育毛発毛情報ブログ

当ブログでは、育毛・発毛に関する情報を中心に、睡眠ケア商品やED治療、ダイエット等の悩みを解決するための話題を取り扱っています。

2016年06月

ふと、鏡をじっくり見ると気づく「毛穴の黒ずみ」。

ちょっと油断しただけでポツポツポツと、あっという間に以前より濃くなっていたりしますよね。
そうなると、どうしてもメイクは濃くなり、その濃くなったメイクは、毛穴に残ってさらに黒ずみを加速させるというまさに負のスパイラル…。

でも、そんな悩みがここにきて一気に解消されたのです。
今日はそのあたりのことをご紹介していきたいと思います。

毛穴の黒ずみの基本的な原因は、毛穴に貯まった汚れです。
つまり、この汚れをいかに消し去ることができるか?これが、毛穴の黒ずみ解消のポイントです。
ちなみに毛穴のサイズはたった0.2mm。
当然、こんな小さな穴から貯まった汚れを掻き出すには、これより小さいブラシが必要になるのです。

そこで、このブラシ役として私が購入したのが『白灰(しらはい)美人石鹸』。

火山灰の堆積物である「火山白土」を使った石鹸で、なんとこの白土は、約2万5千年前に鹿児島県に堆積したものとのこと。

この白土でつくった『白灰美人石鹸』の特徴は、なんといっても粒子の細かさです。
その粒子は、最大でも0.09mm。
この濃密な泡がブラシ役となり、0.2mmの毛穴の奥の奥まで潜り込むことで、汚れや古い角質、皮脂などを吸着、洗浄してくれるのです。

実際の使い心地も、通常の洗顔クリームとはまったく違いました。
これは、なんとお伝えすれば良いのでしょう。
そう、心地よい適度な重さをもった泥が、肌にピタッとしっかり密着して同化する感じ…。
しかも、粒子がとても細かい濃密泡のせいか、黒ずみが気になっていた鼻筋をゴシゴシ洗っても、まったく抵抗がなくとてもスムーズ。
肌への負担なく洗い上げてくれている感じがとても安心です。
また、洗顔後は、まるで肌が一皮むけたかのような爽快感。
ジメッとした季節でも、これさえあればシャキッとすっきりした毎日をおくれそうな気がします。

このような感じで、しばらく使い続けた結果、私の毛穴の黒ずみの悩みは、ほぼこの『白灰美人石鹸』による白土洗顔で解消しました。
恐るべし、火山灰の力。
濃密泡の力で、負のスパイラル脱出です。

また、その他の嬉しい要素として挙げられるのが、洗顔後のつっぱりがなくなったこと。
これは、黒砂糖、ローヤルゼリー、アロエエキスなどの天然の保湿美容成分も配合されているからのようです。

もちろん、気になる鉱物油や合成界面活性剤などは使用されていませんので、肌にやさしい無添加石鹸といっていいでしょう。

毛穴の黒ずみにお悩みの方はぜひ、この『白灰美人石鹸』を使った白土洗顔をお試しになってみてはいかがですか。

とっても心地よいこの無添加の濃密泡にやみつきになること間違いなしです。

プロペシアに変わる新たな育毛剤として、「ザガーロ」が育毛業界で騒がれています。2015年の12月から販売が開始されるとのことですが、このザガーロに含まれている有効成分の「デュタステリド」とはどういった成分なのでしょうか?

デュタステリドとは?

