育毛発毛情報ブログ

当ブログでは、育毛・発毛に関する情報を中心に、睡眠ケア商品やED治療、ダイエット等の悩みを解決するための話題を取り扱っています。

カテゴリ: 勃起不全・ED治療薬

ED治療をいったいどのタイミングで行なえばよいのか分からないという方も多いと思います。EDが一般的な治療として認知され始めたとはいえ、やはり人には聞きづらい悩みであることは間違いありません。しかし、治療のタイミングを逃して、先送りにしてしまえば、それだけ症状は深刻になってしまいます。

以下に、「EDではない」と自己診断し、治療を遅らせてしまう要因となる理由を紹介します。あなたは、以下のような理由で治療のタイミングを遅らせてはいませんか?

EDは年(加齢)が原因だと思っている

一般的には、加齢によって精力は衰え、勃起の持続時間や固さも衰えてくるとされています。もちろん老化によるEDもありますが、だからといって、EDの全ての原因を老化と結びつけてはいけません。

例えば、EDは他の疾患と関連して性機能を不調にしてしまう場合もあります。実際に、勃起不全を訴える中年男性の多くが、動脈硬化や高血圧等の疾患を持つことが分かっています。

特に動脈硬化は、EDと深い関わりがあるとされており、動脈硬化によって高血圧や糖尿病、高脂血症を引き起こす可能性が高くなることが知られているのです。加齢によって精力が衰えたから・・・と自己判断せず、EDが病気によって引き起こされていると考えてください。

たまには上手くできるのでEDではない

これも誤った判断です。「たまに」しかできないのであれば、それは立派なEDと言えるでしょう。この場合は、軽度から中等度程度のEDの可能性があります。そして、「たまにしかできない」から、完全に勃起しなくなったとすれば、それは重度のEDであり、そのような症例はあまり多くないというのが実情なのです。

たまにしか出来ないような状態であれば、一度医師に相談することをお勧めします。ED治療については、「たまに勃起しないことがある」、「勃起できるか不安になる」など、本人が勃起に満足を感じられない場合でも、十分にEDの治療対象となります。

上手にできないのはストレスや疲れのせいだと考えている

仕事や人間関係のプレッシャー、時間に追われる、疲れているなど、日常生活で多くのストレスを抱える日本人男性は、「自分がEDになったのはストレスのせい」と考えてしまう傾向があるようです。

確かに、EDには「心因性」のものがありますが、50代以上になってくると、「動脈硬化」が原因となっている混合型のEDも多いため、自己判断による「いつかは治るだろう」は危険と言えます。EDは治療によって大きく改善するすることが出来ますので、まずは気軽に医師に相談を行なってみるべきです。

一覧ページへ戻る

EDの診察はどういった内容で、どのような流れで進んでいくかを知っておけば、病院で診察を受ける際に変な緊張や身構えるようなこともなく、自然体で診察を受ける事ができます。

このページでは、EDを診察する際にどういった流れで検査や治療を行なうのかを説明していきたいと思います。

問診票の質問内容について

EDの診察の前には、以下の様な問診表による質問に答えていく場合が多いです。EDのセルフチェックの様なものですが、以下に問診表で聞かれる質問事項の具体例を紹介します。

問診票の質問事項(例)

  • 性的刺激(パートナーへの愛撫、性的写真を見るなどの状況)による勃起の有無
  • 性的行為(性交、愛撫、前戯およびマスターベーションを含める)の際の勃起の回数、維持など
  • 性交の回数、挿入の有無、性交を終了するまでの勃起維持など
  • 性的刺激または性交時の射精の回数と絶頂感
  • 性交時の満足度
  • 性的欲求(性的行為を行いたいと思ったとき、性交していることを考えたとき、性交がないことへの欲求不満を感じたときなど)の有無や程度
  • 勃起を維持する自信の程度
  • 性生活の満足度、パートナーとの性的関係においての満足度

あくまで具体例となりますが、性機能に関する基本的なカウンセリングを行なう前に、問診を行ないます。または、カウンセリングの最中に上記の質問が行なわれ、具体的な治療方針や現在の状態等を探っていきます。

さらに、記入した問診票をもとにカウンセリングを行い、仮の診断が行われます。場合によってはED治療薬(バイアグラ等)を短期間、例えば4回分処方するなどして、すぐに投薬治療に入り、薬の効き目を確認することもあるので、問診票には見栄を張らずに、事実を正確に記入していきましょう。

