛の男性たちの救世主と期待される新薬が、もうすぐ発売になる。

AGAに悩む男性が脱毛予防や育毛対策として拠り所にしてきたのが、「ミノキシジル」と「フィナステリド」といった薬剤だ。

前者は「リアップ(外用薬)」、後者は「プロペシア(内服薬)」という商品名で販売されている。特にプロペシアは世界60か国以上で処方され、日本では2005年の登場以来、その有効性の高さからAGA治療薬として広く用いられてきた。

しかし、それらを凌ぐ新たな薬が11月中にも登場するといわれ、AGA患者が熱い期待を寄せている。その新薬とは、9月28日に厚生労働省の承認を取得し、グラクソ・スミスクライン社が製造販売する「ザガーロ」(一般名・デュタステリド)だ。

頭髪治療のスペシャリストとして知られる東京メモリアルクリニック・平山の佐藤明男院長が語る。

「すでに韓国では処方されています。日本で発売されたら当院ではすぐに入手、処方するつもりです。従来品を使用していてもなかなか効果が表われない患者さんの中には、すでにザガーロを予約している人もいるほどです。

ザガーロとプロペシアの大きな違いは、抜け毛の原因とされる物質を阻害する成分量がザガーロの方が多いこと。プロペシア1mgの効果をザガーロは0.1mgで期待できる。プロペシアは0.2mgと1mgの2種類が販売されていますが、ザガーロは0.1mgと0.5mgの2種類が販売されます」

グラクソ社によれば、ザガーロの有効成分であるデュタステリドは前立腺肥大症治療薬として2001年にアメリカで承認されたものだという。

「その後、AGA治療薬として開発を進め、2009年に韓国でAGA治療薬として承認されています。AGA治療薬としての日本の臨床試験は2010年から開始し、今年9月に承認を得ました」(同社広報部)

引用元:http://www.news-postseven.com/archives/20151102_360854.html

注目すべき点としてはここですね。

抜け毛の原因とされる物質を阻害する成分量がザガーロの方が多いこと。プロペシア1mgの効果をザガーロは0.1mgで期待できる。プロペシアは0.2mgと1mgの2種類が販売されていますが、ザガーロは0.1mgと0.5mgの2種類が販売されます

ちなみに「プロペシアに含まれている1mgの効果」とはフィナステリドのことですね。フィナの成分まで話を広げてしまうと記事のボリュームが増えてしまい、話もややこしくなってしまうのであえて伏せていると思われます。

プロペシア1mgのおよそ10分の1の成分量で同様の作用が期待できるというわけですが、この強力なDHT(悪玉男性ホルモン)阻害作用を実現しているのが、デュタステリドと呼ばれる成分です。

ニュースの中でもありますが、デュタステリドは本来は前立腺肥大症治療薬として使われていた成分です。この成分が薄毛の治療にも効果があったということで、ザガーロの開発に至ったというわけですが、これはミノキシジルやフィナステリドでも同じ様な開発経緯があります。

本来意図していなかった作用というものは、いうなれば副作用なわけですが、育毛業界にはこの副作用を逆に利用した医薬品がいくつか存在しています。ザガーロもそのパターンではあるのですが、果たしてこの育毛剤が薄毛に悩む男性達の救世主となってくれるのか・・。今後も動向が注目される情報です。

ちなみに、ザガーロに含まれているデュタステリドを有効成分とする医薬品の名前は「アボダート(アボルブカプセル)」という名前で販売されています。しかし、この薬は本来は前立腺肥大症の治療を目的としてものであり、薄毛の治療目的に開発されたものではありません。

今回発売されるザガーロは、デュタステリドの発毛作用を臨床実験を繰り返し、安全性が確認されたことから新たに発売された治療薬です。この辺は経緯を調べていくとややこしく感じるのですが、デュタステリドを有効成分とするアボダートを、薄毛の治療目的で服用しているユーザーも多いということです。

本来意図した用途とは違う使われ方で有名になってしまったデュタステリドですが、これで正式に、プロペシアを超える次世代の育毛剤として世に出回っていくことになりますね。今後の活躍に期待します。


口コミや商品の詳細はこちら⇒アボダート(デュタステリド)

当ブログでも同じみの、マイナビニュースさんからの話題です。男性なら一度は行ったことがあると思われる「筋トレ」。その筋トレと薄毛の関係性の是非を問う記事を紹介します。