デュタステリドは、元々は前立腺肥大症治療薬として2009年7月から承認されていた「アボルブカプセル」に含まれている成分です。その成分を育毛剤として再開発したのがザガーロで、別薬剤として新たに臨床試験を行った結果、有効性および安全性が確認されたため、男性型脱毛症治療薬として承認されるに至りました。 プロペシアと大きく違う点は以下の2点。
  • デュタステリド0.1mgでプロペシア(フィナステリド)1mgと同じ作用を得られる。要するにプロペシアの10倍の作用が期待できるという点。
  • デュタステリドで承認された適応症は「男性における男性型脱毛症」。一方のプロペシアは「男性における男性型脱毛症の進行遅延」。デュタステリドでは「進行遅延」の表記が外れており、進行を遅延するのみならず発毛を期待させる内容になっている。
プロペシアに比べて、より高い作用が期待できる表記となっています。成分に関してはより少ない量でプロペシア以上の作用が期待できることから、副作用の心配も軽減できると考えられています。 今後は、AGA(男性型脱毛症)の治療を専門とするクリニックや病院でデュタステリドを含む育毛剤とミノキシジルによる治療がデフォルトとなっていくかもしれません。 関連記事:プロペシアを超える育毛剤?AGA用の新薬「ザガーロ」

入手方法は?ザガーロ以外のデュタステリド配合の育毛剤はあるのか?

ザガーロは医薬品のため、入手するには病院で処方箋を書いてもらう必要があります。 AGAの治療を専門とするクリニックや病院で処方してもらうことが今後可能となりますので、プロペシアで中々満足の行く結果が得られなかったという方は、次の育毛剤の選択肢として検討してみては如何でしょうか。 尚、デュタステリドを配合する他の育毛剤は、すでにいくつか販売されています。

アボダート(デュタステリド)

正しくは育毛剤ではなく、前立腺肥大症の治療薬として開発された薬です。 しかし、先に紹介したように、有効成分のデュタステリドが育毛にも作用することが分かったため、薄毛治療薬として口コミで広がり、利用者が増加。ザガーロの販売に少なからず影響した商品であることは間違いありません。

爆毛根

ネーミングが少しふざけている感じがしますが、なんとこちらの育毛剤にはデュタステリドに加えてミノキシジルも配合されています。 現時点で2大育毛成分となったミノキシジルとデュタステリドが含まれている育毛剤は非常に貴重。ミノキシジルの配合量も5%&7%の2種類があり、大正製薬から販売されているリアップと同じか、それ以上の配合量を誇ります。 専用の育毛浸透機器(育毛クリニックでも同じものが使われているそうです)とのセットが返金保証付きで販売されているので、こちらもご興味があれば。

AGA(男性型脱毛症)の治療薬と言えばプロペシアが有名ですが、今回ご紹介するニュースではそのプロペシアの上位版、「ザガーロ」が紹介されていました。すでにあちこちで話題に上がっているネタではありますが、当ブログでも紹介しておきます。

AGA用新薬「ザガーロ」 従来薬と比べ優位な効果を医師語る

男性型脱毛症(AGA)の患者は1000万人以上といわれ、外見に対する男性の意識の高まりから専門医に相談する人が年々増えている。そんな薄毛の男性たちの救世主と期待される新薬が、もうすぐ発売になる。

AGAに悩む男性が脱毛予防や育毛対策として拠り所にしてきたのが、「ミノキシジル」と「フィナステリド」といった薬剤だ。

前者は「リアップ(外用薬)」、後者は「プロペシア(内服薬)」という商品名で販売されている。特にプロペシアは世界60か国以上で処方され、日本では2005年の登場以来、その有効性の高さからAGA治療薬として広く用いられてきた。

しかし、それらを凌ぐ新たな薬が11月中にも登場するといわれ、AGA患者が熱い期待を寄せている。その新薬とは、9月28日に厚生労働省の承認を取得し、グラクソ・スミスクライン社が製造販売する「ザガーロ」(一般名・デュタステリド)だ。

頭髪治療のスペシャリストとして知られる東京メモリアルクリニック・平山の佐藤明男院長が語る。

「すでに韓国では処方されています。日本で発売されたら当院ではすぐに入手、処方するつもりです。従来品を使用していてもなかなか効果が表われない患者さんの中には、すでにザガーロを予約している人もいるほどです。