問診から診断、治療薬の処方までの流れ

以下は問診票の記入から処方薬をもらうまでの流れとなります。具体例となりますので、詳細は診断を受ける病院や専門外来へ問い合わせてみてください。

問診と診断

回答した問診票の内容をもとに、医師の問診(カウンセリング)を行ないます。ED治療では、いざ医師と向かい合うと羞恥心と緊張が入り交じってうまく話せなくなりがちです。しかし、この問診ではあまり堅苦しく考えずに、気軽に雑談するくらいの気分で対応するとよいでしょう。

基本的には初診時の問診と採血などの簡単な検査、そして、その結果をもとにEDの原因を判断し、治療に入るという流れになります。しかし、先述したとおり、問診を行なったとで「仮の診断」を行ない、その日にED治療薬を試験的に処方される場合もあります。

そして、処方された薬が効かない場合は、さらに追加の検査を行う場合もあります。

投薬・その他の治療法、処方承諾書

基本的に、ED治療薬(バイアグラ等)を処方しますが、体質等が原因でED治療薬が使えない場合には漢方薬を、ホルモン分泌に問題がある場合であればホルモン注射を、心因性の場合であればED治療薬と併用して、専門的なカウンセリングを別途行ないます。

また、陰茎自体に問題がある場合には手術などの方法があります。しかし、ほとんどの場合はED治療薬が最初の治療に用いられます。ED治療薬の処方の際には、医師から服用についての説明を十分に受け、その後、処方承諾書に署名する流れとなります。

血液検査で精巣内のホルモン量がわかる

尿検査、血液検査

尿路感染症、腎疾患、糖尿病などの器質的な問題の有無を調べるために、尿検査と血液検査を行います。(問診で仮の診断をして、ED治療薬の効き目を確かめた後、この検査を行うケースもあります)

ホルモン検査

脳下垂体から分泌される黄体ホルモン(LH)、卵胞刺激ホルモン(FSH)、プロラクチン(PRL)、テストステロン(男性ホルモン)など、血液中に含まれているホルモン量を測定します。LHは精巣を刺激するホルモンで、LHとテストステロンが低い場合や、LHは高いがテストステロンが低い場合、脳下垂体から分泌されるホルモン量が少ない場合などは、精巣に問題があると推測できます。(問診で仮の診断をして、ED治療薬の効き目を確かめた後、この検査を行うケースもあります)

その他にも、陰茎内の血液流出入の状態を調べるカラードップラーエコー検査、陰茎内の血管の異常を調べる血管造影などがあります。

スタンプテストとは?

仮の診断の時に、ED治療薬の処方と同時に、スタンプテスト(切手テスト)を行う病院もあります。これは、夜間に陰茎が勃起しているかどうかを確かめるもので、連続した切手を陰茎に巻きつけて就寝し、起床時にミシン目が切れているかどうかを確認します。
他に巻尺のような測定装置を陰茎に巻きつけて、最大勃起時の太さを測定する方法もあります。またリジスキャンという、睡眠時の陰茎の太さを観察する装置もあります。心因性のEDであればストレスのない夜間に勃起が起こり、器質性のEDならば夜間は勃起が弱くなったり、なくなったりもします。

投薬を基本とした勃起を促す治療法

ED治療薬

EDの治療は、まずED治療薬を服用してその効き目を確かめることから始まります。糖尿病や高血圧症などを併発している場合は、これらの生活習慣病の治療も同時に行います。ED治療のほとんどは投薬治療ですが、心臓病などでED治療薬が使えなかったり、有効でない場合の治療法もいろいろあります。

心理療法

20~30歳代の若い世代に多い心因性のEDに対して、ED治療薬の服用と同時に心理療法を行う場合があります。「また失敗するのでは」という強迫観念やプレッシャーなどをうまくコントロールできるように、カウンセリングや精神分析などを行います。

ホルモン療法

男性ホルモンの減少によるEDの場合は、男性ホルモンを補充する注射を行います。

海綿体注射療法

陰茎海綿体に直接注射をして勃起を促進する方法。以前はよく行われましたが、ED治療薬が普及した現在では、ED治療薬が効かない場合のみ行われています。この注射療法は、海外のほとんどの国では自己注射(患者が自分で陰茎に注射をする方法)が承認されていますが、日本では認可されていません。

