育毛発毛情報ブログ

当ブログでは、育毛・発毛に関する情報を中心に、睡眠ケア商品やED治療、ダイエット等の悩みを解決するための話題を取り扱っています。

カテゴリ: その他

ピルカッターとは、錠剤を半分に割るための専用器具です。1錠では効果が強すぎるという場合に、その錠剤を半分に割って服用する際に良く利用されています。

病院で処方してもらう睡眠薬や精力剤(シアリスやバイアグラ)、AGAの治療薬(プロペシアやミノタブ等)等も、効きすぎる場合は半分に割って服用するということは良く有ります。

本来、錠剤は1粒で効果が出るように考えられて作られていますが、人によっては作用が強すぎたり、副作用が出てしまう体質であるといった問題も抱えており、そういった場合はピルカッターで錠剤を割って服用します。

ピルカッターは、規模の大きなホームセンター、薬局等で入手することができます。ダイソーやセリアといった100円ショップでも購入することができますが、お店の規模が大きくなければ売っていないという声も聞かれます。

近くの100円均で入手が難しい場合は、ネットによる通販が便利でしょう。楽天やAmazonでも、ピルカッターは販売されています。

Amazonでピルカッターの最安値を探す
楽天でピルカッターの最安値を探す

楽天での最安価格は430円、アマゾンでは380円程で購入が可能ですが、送料と併せると1000円を超えてしまうので、100円均一で買うことを考えれば、かなり割高に感じてしまいますね。

しかし、100円均一で販売しているピルカッターは、やはり値段相応といいますか、錠剤が綺麗に割れなかったり、なかなか割ることができなかったりと、結局はカッターナイフや包丁等で割ることになったという話もあります。

錠剤は服用して体の中に入っていくものなので、綺麗に分割できない(1/2にできない)のであれば、多少値段は張ったとしても、しっかりとしたものを購入しておいたほうが良いでしょうね。

ピルカッター

ちなみに、上記のピルカッターは個人輸入の代行業務を行っている、オオサカ堂で取り扱っているピルカッターです。半分に割った錠剤を保管しておくケースが2個ついてきますので、錠剤の管理も便利です。

価格は一個で670円程。送料は無料なので、ネットで購入できる最安値のピルカッターということになりそうです。

ピルカッターの購入はダイソーよりもオオサカ堂がお得

オオサカ堂やアイドラッグストアーをはじめとする個人輸入代行業者で購入できる海外の医薬品は、錠剤の粒が大きいものが多く、日本人の体格であれば、一粒の半分の量でも効果が変わらないという場合もあります。

効果に大きな違いがないのであれば、一粒を半分に割って利用することで、同じ医薬品を倍の期間で利用することが可能となり、費用的にも節約することが可能となります。

また、一粒では効果が大きすぎるという場合、1錠を半分に割って利用しているという日本人は多いようです。

特に、バイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬や、プロペシア、プロスカー、ミノタブ(ミノキシジルのタブレット)等のAGA治療薬は、個人差もありますが効き目が強すぎる場合もありますので、半分に割ってちょうど良いという方も多いのです。

錠剤はハサミや手などで二つに割っても良いのですが、綺麗に2分割できなかったり、粉々に割れてしまったりとなかなか上手くいきません。

そこで便利なのが、錠剤を分割する専用の道具である「ピルカッター(タブレットカッターとも)」です。

ダイソーや100円ショップ、薬局等でも販売されていますが、どこでも取り扱っているわけではありません。また、100円均一で購入できるものは、信頼度や精度がイマイチのものが多い印象です。

楽天やAmazonでもピルカッターは販売されており、それぞれの最安価格を調べてみたところ、以下のような結果となりました。

Amazon⇒ピルカッター
楽天⇒ピルカッター

商品自体は安価で購入できますが、別途送料に630円~程かかってしまうので、合計の購入金額は1,000円を超える程度になります。

しかし、オオサカ堂で購入できるピルカッターであれば、品質も高くて価格も600円程度と、国内で販売されているものと大きな価格差はありません。

他の医薬品を購入する際、一緒に購入しておけばさらに100円引きとなりますので、尚お得です。半分に割った錠剤を入れておくケースも2つセットでついてきますので、こちらもお得です。

ピルカッター

薬事法とは

薬事法とは、医薬品や医薬部外品の品質、および安全性を確保するために作られた日本の法律です。一般用の医薬品を、リスクの高い順で「「第1類」「第2類」「第3類」と分類しており、 インターネットの通信販売では最もリスクが低い「第3類」しか販売できず、「第2類」に分類されている風邪薬などは通販で購入ができなくなっています。

⇒薬事法(外部リンク)

医薬品とは?

医薬品とは、医療機関や薬局で処方される薬のことで、病気や怪我を治すための薬です。しかし、医薬品は効果は期待できるものの、種類によっては副作用の問題があり、医師や薬剤師のアドバイスが必要となってきます。

日本でよく知られているのが頭痛薬や風邪薬です。頭痛薬として優れた効果を発揮するロキソニンも、少し前までは薬局での販売はできませんでした。育毛で言うならプロペシア、ED治療で言えばバイアグラが有名です。

通常、プロペシアやフィンペシアといった育毛剤、トリキュラーやヤスミン、マーベロン等の避妊ピルを購入するとき際は、医療機関での診断が必要となります。

例えば、市販されているリアップも医薬品なので、薬局やドラッグストアーに薬剤師が不在であれば販売や購入はできません。

医薬部外品とは?

医薬品に準ずるものは医薬部外品と呼ばれており、役割としては治療ではなく、「症状の緩和と予防」が主な目的となります。

市販されているものであれば、歯磨き粉や化粧品、入浴剤や栄養ドリンクがこれに当ります。また、一般的な育毛剤も医薬部外品となります。

当ブログにおける薬事法

当ブログは医薬品を販売するブログではありませんが、医薬品を実際に購入した体験談や、管理人が得た知識等を記載しています。掲載している情報は十分に注意を払って作成しておりますが、薬事法に抵触する恐れがある部分は速やかに修正・削除に応じますので、以下のメールフォーム宛までご連絡ください。

お問い合せ・ご質問はこちら

当サイトに記載する記事はあくまで予備知識として、最終的に購入するときは医療機関や薬剤師に相談することをおすすめします。

個人輸入代行業者を利用しての医薬品の購入について

通常、プロペシアや避妊ピル、ED治療薬等は医師による処方箋がなければ入手することができません。これらの医薬品が薬局やドラッグストアーで購入できない理由は、効果が高いために副作用の可能性もあるからです。

しかし、個人輸入の代行業者を利用することで、これらの医薬品を購入することが可能となります。通常の通販サイトを利用する感覚に近いので、手軽に海外から直接医薬品等を取寄せることができるのですが、商品の購入に関しては完全に自己責任において行うこととなり、万一何らかの副作用が発生したとしても、誰に対しても責任の追及を行うことはできません。

過去に同様の医薬品を利用したことがあったり、購入した後に医師の相談の元で処方するといった用途以外での個人的な利用は、なるべく避けたほうが無難といえます。

当ブログでは個人輸入を推薦しているわけではありません

当ブログでは、育毛やED治療薬、ダイエットや避妊ピル等に関する情報を掲載しておりますが、個人輸入の代行を利用して購入を推薦しているわけではありません。各種医薬品の購入については、必ず自己責任において行うようにしてください。

また、当ブログがきっかけで医薬品を通販で購入したとしても、医師への相談は必ず行うようにしてください。

当ブログがきっかけで何らかの問題が生じた場合でも責任を負いかねます。

このページのトップヘ