ザガーロとプロペシアの大きな違いは、抜け毛の原因とされる物質を阻害する成分量がザガーロの方が多いこと。プロペシア1mgの効果をザガーロは0.1mgで期待できる。プロペシアは0.2mgと1mgの2種類が販売されていますが、ザガーロは0.1mgと0.5mgの2種類が販売されます」

グラクソ社によれば、ザガーロの有効成分であるデュタステリドは前立腺肥大症治療薬として2001年にアメリカで承認されたものだという。

「その後、AGA治療薬として開発を進め、2009年に韓国でAGA治療薬として承認されています。AGA治療薬としての日本の臨床試験は2010年から開始し、今年9月に承認を得ました」(同社広報部)

引用元:http://www.news-postseven.com/archives/20151102_360854.html

注目すべき点としてはここですね。

抜け毛の原因とされる物質を阻害する成分量がザガーロの方が多いこと。プロペシア1mgの効果をザガーロは0.1mgで期待できる。プロペシアは0.2mgと1mgの2種類が販売されていますが、ザガーロは0.1mgと0.5mgの2種類が販売されます

ちなみに「プロペシアに含まれている1mgの効果」とはフィナステリドのことですね。フィナの成分まで話を広げてしまうと記事のボリュームが増えてしまい、話もややこしくなってしまうのであえて伏せていると思われます。

プロペシア1mgのおよそ10分の1の成分量で同様の作用が期待できるというわけですが、この強力なDHT(悪玉男性ホルモン)阻害作用を実現しているのが、デュタステリドと呼ばれる成分です。

ニュースの中でもありますが、デュタステリドは本来は前立腺肥大症治療薬として使われていた成分です。この成分が薄毛の治療にも効果があったということで、ザガーロの開発に至ったというわけですが、これはミノキシジルやフィナステリドでも同じ様な開発経緯があります。

本来意図していなかった作用というものは、いうなれば副作用なわけですが、育毛業界にはこの副作用を逆に利用した医薬品がいくつか存在しています。ザガーロもそのパターンではあるのですが、果たしてこの育毛剤が薄毛に悩む男性達の救世主となってくれるのか・・。今後も動向が注目される情報です。

ちなみに、ザガーロに含まれているデュタステリドを有効成分とする医薬品の名前は「アボダート(アボルブカプセル)」という名前で販売されています。しかし、この薬は本来は前立腺肥大症の治療を目的としてものであり、薄毛の治療目的に開発されたものではありません。

今回発売されるザガーロは、デュタステリドの発毛作用を臨床実験を繰り返し、安全性が確認されたことから新たに発売された治療薬です。この辺は経緯を調べていくとややこしく感じるのですが、デュタステリドを有効成分とするアボダートを、薄毛の治療目的で服用しているユーザーも多いということです。

本来意図した用途とは違う使われ方で有名になってしまったデュタステリドですが、これで正式に、プロペシアを超える次世代の育毛剤として世に出回っていくことになりますね。今後の活躍に期待します。


口コミや商品の詳細はこちら⇒アボダート(デュタステリド)

女性でも安心して利用することができる発毛・育毛剤として、ジワジワと人気が高まっているアロビックス外用液5%ですが、この記事では正しい使い方について紹介したいと思います。

まずは頭皮を清潔にした状態で、頭皮にアロビックス外用液をふりかけます。頭皮全体に液体が適量で行き渡った後、指の腹を利用して頭皮全体をマッサージします。

マッサージによって液体を頭皮に染み込ませていくわけですが、このマッサージはあまり強くやりすぎず、優しく丁寧に、揉むようにしてマッサージを行うようにしてください。爪を立ててガリガリとやってしまうと、頭皮を傷つけてしまう原因になってしまいます。

マッサージを行うと、次第に頭皮がぽかぽかと温まってくるはずです。その状態が、血流が改善されている状態となります。

そして、上記の要領で1日2回から3回程、アロビックス外用液を頭皮に塗布します。塗布するタイミングとしては、就寝前(夜)と起床後(朝)が良いでしょう。

一度に大量に使用することはせず、用法を必ず守るようにしてください。尚、利用の際には必ず医師からの指示を仰ぐようにして、炎症やかゆみといった以上が出た場合も、すぐに診断を受けるようにしてください。