陰圧式勃起補助具

円形の筒に陰茎を挿入して血液を貯留することで勃起を促進し、陰茎の根元をゴムで縛って勃起を持続させます。

手術による治療

手術については、陰茎の血管に異常がある場合に行う血管手術や、陰茎内にポリエチレンの芯棒を入れるプロステーシス(人工陰茎)という方法などがあります。プロステーシスは陰茎海綿体を傷つけるので、十分な検討のうえで行う必要があります。

一覧ページへ戻る

ED(勃起不全)はその特性上、非常にデリケートな問題です。EDに悩んでいるものの、誰にも相談できずに、適切な治療を受けずに諦めてしまう例もあるほどです。

しかし、日本におけるED患者は全国で1000万人以上とも言われており、最近ではごく一般的な症状として認識されています。認知度も高まっていますので、人に相談することは決して恥ではないのです。

また、近年ではED治療薬の代表格である「バイアグラ」の登場によって、さまざまなED治療薬が開発、販売されるようになってきました。個人輸入代行業者から個人的に購入することも可能となっており、手軽にED治療を行なえる時代となってきました。

しかし、EDの原因や症状は人それぞれです。バイアグラ等の治療薬を使えば必ずEDが治るというわけではないのです。副作用のこともありますので、やはり最初は病院でEDの原因・診断を受け、自分の体質にとっても問題のない、正しい治療法を行なうことが大切なのです。

ED治療はどこへ行けばよいのか?

EDの治療を行なう場合、以前であれば泌尿器科を受診して治療を行なうケースがほとんどでした。しかし、EDの知名度が向上するに従って、全国でEDを専門とするクリニックが増加し、男性の悩みを気軽に相談できるような環境が整ってきました。

ちなみに、ED治療は泌尿器科やED専門クリニック以外の病院(内科など)でも受診することが可能となっていますが、どの病院でもED治療を行っているわけではありませんので、インターネットなどで調べたり、事前に病院へ問い合わせるなどして、下調べを行っておきましょう。

病院で行なうED治療

病院でEDの相談を行なった場合、医師によっては「IIEF(国際勃起機能スコア)」に基づいた勃起、または性行為に関するチェックが行なわれることがあります。

そのチェックの結果を受けて、EDであると診断された場合、次にその原因が心因性か器質性かを調べます。そして、器質性と診断された場合、症状にもよりますが、投薬治療や生活習慣の改善等を指導されます。心因性が原因と分かった場合は、投薬治療と並行して、プロのカウンセラーによるカウンセリング治療も行なわれます。

投薬治療に関しても、使用する薬に対してアレルギーや副作用の可能性など、しっかりと診断を行なってもらうことができますので、安心感があります。

ただし、病院や専門のクリニックでED治療を行なう場合、健康保険が適用されない自由診療となりますので、診療費や薬代が高額なのがネックとなります。中には、病院を受診した後、自分の体に薬による副作用の可能性が低いと分かれば、薬だけをインターネットで取寄せ、自分でEDの改善を行なうという人も増えているようです。

一覧ページへ戻る

追々は各治療薬について詳細ページを作成していこうと思いますが、EDの治療薬にはいくつかの種類があります。

以下は、代表的な治療薬となります。詳細はリンク先の商品ページよりご確認ください。また、ED治療薬関連のページでもED治療薬に関する情報を掲載していますので、併せてご覧下さい。

一覧ページへ戻る

ED治療とは、男性の勃起障害を改善、または治療することを目的とした医療手段(治療法)のことです。ED(勃起不全)とは?のページでも詳しく書いていますが、EDとはErectile Dysfunctionの略で、日本では勃起不全や勃起障害と呼ばれており、従来の「インポテンツ」に代わる名称として認識されています。

日本におけるED治療とは?

