育毛発毛情報ブログ

当ブログでは、育毛・発毛に関する情報を中心に、睡眠ケア商品やED治療、ダイエット等の悩みを解決するための話題を取り扱っています。

2014年06月

育毛剤やED治療薬、鎮痛剤等、服用量を調整したいときに便利なピルカッターですが、いざ購入しようと考えて探してみると、意外と見つからないものです。

ピルカッター(錠剤カッターとも)は基本的には薬局や大手のドラッグストアー等で購入することができますが、その様なお店が自宅の付近に無く、通販によって購入しているという方も少なくありません。

⇒ピルカッター・タブレットカッターの購入はオオサカ堂で

通販であれば様々なタイプのピルカッター(ピルクラッシャー)を購入することができますが、服用したい錠剤のサイズや形(割線の有無等)によっては、現場で形を見て購入したいと考えるのは普通ですね。

そこで、一般的な薬局で販売されている様々なタイプのピルカッターを以下に紹介してみたいと思います。

これはAmazonや楽手市場でもよく見かける丸タイプの錠剤カッターです。4、500円程で販売されていますが、全ての薬局で取り扱っているわけでは無いようです。錠剤を蓋で押さえつけながらカッターで切ることができますので、錠剤が飛び出しにくいという特徴があります。

薬局でも良く見かけるタイプのピルカッターです。丸型でも縦型タイプでも、使い慣れるまでは錠剤が飛び出すことも多い様です。価格は600円前後で購入が可能です。

こちらはハサミタイプの錠剤カッターです。ハサミなのにカッター?とツッコミを入れそうになりますが、刃と刃の間に少し隙間が空くようになっており、錠剤の割線に沿って切り込むことで錠剤を割りやすくする工夫がされています。価格は3000円前後と少し高いので、これなら普通のハサミで代用しても良いかもしれません。

こちらもハサミタイプの錠剤カッターです。2000円程で購入できます。刃の先が丸みを帯びており、錠剤に割線が入っていないタイプの丸い錠剤をカットするのに適しています。

こちらは錠剤を粉にしてしまうピルクラッシャーと呼ばれるものです。錠剤を半分に割るのではなく、粉にすることで錠剤を飲むのが苦手な人に重宝されています。また、錠剤を微妙な量で調整したい場合にも利用できます。

⇒錠剤が苦手な方にオススメ!ピルカッタークラッシャー

規模の大きな薬局であれば、まず間違いなくピルカッターは販売されているはずです。100円均一(ダイソー等)でも販売されている店舗があるようですが、100円なだけあって品質に問題がある(上手に分割できない)場合もありますので、できれば多少値は張っても、薬局や通販で購入できるものを購入した方が良いでしょう。

⇒100円ショップのピルカッターが使いづらいという話

家の近辺に薬局や大手ドラッグストアー等が無いという方であれば、Amazonや楽天市場で評価(クチコミレビュー)の高いものを購入しておけば問題ないと思います。

ちなみに、当ブログでも度々紹介しているオオサカ堂のピルカッターであれば、送料無料で約550円(円相場によって変動)で購入が可能です。品質も高く、分割した錠剤を保管しておける容器もついてきますので、管理もしやすいという利点があります。

(ヤマト便)ピルカッター

当ブログでは、オオサカ堂の紹介をメインに海外の医薬品やサプリメント等をご紹介しているのですが、今回はそのオオサカ堂のライバル企業でもあるアイドラッグストアーの話題です。

定期的に送られてくるメールで知ったのですが、アイドラッグストアーのメインサイト(http://www.idrugstore.com/)のドメインが使えなくなったそうです。ドメイン会社の不手際によるものらしいのですが、長年(1998年)運用していたドメインが使えなくなるという、なんともダメージの大きなトラブルがあった様です。

ドメイン会社の不都合ということですが、ドメインの延期を怠ってしまい、誰かにドメインの権利を取られてしまったのでしょうか・・・。復旧が不可能ということで、ドメインも新たに取り直し、現在は通常通り運用されています。閉鎖か?と思った方も多いと思いますが、そうではありませんので、今まで利用していた方は安心してください。

アイドラッグストアーの新URL:http://www.idrugstore.me/

.meはモンテネグロのドメインですね。元々はセルビア・モンテネグロ(旧ユーゴスラビア連邦共和国)の一部でしたが、2006年に独立宣言をした新しい国です。なので、ドメインも最近できた比較的新しいものとなります。