副作用が少ないとはいえ、個人の体質によっては大きな副作用が出てしまう危険性もあります。

また、塗布したからといってすぐに脱毛症が治まったり、髪の毛が生えてくるというわけではありません。最低でも3ヵ月間は利用してみて、状態を確認するようにしましょう。

口コミや商品の詳細はこちら⇒アロビックス外用液(Arovics)5%

アロビックス外用液は、有効成分の「塩化カルプロニウム」が1mL中に50mgが含まれている脱毛治療薬です。

塩化カルプロニウムには局所的な血管拡張作用があり、血流を改善することで毛根を活性化させ、脱毛症や薄毛を予防、改善します。

アロビックスはフィナステリドとは違い、女性でも安心して利用できる脱毛治療薬として人気の高いフロジン液のジェネリック医薬品です。オリジナルと違う点は価格の安さ(ジェネリックの方が安くなる)程度で、成分や効能等は殆ど同じものです。

入手するには皮膚科で診断を受けた上で処方してもらうことになりますが、薄毛の治療目的では保険の適応外となってしまい、安価に購入することはできません。

そういった場合に利用されているのが、個人輸入代行サービスです。有名な輸入代行業者はアイドラッグストアーやオオサカ堂等が挙げられます。

どちらも信頼のおける、老舗のサービスなので、あとは価格の差や好みで利用するサービスを決めると良いでしょう。

さて、アロビックス外用液の肝心の効果の方ですが、実際に脱毛症を改善することはできるのでしょうか?以下では、オオサカ堂の販売ページに寄せられた口コミを簡潔にまとめたものとなりますので、購入の際の参考にしてみてください。

良い意見

  • 塗布した後にほんのりと頭皮が暖かくなる
  • 今のところ副作用は殆どなし
  • 頭皮が汗を書いて血行の改善が実感できた
  • 円形脱毛症に対して使用。直径5cmのものが3cmまで小さくなった
  • 安心して利用できて、しかも安価
  • ミノキシジル外用液よりも痒みが少ない
  • 抜け毛が改善された気がする

悪い意見

  • けっこうべたつく感じがする
  • ニオイが少し気になる
  • 使い始めだからか、あまり効果を実感できない

現れる効果には個人差もあり、主観に寄る部分が大きいので、あくまで参考程度に。ミノキシジルが配合された育毛剤(ロゲインやリアップ、カークランド等)と併用しているという声も確認できます。

個人輸入での取り扱いが開始されて、まだ間もない状態なので、これからさらに口コミは増えてくるものと予想できますが、女性でも安心して利用できるという点が大きいので、今後に期待したい脱毛治療薬ですね。

口コミや商品の詳細はこちら⇒アロビックス外用液(Arovics)5%

世の中に「育毛剤」や「発毛剤」と呼ばれる商品が数多く販売されていることからも、薄毛に悩む男性は非常に多いということがわかります。

しかし、薄毛や抜け毛は男性に限った話ではありません。女性にとっても髪の毛が抜けるということは一大事で、男性以上に脱毛の悩みは深いものなのです。

女性にも薄毛の悩みはある

女性特有の脱毛症としては、びまん性脱毛症や円形脱毛症等があります。

びまん性脱毛症は特に女性に多い脱毛症と言われており、髪の毛の全体的なボリュームが減ってきたり、地肌が目立つ、髪の毛が細くなってコシがなくなるといった症状が目立つようになります。

円形脱毛症と違い、部分的ではなくて髪の毛全体が薄くなるのが特徴で、徐々に進行していくことから、薄毛に気づいた頃にはかなり進行していたという例も少なくありません。

びまん性脱毛症は、女性版の「AGA」とも呼ばれており、女性男性型脱毛症(FAGA)として認知されているのですが、男性の薄毛と違って、早期に治療を開始すれば改善されやすいという特徴もあります。