薄毛に至ってしまう原因の多くは、男性型脱毛症(AGA)であると言われています。AGAの強力な脱毛作用に比べれば、筋トレが及ぼす抜け毛への影響は非常に小さなものであるといえそうなのですが、この記事の中では「筋トレのやり過ぎによる各種栄養素の不足」が抜け毛の原因となる可能性を示唆(しさ)しています。

筋トレによってダメージを受けた筋肉を修復するために、様々な栄養素が使われるわけですが、それが影響して髪の毛(頭皮)まで周る栄養素が不足してしまうということですね。

タンパク質や亜鉛、ビタミン、各種の必須ミネラル不足が、ただちに薄毛に繋がるというわけではありません。しかし、筋トレのために、筋肉の発達だけに必要な栄養素ばかりを摂るような生活を送っていれば、髪の毛だけでなく体調にも悪影響を及ぼしてしまいます。

何事も程々が大切というわけではありますが、男にとって筋肉が大切なのか、髪の毛の方が大切なのかは、個人の間でも意見が別れるところではありますね。

巷でよく言われている噂で「筋トレをしすぎると毛が薄くなる」という物があります。クリニックに薄毛の悩みで来院される方の中にも、この事を質問される方は多数いらっしゃいます。そこで今回は、「筋トレ」と「薄毛」の関連性についてお話したいと思います。

嘘?本当?「筋トレをしすぎると毛が薄くなる」

筋力トレーニングの原理は簡単に言ってしまうと、「筋肉にわざと負荷をかけて傷をつけて、より強い筋肉へと修復させる」という行為の繰り返しになります。

体の仕組みとして、骨や筋肉は傷がつくとより強靭になるよう修復しようとします。

この修復の際に産生されるのが『テストステロン』というホルモンになります。

このテストステロンは男性ホルモンの一種で、男性の場合は精巣、女性の場合は少量ですが卵巣で主に作られる、骨や筋肉・毛髪などを強くするホルモンです。

こんな体にとって有用に働くテストステロンですが、5αリダクターゼという酵素の働きにより『デヒドロテストステロン(DHT)』という活性型のホルモンに変化すると、なんと毛髪の成長を抑えてしまうのです。

つまり、筋トレを行うと体を修復するために『テストステロン』というホルモンが分泌されるが、それがDHTという活性型のホルモンに変化すると薄毛のリスクが高まる、という事です。

続きはこちら:http://news.mynavi.jp/news/2015/01/30/476/

頭頂部から薄毛が進行している場合、どんな改善方法が考えられるでしょうか。AGAの場合は治療法がありますが、同時に髪が生えやすい頭皮の環境を用意してあげることも重要になってきます。

■30代男性からの相:「頭頂部の薄毛を改善するにはどうすればよいか」

『つむじが大きくなり頭頂部周辺が薄くなってきました。AGAだと思うので薬を飲むことも考えているのですが、その他に頭頂部の育毛効果が期待できる方法や成分などあれば教えて下さい。』

■頭頂部の薄毛はAGAの可能性が高い

頭頂部から少しづつ薄毛が進行するのは、AGA(男性型脱毛症)の症状と考えられます。その他のAGAの症状ですが、前髪の生え際が後退している場合はその可能性が高いです。頭頂部を含め薄くなっている部分の髪の毛が細く柔らかくなっている場合、これもAGAの可能性が高いと考えれます。

AGAの対策ですが、現在では治療薬が出ており、病院で治療することが可能です。皮膚科であれば大体の病院やクリニックが処方してくれます。脱毛症専門の病院であればもう少し専門的な治療を行ってくれるところもあるようです。

米サンフォード・バーナム医学研究所は27日(現地時間)、ヒトの多能性幹細胞を使って新しい毛髪を生やすことに成功したと発表した。

これまでの同様の研究では、頭部の毛髪卵胞を移植する形だったが、今回の成果はヒトの多能性幹細胞を用いて、ヒトの毛髪を生やすことができる新しい細胞を生成できた点にある。

成人の場合、皮膚乳頭細胞は体外では増長できず、育毛機能をすぐに失ってしまう。しかし、この手法を用いた実験では、マウスに移植したヒトの多能性幹細胞を皮膚乳頭細胞へと分化させ、人毛を誘発できた。

今後は人体での臨床実験を行なっていく予定。米国では4千万人以上の男性と2,100万人以上の女性が抜け毛に悩んでおり、今回の研究がその打開策になるものと期待されるとしている。