モンテネグロ ? Wikipedia

なぜ.meのドメインを取得したのかな?と思いましたが、その他の汎用ドメイン(jp、orgやbizにnet等)はすでに取得済みで、.meしか取れなかったのかもしれませんね(調べた範囲では、.infoは取得できたようですが・・・)。

オオサカ堂も過去、今まで使用していたドメインが利用できなくなり、急遽ドメインを変更した経緯があります。私もWEBに関わる仕事に従事しているのですが、実際にドメインの更新の不手際により、他社にドメインを取得されてしまったという話はよく耳にします。

ブランドイメージを大きく損ねる結果となってしまいますし、アイドラッグストアーに関わるWEB関連の人達も、今頃相当なストレスに晒されているであろうことが容易に想像できます。

アイドラッグストアーはオオサカ堂と共に、日本の個人輸入代行業者の中では知名度の高い企業となりますので、今回のドメイン変更を機に、今後のさらなるサービスの向上に努めてもらいたいところですね。

5/25 追記

5/25日現在、新ドメインでのアクセスが出来ない状態になっているようです。サポートから届いていたメールによれば、「新ドメインへの移行手続きを行っている」とのことで、再びURLが変更になる可能性が示唆されていました。

.meはあくまでつなぎのドメインで、今後新たに運用していくドメインを準備中なのかもしれませんね。何にしても、一日も早い復旧が望まれます。

5/27 追記

アイドラッグストアーのドメインが再び変更となりました。現在のドメインは

http://www.idrugstore.jp/

となっています。.meから.jpへ変更ですね。やはり.meは一時的な退避場所として利用されていたようです。なんにしても、これで無事復旧となってくれれば良いのですが。

まつ毛の育毛剤として流通してきたルミガンですが、本来は緑内障の治療点眼薬として開発されたものです。

そして、医師による処方箋が無ければ購入することができない「医薬品」であるため、日本国内で通販を展開しているアマゾンや楽天でも購入が出来ません。

また、薬局でルミガン(日本名:ルミガン点眼液)を購入する際も、医師による処方箋が必要になるため、まつ毛の美容液として購入したい場合は入手できません。眼科で処方せんを出してもらう場合でも、利用目的が「まつ毛の美容液」ではまず作ってもらえないでしょう。

では、ルミガンをまつ毛美容液として利用する場合、日本国内では入手できないのか?となりますが、個人輸入や個人輸入の代行サービスを利用することで購入することができます。

特に、個人輸入に関する全ての手続きを代行してくれる、代行サービス業が人気となっており、安価に購入できるという特徴があります。

継続して利用する必要のあるルミガンでは、価格の差がそのまま年間の出費として跳ね返ってきます。なので、できるだけ安く購入したいと考えるのが普通です。

個人輸入であれば、送料無料で3000円前後で購入できる店舗が多く、当ブログでも紹介しているオオサカ堂であれば、1本(3ml)が約2500円と格安で購入が可能です。

関連記事:まつ毛が伸びる育毛剤 ルミガンはオオサカ堂が安い!

本来の用途では無い使い方となってしまうため、気軽に入手することができないルミガンではありますが、個人輸入の代行サービスを利用することで、手軽に簡単に購入することができるというわけです。

もちろん、個人輸入で商品を購入して利用する場合は、自己責任において利用することになります。副作用等のトラブルが発生したとしても、販売元へは何も言うことができませんので、その点は注意が必要です。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

ルミガンを購入するには、病院で処方してもらうか、個人輸入の代行サービスを利用して通販するかのどちらかになります。

しかしながら、海外から直接商品を発送するという特性上、通販の際の代引きによる購入は難しいようです。

関連記事:オオサカ堂で代引き(着払い)による商品の購入は可能か?