そういった特徴もあることから、いかにして早いタイミングで治療に取り掛かれるかが、改善への鍵となるのです。

血流を改善して毛根を活性化させる

アロビックス外用液5%は、局所血管拡張作用によって血流を改善し、毛根を活性化させて発毛促進に至る仕組みを持っています。

一般的な育毛剤と同様に、1日数回(2~3回)を頭皮に塗布して、マッサージを行う容量で頭皮に液体を浸透させて利用します。

浸透作用が高く、局所的な血管拡張作業が現れやすい「塩化カルプロニウム」を有効成分としているため、塗布した直後から頭皮が暖かく感じられ、血流が改善されているということが分かります。

女性にとって髪の毛は命ともいうべき大切なものです。そういった意味では、男性以上に深刻な悩みとなり得る女性の薄毛ですが、先にも書いたように、抜け毛対策を行うタイミングが早ければ早いほど、改善できる可能性が高くなります。

何もせずに放置していれば、薄毛はますます酷くなってしまうので、少しでも早く対策を行うようにしてください。また、女性用の「飲む育毛剤」、パントガールを併用することで、さらに高い薄毛改善作用が期待できます。

口コミや商品の詳細はこちら⇒アロビックス外用液(Arovics)5%

世の中には様々な発毛・育毛剤が存在していますが、医学的に発毛効果が認められている成分は少なく、フィナステリドミノキシジルの二つの成分が現時点で最も発毛作用が期待できる成分であると言われています。

しかし、薄毛に関する研究は日々行われており、発毛作用が確認される様々な成分が発見されています。

アロビックス外用液5%の効果

脱毛症や白斑(はくはん)に効果的とされる医薬外用液のアロビックスに含まれている「塩化カルプロニウム」もその中の一つで、主な効果・効能は以下の通りです。

  • 慢性胃炎
  • 弛緩性便秘症などの消化管機能改善
  • 脱毛防止
  • 発毛促進
  • 乾性脂漏
  • 尋常性白斑等

あえて赤文字にして目立つようにしましたが、アロビックス外用液は医学的に「脱毛防止」「発毛促進」作用が認められた医薬品なのです。

発毛・育毛作用の仕組みとしては、有効成分である塩化カルプロニウが皮膚の血管を拡張して、血の流れを良くします。

血流が改善することで、毛根に酸素や栄養素が行き渡りやすくなります。すると、機能を低下させていた毛根が再び活発になり、脱毛の防止や発毛の促進に繋がるというわけです。

この仕組みは、同じく血管拡張作用のあるミノキシジルに似たものとなりますね。ミノキシジルを有効成分とする発毛剤で有名なものに、大正製薬のリアップがありますが、アロビックス外用液にも同様の作用が期待できるというわけです。

AGA(男性型脱毛症)や壮年性の脱毛症には効果が薄い

ただし、ミノキシジルと同じく、アロビックス外用液ではAGA(男性型脱毛症)の脱毛作用を抑えることは難しいと言われています。

AGAの脱毛に至る原因は男性ホルモンの働きが大きいのですが、血管の拡張作用だけでは男性ホルモンの強い働きを制御することはできないのです。

プロペシアと併用することでより高い作用が期待できる

男性ホルモンに働きかける発毛剤が、フィナステリドを有効成分とするプロペシアとなるわけですが、服用に際して副作用が怖いという方であれば、ミノキシジル外用液やアロビックス外用液に代表される、「塗る」タイプの育毛剤を利用するとよいでしょう。

ちなみに、育毛活動を満足の行くレベルで行っている方の中には、プロペシアと併用する形でアロビックス外用液やミノキシジルを含む育毛剤を利用している人も多いといわれています。