出典:http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20150128_685671.html

ストレスと抜け毛の関係



私たちの身体は、強いストレスを受けるとさまざまな変調が起こります。そしてその変調は身体の一番弱っている場所に現れやすいという特徴があり、それが髪の毛(頭皮)に起こった場合に抜け毛を引き起こします。







また、髪の毛の生育に重要な栄養素に「亜鉛」があります。ストレスを強く感じると、身体ではこの亜鉛が大量に消費されます。そうすると、髪に必要な亜鉛が十分に供給されなくなるのです。(詳しくは『亜鉛の育毛・発毛促進効果』をご覧ください)







ストレスで自律神経のバランスが乱れると血流が悪くなり、頭皮や髪の毛に運ばれる栄養が不足することがあります。さらにストレスにより男性ホルモンの分泌が多くなることも、抜け毛の原因となります。(詳しくは『女性のAGA(女性男性型脱毛症・FAGA)とは?』をご覧ください)







その他、ストレスがきっかけで身体の不調が生じると、それをカバーするために多くの栄養が使われるため髪に栄養が行き届かなくなることもあります。







このように、ストレスと抜け毛は深く関わりがあることが分かります。




続きはこちらから:http://news.livedoor.com/article/detail/9187626/









 大手ドラッグストアチェーンのホームページ(HP)をまねた偽サイトが見つかり、厚生労働省が閉鎖させていたことが分かった。業界団体によると、大手チェーンの偽サイトが確認されたのは初めて。一般用医薬品のインターネット販売が6月12日に解禁されるが、同省は不正サイトに注意するよう呼びかけている。

偽サイトの被害に遭ったのは、関西を中心に327店舗を展開する「キリン堂」(大阪市)。同社や厚労省によると、偽サイトは同社HPとそっくりで、ネットを通じた商品購入に閲覧者を誘導していた。約160社が加盟する日本チェーンドラッグストア協会によると、加盟社の偽サイトが確認されたのは初めて。偽サイトには同協会が認定する「優良店」のロゴマークも張り付けられていた。

ただ、会社の所在地が石川県であることや、代金振込先の口座の名義が外国人のような名前であることが本物のサイトの表示と異なり、不審に思った閲覧者からの連絡で今月15日に発覚した。

厚労省は無許可販売業者と判断し、プロバイダーに要請して27日にサイトを閉鎖。キリン堂も商標を違法に使われたとして不正競争防止法違反容疑で大阪府警に被害届を出す方針だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140530-00000101-mai-soci

本文中にもありますが、今年の6月12日から解禁される一般用医薬品の通販解禁を受けて、おそらく出てくるであろうと予測されていた「ニセサイト」がさっそく出現していたというニュースです。

すでに厚生労働省によって閉鎖となった様ですが、今後もこの手のニセサイトは頻繁に確認されるようになりそうです。

自分は大丈夫と思っていても、知らず知らずのうちに被害者になっていた・・という可能性は0ではありませんので、暫くは注意が必要ですし、こういったニセサイトというものが存在するという認識も持つようにしてください。

模倣サイトは本当に巧妙にコピーされており、一見しただけではまったく分かりません。URL(ドメイン)を確認し、入金先が日本国内で無かったり、代表者の名前が怪しいと感じたら、そのサイトはニセモノである可能性があります。

騙す側は、あの手この手で私達の大切な資産を奪い去ろうとしてきます。絶対に許されることではありませんので、利用者である私達も細心の注意を払いながら、インターネットによる医薬品の通販を利用するようにしましょう。医薬品のネット通販解禁によって、私達の生活が今まで以上に便利になることは間違いないわけですからね。

64歳とは思えない程「フサフサ」な髪の毛を持つベンゲル監督が選手達にチクっと一言。「飲む発毛剤」ということで、おそらくプロペシアと思われます。

確かに、髪の毛が生えるという作用ばかりに目がいってしまい、副作用のことは後から知ったという選手も多いでしょうね。

でも、髪の毛がフサフサな人には、薄毛で悩む人の気持ちは理解できないでしょうね。

フサフサの白髪で知られるアーセナルのアーセン・ベンゲル監督(64)が、発毛剤を飲む選手たちに警鐘を鳴らした。

英デーリーメール紙(電子版)によると、ベンゲル監督は「頭髪のことになると、時に選手たちは自分がよく分かっていない薬まで飲んでしまう。後から薬の成分について知るなんて、賢明とはいえない」と話したという。