個人輸入の代行サービスは、通常はクレジットカードによる購入か、銀行振り込みによる入金しか受け付けておらず、代引きを行っている業者の数は多くはありません。

個人輸入の代行サービスを行う業者の中で、特に有名な以下の3社を調べたところ、代引きによる商品購入の可否は以下の通りとなりました。

  • オオサカ堂⇒代引き不可
  • アイドラッグストアー⇒国内商品と一部海外商品のみ。ジェネリック医薬品は不可
  • ベストケンコー⇒代引き不可

アイドラッグストアーが、国内商品と一部海外製品のみ代引きが可能となっています。しかし、ルミガンはジェネリック医薬品ではありませんし、一部海外商品の枠にも入っていないため、ルミガンの代引きはNGとなっています。

本当に海外からちゃんと商品が届くのか?と、初めて個人輸入代行サービスを利用する方は考えるところでしょう。しかし、先にも紹介した代行業者は、非常に信頼のおける企業が運営しており、販売年数(実績)も長いため、安心して通販することができるでしょう。

価格帯もそれぞれ似たような数字となっていますので、最終的には自分がここだ!と思ったお店で購入すれば良いと思います。

しかし、利用に際しては自己責任によって利用することになりますので、安全性を優先したいという方であれば、まずは美容外科や美容クリニックで診察を受けた上で、利用するようにしてください。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

まず、ルミガンは処方箋を必要とする医薬品に該当するため、日本の通販ショップ(楽天やAmazon)で購入することは出来ません。

関連記事:ルミガンは楽天やAmazonで購入可能か?

それを踏まえた上で、日本において海外製品や医薬品(日本で未認可のもの)を購入する方法は、病院によって処方してもらうか、個人輸入の代行サービスを利用して手に入れるしか方法はありません。

病院に処方してもらう場合は、美容外科や美容クリニックが一般的です。眼科でも処方してもらえますが、その場合は本来の用途である「緑内障の治療」目的としてでないと処方してもらえません。

病院で処方してもらう場合、価格はおよそ10000円~14000円程となっており、ここに診察料金や病院までの交通費等が加わります。ただし、価格は病院によって開きがあり、最近では5000円前後で処方してもらえる所も多くなっている様です。

どちらにせよ、ルミガンをまつ毛の美容液として利用する場合は保険の適応外となるため、価格の面でネックとなります。

一方、個人輸入の代行サービスを利用する場合であれば、価格は3000~4000円程に抑える事が可能です。デメリットとしては、信頼のおける業者で購入しなければ、粗悪品やニセモノを買わさてしまうといったトラブルに発展する可能性も0では無いという点です。

また、利用した際に何らかの副作用やトラブルがあった場合であっても、責任を誰にも問うことができません。これは、完全に自己責任の上で、個人で利用する場合においてのみ、個人輸入が認められているという特性があるためです。

それでも、日本に居ながら海外製品であるルミガンを購入できるという点は、非常に魅力的なメリットになります。

副作用の可能性は低いとされているが・・・

既述した様に、ルミガンを個人輸入によって利用し、何らかの副作用(トラブル)が発生したとしても、それは自己責任で処理しなければなりません。

しかし、ルミガンは元々は緑内障の治療点眼薬として利用されており、目に点眼するという点において、副作用は非常に低いとされています。

関連記事:まつげ美容液 ルミガンの副作用

また、ルミガンをまつ毛の育毛剤として利用する場合は、まつ毛の根元のみに塗布して目には直接入れません。なので、利用方法を間違えなければ、副作用が起こる可能性は限りなく低いと言えます。

まずは病院で診察を受けてから

ルミガンを個人輸入する際、価格は魅力だがやっぱり不安もある・・・。という方であれば、まずは美容クリニックで診察を受けた後にルミガンを処方してもらいましょう。

そして、アレルギーの有無等を確認した後に、2本目以降は個人輸入で購入して継続利用するといった方法がベターです。

最低限、アレルギーの有無だけでも分かれば、重篤な副作用を身に受ける危険性は低くなりますよ。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

まつ毛用の美容液としてその名前を知られるようになったルミガンですが、本来は緑内障の治療目薬として開発された点眼液です。目に点眼するという特性上、副作用も少なく安全とされていますが、それでも色素沈着や目の痒みといった副作用が起こることもあります。