さらに、アロビックス外用液はプロペシアと違い、女性でも安心して利用できる外用液でもあるため、薄毛に悩む女性にとっても有用となるはずです。

口コミや商品の詳細はこちら⇒アロビックス外用液(Arovics)5%

オオサカ堂で個人輸入することができるアロビックス外用液は、発毛促進作用が期待できる「塩化カルプロニウム」が5%配合されたフロジン液のジェネリック医薬品です。

発毛作用が期待できる医薬品では、プロペシアが有名ですが、男性しか利用できないという点や、精力減衰等の副作用が心配されるというデメリットも存在しています。

一方、アロビックス外用液であれば、男女とも利用することが可能で、円形脱毛症やひこう性脱毛症、びまん性脱毛症といった、様々な脱毛症に作用します。

また、プロペシアと違ってこちらは外用液となっており、1日に2~3回塗布して、軽くマッサージを行うようにして利用します。服用する必要が無いため、プロペシアに比べて副作用も少ないとされています。

局所血管拡張作用で発毛を促す!

アロビックス外用液の有効成分である、「塩化カルプロニウム」には、強力な局所血管拡張作用があります。

この成分を患部に塗り、成分が頭皮に浸透することで、頭皮の血管が拡張して血流が増加します。血流の増加によって毛乳頭に多くの栄養分が行き渡り活発化し、発毛促進や抜け毛防止に効果を発揮するという仕組みです。

同じく局所血管拡張作用が確認されている「アセチルコリン」に比べて、約10倍の拡張作用があると言われており、さらに皮膚浸透性にも優れていることから、即効性も高いといわれています。

塗るタイプの育毛剤としては、ミノキシジルを配合したポラリスやロゲイン、日本でも知名度の高いリアップシリーズが人気となっていますが、アロビックス外用液もこのカテゴリに参入してくる可能性が高いといえます。

また、プロペシアやミノキシジル配合の発毛剤と併用することも可能なので、医師と相談の上で、併用していく方法も検討してみてはいかがでしょうか。

口コミや商品の詳細はこちら⇒アロビックス外用液(Arovics)5%

オオサカ堂(会社名:ロイユニオン)は、まだインターネットの普及が十分でなかった1997年から輸入代行業務を行っており、その歴史は2015年で創業から17年となりました。

今でこそ、「輸入代行業者といえばオオサカ堂」と言われるほどに知名度が高まっていますが、地道な営業努力と確かな品質の商品を提供し続けてきた結果にほかなりません。

しかし、一昔まえに比べて格段にメジャーな手段となった個人輸入代行業者の利用ですが、それでも日本国内での通販に慣れてしまった身からすれば、利用しづらいという方もまだまだ多いというのが実情です。

その証拠に、GoogleやYahoo検索で「オオサカ堂」と検索すると、関連キーワードには「危険」や、「批判」、「偽物」、「本物」といったネガティブキーワードが確認できます。

ただし、これらのキーワードは数年前に比べれば格段に検索回数は減ってきている様です。

Googleの正式サービスに、「Googleトレンド」と呼ばれる、実際に検索された回数を調べるツールがあります。このツールで、例えば「オオサカ堂 偽物」と調べた結果が以下になります。

過去12ヵ月をグラフとして出力した結果ですが、オオサカ堂の信頼度が高まるにつれて、「偽物」に関連するキーワードがどんどんと下がっている様子が見て取れます。

オオサカ堂はリピーターユーザーの数も非常に多く、一度利用したユーザーが何度も続けて購入する代行サービスとしても知られています。

単純に他の代行業者よりも「価格が安い」ということもありますが、やはり「安心」と「信頼」の点が、ユーザーに大きく評価されていると言えます。その結果が、検索キーワードにも現れているのです。

もう一つ、Googleトレンドで検索したグラフを紹介したいと思います。

これは、「オオサカ堂」というキーワードの、過去2年間分の検索回数をグラフとして表したものです。Googleトレンドは最も検索された時点を「100」として数値化していますので、表示されている数字は検索回数では無く、%(パーセント)的な意味合いなのですが、その検索のピークが2015年の1月となっています。