EDは昔から男性の悩みの一つとして存在していましたが、そのデリケートな特性上、長らく「治療」としての概念が定着せず、根本的な治療が行なわれない状態が続いていました。

しかし、1999年に発売されたED治療薬の「バイアグラ」の登場によって、日本でもED治療に対する関心が高まりました。

そして現在では、バイアグラによる投薬治療の他にも、生活習慣の改善・見直しや手術、専門器具による治療法等、幅広いED治療が行なわれるようになっています。

さらに、最近では若年層にもEDが多く見られるようになってきたのですが、その原因の多くが心因性によるものが多いということを受け、EDを専用とするカウンセリングも併用した治療が行なわれています。

ちなみに、ED治療はインプラントやレーシック、AGA治療と同様に、保険の適応が認められていません。そのため、検査や治療費、薬等は全て自己負担となってしまいます。

一覧ページへ戻る

人間の体は非常にデリケートで、ちょっとしたことがキッカケでEDとなる場合もあります。これは心因性のEDによく見られますが、最近のEDの原因として、「運動不足」も関係しているのでは?と考えられています。なぜ運動不足がEDの原因を作るのでしょうか?

陰茎の平滑筋は通常緊張したままですが、性的刺激を受けると一酸化窒素が生成され、平滑筋が一時的に弛緩します。すると、体内を流れる血液が陰茎に大量に流れ込み、陰茎海綿体が血液を吸収して大きく膨張して勃起する仕組みになっています。

そのため、運動不足によって筋力が衰えると、平滑筋の収縮運動も低下し、勃起しにくくなってしまうのです。また、筋肉は血液を全身に送り出すポンプの役割を担っているため、筋肉不足によって血行が悪くなると、陰茎への血流も低下してしまいます。

運動でED治療

運動不足によるEDの治療には、有酸素運動がおすすめです。

有酸素運動にはウォーキングやジョギング、水泳などが一般的ですが、普段運動しない方が急激に体を動かすと、かえって体に大きな負担をかけてしまうため、まずは軽いウォーキングから始めてみましょう。

ウォーキングの目安は毎時6~8kmのスピードで、やや早歩きの状態をキープします。有酸素運動は20~30分後から効果を発揮するため、できれば30分を目安に毎日続けるとよいでしょう。

ウォーキングの時は、両腕をリズミカルに振り、足はかかとから地面につけるように歩くとより効果的です。

生活習慣病の予防にも有効

健康診断などで生活習慣病の危険性があると診断された方は、EDにもなりやすい傾向にあるといえます。肥満や高血圧、糖尿病などを患っている場合、ドロドロ血液になっている可能性があり、その結果、動脈硬化を引きおこしやすくなります。動脈硬化が進行すると、血液がつまりやすくなり、やがて心筋梗塞や脳卒中などの重疾患を引きおこす原因となってしまいます。

そうならないためにも、毎日適度な運動を続けていきましょう。運動を習慣にしていけば、体内の脂肪は燃焼しやすい状態を維持します。そうすることで、肥満や糖尿病の発症を予防することができるのです。

また、運動によって筋肉や脂肪組織が鍛えられると、インスリンの反応が活発になり、血糖値をコントロールできるようになります。

EDにならないために運動をすることで、健康的な体を手に入れる事もできるのです。特に現代人は昔に比べて運動量が減っていますので、意識して普段の生活の中に運動を取り入れるように心がけていきましょう。

一覧ページへ戻る

生活習慣がEDの原因を作るのページでは、主に生活習慣が招くEDの原因を紹介してきましたが、EDとなる原因は様々で、その中の一つに「薬の作用によって」引き起こされるEDもあります。原因として関連のある項目なので、このページで併せて紹介しておきます。

降圧薬、抗不整脈薬、血管拡張剤、高脂血症用剤、利尿剤等

心臓病の治療に用いられる「抗不整脈薬」や、高血圧の治療に使われる「降圧剤」が、EDの原因となる場合があります。これらの薬は、脳などの中枢神経に作用したり、薬自体に鎮静効果を持っていることが影響し、勃起障害が起きると考えられています。

また、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として有効なミノキシジルとフィナステリドにも、性欲が減衰する症状が起こることもあるとされています。

エストロゲン剤、プロゲステロン製剤、LH-RH誘導体などのホルモン薬

おもに前立腺がんなどの治療に用いられるホルモン薬が影響して、勃起障害を起こすことが報告されています。

胃薬(シメチジン)