それでも、副作用は非常に小さく、むしろ、最も強く出てしまう副作用が、「まつ毛が伸びる」というものでした。

関連記事:まつげ美容液 ルミガンの副作用ルミガンの副作用による色素沈着を防ぐには?ルミガンの利用で目が充血する副作用

その副作用を逆に利用し、まつ毛を伸ばす目的で使われだしたことからその名前が広まり、女子力をアップさせたい女性を中心に人気となっています。

しかし、まつ毛効果が高いといっても、元々は緑内障の治療薬なので、薬局やスーパー、コンビニ等で気軽に入手できるものではありません。

美容外科や美容クリニックで入手可能

ルミガンの購入場所としては、美容外科や美容クリニック、眼科に限られているのです。これらの病院で処方してもらうことで、ルミガンを入手することができます。

ただし、眼科に至っては、まつ毛を伸ばすという目的では処方してもらえません。あくまで「緑内障の治療」を目的とした場合でないと、処方してもらえません。

病院で処方してもらう以外では、個人輸入の代行業者を利用して購入する方法があります。ルミガンの購入場所としては、最近ではこちらの方法が主流となりつつあるようです。

個人輸入の場合は自己責任で

しかし、病院で処方してもらう以外での利用は、あくまで自己責任となります。万一、ルミガンの成分にアレルギー反応が現れ、目に以上が出えたとしても、その責任を誰かに問うことはできません。

そういった無用なトラブルを避ける意味でも、美容外科や美容クリニックで相談した上でルミガンを処方してもらう方法が、最も安全といえるでしょう。

病院によって処方してもらった後、利用に際して特に問題が無かったという場合であれば、個人輸入によって同じ商品をより安く購入するとよいでしょう。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

当ブログでも何度も取り上げてきたルミガンですが、それらの記事の中で再々に渡って説明してきたのが、ルミガンは本来は緑内障の治療点眼薬であり、まつ毛を伸ばす目的で開発されたものではないということです。

まつ毛が伸びるという作用は、緑内障の症状を軽減する「ビマトプロスト」の副作用の一つに過ぎないのですが、まつ毛が伸びるという作用は、女子力をアップさせたい女性型にとっては非常に魅力的な作用です。

そして、その作用に着目した開発元のアラガン社が、後に専用のまつ毛美容液であるラティースを発売するに至ったわけですが、同じ成分を利用しているルミガンも根強い人気を誇っており、寧ろ価格が安い分ラティースよりも販売本数を増やしているくらいなのです。

さて、そんなルミガンを少しでも安く、そして安心・安全に購入したいという方であれば、個人輸入の代行サービスを利用した通販が適していると言えます。

日本国内でも、美容クリニックや美容外科で処方してもらうことが可能ですが、時間と手間を考えれば、通販によって購入する手段がお手軽でしょう。

商品を海外から輸入するというという特性上、「しっかりと商品が届くこと」に加えて、「届いた商品がニセモノで無いか」が非常に重要となりますので、販売実績がしっかりとしている業者を選ぶ必要があります。

そういった特性も踏まえて、非常に安心して利用することができる業者が、オオサカ堂を運用しているロイユニオン社です。

会社の拠点は海外(香港)となりますが、海外に拠点を置くことで、日本の厳しい法律に左右されることなく、海外製品を取り扱うことが可能となっています。

日本人スタッフも在籍しており、カスタマーサポートも日本語で受ける事が可能です。その上、非常に手厚いサービスとバックアップを行なっており、トラブルらしいトラブルは聞いたことがありません。

利用者も年々増加しており、リピーターの数も非常に多いオオサカ堂で購入しておけば、まず間違いないと言えます。

オオサカ堂の他にも、アイドラッグストアーやベストケンコーも、販売実績・運営年数ともにしっかりとしていますので、安心して商品を購入することができるでしょう。

最終的には、価格の差で購入するショップを決めると良いでしょうね。尚、オオサカ堂で販売されているルミガンは、送料込みで1本(3ml)が約2500円となっています。

他社よりも高ければ、値引き交渉を行うことも可能なので、少しでも安く、そして安心して購入したいという方であれば、オオサカ堂の利用がおすすめできます。

尚、オオサカ堂の紹介記事に関しては、オオサカ堂に関する記事のまとめの記事の中で詳しく説明していますので、こちらも併せてご覧下さい。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

まつ毛を成長させる作用が強く、副作用も少ないということで人気のあるルミガンですが、少しでも安く購入したいと考えるのが普通です。

しかし、日本国内では美容クリニックや美容外科で処方してもらう必要があり、その際に掛かる診察料や通うための交通費、そしてルミガン本体の価格も併せると、バカにならない金額となってしまいます。

そうなると、通販で購入することは出来ないのか?と考えるわけですが、医薬品であるルミガンは、通販によって入手することが出来ません。

関連記事:ルミガンは楽天やAmazonで購入可能か?