同監督によると発毛剤を摂取すると肝臓の働きが悪くなり、疲れが取れにくくなるという。もしかしたらベンゲル監督はマンチェスターUのFWルーニーのように、植毛だったらOKするかも!?

http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20140406-1281619.html

うーん、朝から悲しいニュースが飛び込んできましたね。【朗報】万能細胞発見 主導は30歳女性!発毛分野にも応用可能か?でも過去に紹介した「STAP細胞」ですが、雲行きが一気に怪しくなってきました。

世界中で「再現できない」との声が上がっていたこともあり、簡単に再現できる→ノウハウが無ければ再現は難しい、という流れから、今回の論文取り下げと理研撤回の検討・・・。

残念ではありますが、今後の流れにも注意しつつ、また進展があれば当ブログでもニュースを共有していきたいと思います。

 理化学研究所などが英科学誌ネイチャーに発表した新型万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の論文に不自然な画像があると指摘された問題で、共著者の若山照彦山梨大教授が「STAP細胞の存在に確信が持てなくなった」として、筆頭著者で理研の小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダーらに論文の撤回を打診したことが10日、理研への取材で分かった。

 この問題を受け、理研は10日夜、論文の取り下げも含め検討していることを明らかにした。理研の広報担当者は「若山教授から(論文の取り下げを促す)メールを送った話は聞いている。論文の取り下げには共著者全員の同意が必要で、今後の対応を検討している」と話した。

 理研によると、若山教授は同日、メールで小保方氏ら共著者に連絡。「信じていた研究データに重大な問題が見つかった。論文をいったん取り下げ、外部の有識者に検証してもらうべきだ」と提案したという。

 ネイチャー誌の規定によると、論文の取り下げには原則として共著者全員の同意が必要となる。

 理研によると、撤回理由について若山教授は、「論文だけでなく、研究チーム内の会議に提出された実験データを検証した結果、不自然な画像など重大な問題が複数見つかったため、基礎データを信頼できなくなった」と説明したという。

 理研の広報担当者は「何らかのはっきりとした対応をせざるを得ない。これから検討する」と話した。理研は再現実験に先月、成功しており、研究成果自体は揺るがないとしている。

 また、STAP細胞の論文の画像の一部が、小保方氏が早稲田大に提出した平成23年の博士論文の画像と酷似していることも同日、新たに判明した。

 若山教授は同日、共著者から提供されて保有しているSTAP細胞を公的な第三者研究機関に提供し、詳細な分析を依頼する意向を明らかにした。

近畿大学は2月3日、ブロッコリースプラウトのエキスに、毛髪の成長シグナルを調節する毛乳頭細胞の分裂を促進し、遺伝子を活性化するという効果があることを実験で確認したと発表した。

同成果は、同大薬学部医療薬学科公衆衛生学研究室と、毛髪クリニックリーブ21の共同研究によるもの。詳細は2014年3月27日から30日において開催される「日本薬学会 第134年会」にて発表される予定。

スプラウトは植物新芽の総称であり、ビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの栄養が豊富に含有されていることが知られている。中でも「ブロッコリースプラウト」は抗酸化植物として注目され、近年の研究から、抗がん・抗菌・抗酸化など多岐にわたる作用が報告されている。

今回の研究では、ブロッコリースプラウトに育毛効果があるかどうかの調査が行われた。その結果、毛乳頭細胞が約1.8倍に増殖、血管内皮増殖因子「VEGF」と毛髪の伸長期間に毛乳頭が分泌することが知られている骨形成タンパク4「BMP4」の遺伝子発現が約1.4倍に上昇していることが確認されたという。

なお研究グループでは今後、ブロッコリースプラウトに含まれる活性成分を同定し、ブロッコリースプラウトの配合による影響などについて検討をしていく予定だという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140204-00000040-mycomj-sci

ブロッコリー - Wikipedia

ブロッコリー(英語:Broccoli、学名:Brassica oleracea var. italica)は、アブラナ科の緑黄色野菜。花を食用とするキャベツの一種がイタリアで品種改良され現在の姿になったとされる[1]。和名はミドリハナヤサイ(緑花椰菜)、メハナヤサイ(芽花椰菜)。カリフラワーはブロッコリーの変種である[2]。単位は「株」である。
地中海沿岸の原産。食用とするのは蕾の状態の花序と茎であり、収穫せずに栽培を続けると巨大になった花序に多数の黄色やクリーム色の花をつける。
品種はピクセル、エンデバー、グリーンベール、シャスター、パラグリーン、マーシャル、チャレンジャー、海嶺、雷鳴、緑炎、緑帝、緑笛、緑嶺などがある。