胃薬の一種で、勃起障害の原因になるといわれていますので、気になる場合は医師に相談して、薬を替えてもらうなどしましょう。

抗うつ薬、精神安定薬、睡眠薬

勃起などの性行動は脳内神経伝達物質であるドーパミンが増加し、セロトニンが減少したときに起こりますが、向精神薬には、このドーパミンを減少させ、セロトニンが増加するような働きがありますので、性欲を低下させる原因となってしまいます。

一覧ページへ戻る

生活習慣による病気が原因のEDの他に、手術や放射線治療を受けた結果、EDを発症する場合もあります。頻度としては決して多い原因では無いのですが、その関係性の正しい知識を持っておくことも、適切なED治療を行なうきっかけとなるでしょう。

骨盤内のがん手術

膀胱がんや直腸がん、前立腺がんなど、骨盤内の悪性腫瘍の摘出手術を行なうと、勃起に必要な神経を損傷する可能性があります。

これは、執刀する担当医の技術に拠る所も大きいのですが、いずれも早期に発見することが、男性性機能を温存することにつながります。日頃から下痢や便秘の繰り返し、血便や血尿などが自分の体に起こっていないかを確認し、自分の体調の変換に気をつけておきましょう。

少しでも異常が出れば、我慢せずに病院へ診断を受けに行くことをおすすめします。

経尿道的前立腺切除術

前立腺のすぐ近くには、勃起に関わる「勃起神経」が走っています。前立腺の切除の際に、電気メスなどの熱の影響で、ごくまれに勃起障害が起きることもあります。

骨盤の外傷

交通事故などによって、膀胱や尿道などの骨盤を損傷すると、勃起障害になることがあります。

放射線治療によるED

おもに前立腺がんの治療の際の放射線治療によって起こるもので、陰茎海綿体へ血液を送る動脈と勃起神経への障害によるものと考えられています。

一覧ページへ戻る

人は誰でも、年齢(加齢)と共に性機能が衰えていきます。程度の差はありますが、これは誰にでも起こりえる老化現象といえます。しかし、年を重ねても満足の行く性生活を送ることができれば、これは人生にとって素晴らしいことではないでしょうか。

このページでは、EDと深い繋がりのある生活習慣の中から、EDを予防するためにも気をつけておきたい病気等について、詳しく解説していきます。

生活習慣とEDの関係

高血圧によるEDのページで説明した「高血圧」によるEDですが、これらの病気は主に、毎日の生活習慣の乱れが、発症するリスクを高めてしまいます。以下では、特に注意しておきたい生活習慣の中からいくつかを紹介していきます。

喫煙とED

喫煙やアルコールの常飲、過去のセックスの失敗やトラウマによる精神的なプレッシャーなど、生活習慣とEDの関係は非常に密接な関係があります。

統計データによれば、喫煙者は非喫煙者に比べて、約1.8倍の頻度でEDが発生しており、喫煙量が多ければ多いほど、その発症リスクは高まっていきます。

喫煙は血液の流れを悪化させてしまいます。血の流れが悪くなれば、陰茎に運ばれる血液の量も減ってしまいますので、十分な勃起が行なわれなくなってしまいます。また、喫煙量が多ければ、陰茎に血液を運ぶ「内陰部動脈」の動脈硬化が進行しやすいという調査結果も報告されています。

これらの動脈硬化や血流の悪化によって、陰茎に流入する血液量が減り、十分な硬さの勃起を維持できなくなってしまうのです。さらに、心臓病の非喫煙者のED頻度は約20%ですが、喫煙者の場合では56%にも上昇するという、アメリカの研究報告もあります。

喫煙は脱毛の原因にもなりますので、まさに百害あって一利なしといえます。

アルコールとED

アルコールの摂取は、適度な量であれば血流を改善し、大脳新皮質の活動を抑制することで自制心が開放され、ストレスの発散や性的興奮が見られることがあります。しかし、過剰にアルコールを摂取し、アルコールの血中濃度が増えてくると、大脳全体が抑制され、勃起機能は低下してしまいます。

さらに、アルコールによって肝機能が低下してしまうと、血液中のテストステロンという男性ホルモンが減少し性欲も低下します。

コレステロールが高い人はEDになりやすい

総コレステロールや、中性脂肪の値が高い人はEDになりやすく、善玉コレステロール値が高い人はEDになりにくいといわれています。

鬱(うつ)とED

うつとEDにも深い関わりがあります。心因性のEDの場合に、うつ症状を伴っている人が少なくありません。そして、糖尿病と同様に「自分はうつ病だからEDになっているかもしれない」と思い込み、その結果、心因性のEDとなる場合も報告されています。