今後、さらに検索の回数が伸びれば、この100%の地点は右側へ移動していくわけですが、このグラフを見てみても、検索回数がどんどんと増えていることがわかります。要するに知名度が上がっているというわけですね。

当ブログでは、過去にもオオサカ堂に関するネガティブキーワードに関する記事を紹介しています。

上記の記事は、オオサカ堂の紹介ページで紹介した記事の一部となります。個人輸入を利用する際に、どうしてもあと一歩が踏み出せないという方も、一度目を通してもらいたいと思います。

2014年に行われた、インターネットによる医薬品の通販の解禁を受けて、今後さらに医薬品をネットで購入するという動きが加速する可能性があります。

時間的な都合や、デリケートな部分で人に話しづらいといった様々な問題もあることから、ネット通販による医薬品の購入を望む声は大きと言われています。個人輸入の代行サービスがもっと広く普及していけば、こういった問題解決の入り口となるやもしれませんね。

医薬品個人輸入代行オオサカ堂のホームページはこちら

VigRXPlusは、男性自身のサイズアップが期待できる、精力増強サプリメントです。男の自信を取り戻し、コンプレックスを改善できるサプリメントとして、男性に人気の高いサプリとなっています。

含まれている成分は天然成分をベースに、男性にとって力強い作用が期待できるものが含まれています。

  • ノコギリヤシ・・・言わずと知れた男性にとって作用の高い成分。頻尿の改善や精力増強等。
  • 朝鮮人参・・・滋養強壮、疲労回復、新陳代謝の改善、EDや糖尿病の改善。
  • ホーソンベリー・・・強心作用、動脈や不整脈、高血圧、低血圧の改善作用等。
  • イチョウ葉・・・血管拡張、動脈硬化の改善、鎮痙作用、血糖値正常化、ガンの予防の改善効果等。
  • ダミアナ・・・天然の強壮剤。男女両方の生殖系を強化してくれることで知られている。
  • ハマビシ(トリピュラス)・・・南アジアから東欧にかけてみられるハマビシ科の多年草。男性ホルモンに影響を与えるタイプで筋力増加・精力増強作用等。
  • カツアバ樹皮エキス・・・催淫性が強く、不眠症改善作用、安眠効果、片頭痛改善、勃起力改善・強化、強壮効果)、□性行為能力改善・強化、□記憶能力の向上が期待できる。
  • ムイラプアマ・・・現地民からは「性機能を改善する木」と呼ばれており、滋養強壮や性機能の回復を目的に利用されている。
  • ネナシカズラの種エキス・・・滋養強壮、肉体疲労時の栄養補給に。日本で市販されている栄養ドリンク等にも含まれている。
  • イカリソウハーブ・・・イカリソウは漢字で書くと「淫羊霍」。天然の精力剤とも。
  • バイオペリン・・・臨床的に立証された特許栄養吸収促進成分です。アスリートは回復と筋肉の成長のために普通以上に栄養素を取り込む必要があります。

VigRXPlusに含まれている成分を簡単に紹介してみましたが、いずれも天然成分の中で昔から現地の方々に愛されてきた成分です。

日本で広く利用されている、栄養ドリンク等に含まれている成分も多く、これらの成分が合わさって、男性自身を強く、たくましく成長させる効果が期待できます。

飲みやすいタブレットタイプのサプリメントで、海外製品特有の派手な色合いの錠剤ではあるのですが、その高い作用は多くの口コミを集めるに至っています。

価格は一箱(60錠剤入り)が約4200円。1日2錠を食事を摂るタイミングで服用して利用します。

オオサカ堂での購入であれば、二箱以上のまとめ買いで購入すると、一箱辺りの価格が割引されますので、お得に男性自身を育てるための「性活」を実現することができます。

口コミや商品の詳細はこちら?Vig RX Plus

このページのトップヘ