スプラウト - Wikipedia

スプラウト(英: Sprout)とは、主に穀類、豆類、野菜の種子を人為的に発芽させた新芽で、発芽した芽と茎を食用とする。モヤシと同義語であり、穀類の新芽作物一般を指す語である。 スプラウトは主にブロッコリーやマスタード、クレス、大根などのアブラナ科の緑黄色野菜や、豆類の種子が使われる。ブロッコリースプラウト、かいわれ大根、ビーンズスプラウトなどと呼ばれる。 発芽野菜、新芽野菜とも呼ばれる。 英単語のsproutに由来するが、英語での意味としては日本語のスプラウトの他に、そもそも芽全般や、芽キャベツを意味する事もある。

関連ニュース(外部リンク)

<万能細胞>祖母のかっぽう着姿で実験 主導の小保方さん

 「生物学の教科書を書き換える成果」と、国内外の研究者が驚きの声を上げた。理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)が作製成功を発表した新万能細胞「STAP細胞(刺激惹起<じゃっき>性多能性獲得細胞)」。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を超える可能性を秘めた研究成果を主導したのは、30歳の女性の「新星」だった。

 「研究者の仕事は世の人のため。一生懸命に頑張っていれば、いつかきっと誰かが評価してくれる」

 今回の研究の中心となった同センター研究ユニットリーダー、小保方(おぼかた)晴子さんは、祖母の教えを忘れない。2009年、世界的に有名な科学誌に掲載を断られ、ひどく落ち込んだ。その時、励ましてくれたのが祖母だった。「とにかく一日一日、頑張りなさい」。その言葉を胸に、祖母からもらったかっぽう着に必ず袖を通して毎日、実験に取り組んでいる。

 自分の研究室の壁はピンクや黄色、花柄のソファを置き、実験器具などには、「ムーミン」のキャラクターのシールなどが貼り付けてある。知人の間では「ファッション好き」で知られる小保方さん。今回の記者会見でも英国の有名ブランドの金色の指輪をつけて臨んだ。

 その一方で、「研究に関しては並外れた努力家」と、指導した研究者らは、こう口をそろえる。

 大学院生だった08年夏。半年間の予定で米ハーバード大の幹細胞研究の権威、チャールズ・バカンティ教授の研究室に留学した。帰国が迫ったころ、小保方さんは「骨髄細胞を使った幹細胞の最新研究」について発表することになった。1週間ほとんど寝ず、関連する論文約200本を読んで、発表に挑んだ。

 その内容を聞いて、バカンティ教授は「研究室を開いて以来のベストプレゼンテーション」と大絶賛し、小保方さんが米国に残って研究を続けられるよう資金面などでの援助を決めた。「感性が鋭く、新しいことにどんどん取り組む」。バカンティ教授は毎日新聞の取材に、こう評した。

 女性研究者の活躍が難しいとされる日本にあって、異例の若さで、研究室を仕切る。小保方さんは29日、毎日新聞の単独取材に「この研究は、今すぐ誰かの役に立つわけではない。いつか、世界に貢献できるようになりたい。そのために研究を続けたい」と決意を語った。【斎藤広子】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140129-00000100-mai-sctch

iPS細胞 とは - コトバンク

《 induced pluripotent stem cell 》万能細胞の一種。幹細胞と同様に増殖して各種の細胞へと分化することが可能な細胞。平成18年(2006)、山中伸弥らがマウスの体細胞に初期化因子とよばれる数種類の遺伝子を導入することで、初めて作製に成功。ES細胞は受精卵から採取して作るため倫理的に問題があるが、この細胞は皮膚細胞などから作り出すことができる。また、自分の体細胞から臓器などを作れば拒絶反応を回避できるため、再生医療への応用が期待される。誘導多能性幹細胞。新型万能細胞。人工多能性幹細胞。

◆頭文字の小文字の「i」は、当時流行していた米国アップル社のデジタルオーディオプレーヤー、iPodのように世界中に普及してほしいという山中の願いから付けられた。

http://kotobank.jp/word/iPS細胞

関連ニュース

このページのトップヘ