うつ病の治療に用いる「抗うつ薬」は、確かに勃起不全を起こしやすい状態になってしまうのですが、性生活を健康的に送れることも、うつ病改善のために重要な要素と言われています。うつ病だから性交はもうできない、と諦める前に、まずは医師に相談して、適切な治療を行なうことが大切です。

生育環境とED

最近増えている20~30代男性の心因性EDの原因として、受験勉強やテレビゲーム、インターネットなどへの偏重による健全な性知識の欠如や、性に対する不潔なイメージ、まちがったマスターベーションの方法などが影響しているのもみられます。

また、父親不在の家庭や母親からの強い抑圧などの生育環境が一因になる場合もあります。

性経験とED

若い世代の心因性のEDには、初めての射精年齢や性交年齢が関係している場合もあります。これは、初めての性経験が遅い人程、EDが多い傾向があります。これは、性に対する自信が無いという若い世代程、心因性のEDになりやすいといえます。

性格とED

くよくよ悩み、まじめで几帳面な性格の人程、EDになりやすい性格といえます。これは、まじめで几帳面な性格が災いし、性交時のたった一度の失敗を後まで引きり、後々の性交に影響を及ぼしてしまうパターンです。

また、仕事や家庭生活のトラブルを自分の責任だと思い込んで悩み、上手に気分転換を図ることが出来ず、疲れや悩みを抱え込むといった傾向の性格の人も、心因性のEDになる可能性が高いといえます。

一覧ページへ戻る

高血圧とEDには、密接な関係があると言われています。以下にその詳細を説明していきます。

心筋梗塞、狭心症、不整脈、動脈硬化、高血圧等によるED

血流の流れと深い関わりがあるEDは、心臓や血管の病気が原因となる可能性があります。体の隅々まで血液を運んでくれる動脈が硬くなってしまえば、陰茎が勃起するために必要な血液が運ばれず、正しい勃起が行なわれなくなってしまいます。これは動脈硬化に見られる症状です。

また、高血圧の状態が続けば、常に血管が圧迫される状態が続きますので、血管に傷がつきやすくなり、そして傷を重ねていくうちに動脈硬化を引き起こしてしまいます。

中高年で高血圧を患っている人の10人に1人の割合でED(勃起不全)になってしまうという結果報告もありますし、EDを自覚した後で、血管の病気が発見されることもありますので、注意が必要です。

糖尿病によるED

糖尿病とEDの関係も有名なのですが、その関連性が災いして、糖尿病と診断された=EDにもなっていると思い込んでしまい、心因性のEDとなってしまう症例も珍しくありません。

糖尿病で一番問題となる点は、脳からの指令を体の隅々まで送る神経の働きが鈍ってしまい、脳が興奮していてもその刺激が陰茎まで届かなくなってしまう点です。この神経の働きが鈍ってしまうことを、「糖尿病性末梢神経障害」と呼びます。

また、糖尿病によって動脈硬化も起こしやすくなりますので、陰茎の血液が運ばれ難くなった結果、EDとなることもあります。

慢性腎不全によるED

慢性腎不全を患っている人の中には、男性ホルモンの分泌が減少し、血液中の「プロラクチン」というホルモンが過剰に分泌されて、性欲が低下する場合があります。

また、慢性腎不全にともなって起こる上皮小体機能亢進症、貧血、亜鉛欠乏症、高血圧とその治療に用いられる血圧降下薬などが原因となり、EDになる場合もあるのです。

腎臓の働きは、血液をろ過して、老廃物から尿を作るという働きだけでなく、血圧の維持や貧血防止、ホルモン合成などの他、男性の性機能に至るまでの様々な役割を果たしているのです。

男性更年期障害によるED

更年期障害というと、女性特有の症状と思われがちですが、男性にも加齢にともなうホルモンの低下がもたらす「男性更年期障害」があります。症状としては、勃起障害や性欲低下、射精障害、憂うつ感、筋肉量の減少、体毛の減少等が現れてきます。

男性更年期障害の治療法に関しては、男性ホルモンの補充などをしながら治療します。

一覧ページへ戻る

このページのトップヘ