しかし、日本国内に居ながらでも、海外製品であるルミガンを購入する方法はあります。それが個人輸入の代行サービスなのです。

現在、日本国内にはたくさんの個人輸入代行業者が存在していますが、その中でも信頼の置ける企業はそれほど多くはありません。

そして、信頼のおけるそれらの企業の中で、特に優良なサービスを行っているのがオオサカ堂です。価格も非常に良心的となっており、業界でも最安値を謳っています。

万一、他社よりも商品が高いということであれば、値引き交渉を行うことも可能となっており、個人輸入の代行業者において、実質の最安値はオオサカ堂であるといえます。

オオサカ堂で販売されているルミガンは、1本(3ml)で約2500円(為替によって変動有り)となっており、さらに送料無料で購入が可能な点を考えても、非常に安く個人輸入を行うことが可能となっています。

ルミガンを少しでも安く購入したいという方は、オオサカ堂の利用も検討してみましょう。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

 大手ドラッグストアチェーンのホームページ(HP)をまねた偽サイトが見つかり、厚生労働省が閉鎖させていたことが分かった。業界団体によると、大手チェーンの偽サイトが確認されたのは初めて。一般用医薬品のインターネット販売が6月12日に解禁されるが、同省は不正サイトに注意するよう呼びかけている。

偽サイトの被害に遭ったのは、関西を中心に327店舗を展開する「キリン堂」(大阪市)。同社や厚労省によると、偽サイトは同社HPとそっくりで、ネットを通じた商品購入に閲覧者を誘導していた。約160社が加盟する日本チェーンドラッグストア協会によると、加盟社の偽サイトが確認されたのは初めて。偽サイトには同協会が認定する「優良店」のロゴマークも張り付けられていた。

ただ、会社の所在地が石川県であることや、代金振込先の口座の名義が外国人のような名前であることが本物のサイトの表示と異なり、不審に思った閲覧者からの連絡で今月15日に発覚した。

厚労省は無許可販売業者と判断し、プロバイダーに要請して27日にサイトを閉鎖。キリン堂も商標を違法に使われたとして不正競争防止法違反容疑で大阪府警に被害届を出す方針だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140530-00000101-mai-soci

本文中にもありますが、今年の6月12日から解禁される一般用医薬品の通販解禁を受けて、おそらく出てくるであろうと予測されていた「ニセサイト」がさっそく出現していたというニュースです。

すでに厚生労働省によって閉鎖となった様ですが、今後もこの手のニセサイトは頻繁に確認されるようになりそうです。

自分は大丈夫と思っていても、知らず知らずのうちに被害者になっていた・・という可能性は0ではありませんので、暫くは注意が必要ですし、こういったニセサイトというものが存在するという認識も持つようにしてください。

模倣サイトは本当に巧妙にコピーされており、一見しただけではまったく分かりません。URL(ドメイン)を確認し、入金先が日本国内で無かったり、代表者の名前が怪しいと感じたら、そのサイトはニセモノである可能性があります。

騙す側は、あの手この手で私達の大切な資産を奪い去ろうとしてきます。絶対に許されることではありませんので、利用者である私達も細心の注意を払いながら、インターネットによる医薬品の通販を利用するようにしましょう。医薬品のネット通販解禁によって、私達の生活が今まで以上に便利になることは間違いないわけですからね。

肌の露出が増えてくる夏だからこそ、気になってくるのが自分の体型に関する問題です。

夏に向けてダイエットに励もう!と考えるも、思い通りにいかず、今年も断念という方もきっと多いことでしょう。

ダイエットは簡単なものではなく、絶対に痩せるという強い意志と、無理せず健康的に痩せるための知識も必要になってきます。

一般的には、しっかりと毎日食べながら、無駄なカロリーを取らない(間食等)方法が健康的なダイエットとされています。

しかし、様々なストレスや仕事の疲れから、ついつい食べ過ぎてしまったり、甘いものに手を出してしまったりと、中々思い通りにいかないダイエット方法でもあります。

この様に、食べなければ痩せるとわかっていても、どうしても食欲に負けてしまう!という方達に愛用されているダイエット商品があります。それがフルファストです。

日本ではスリーエフ(3F)という名前で販売されており、我慢できない食欲を抑制する効果が期待できます。

フルファストは美容クリニックでも推奨され、購入することができるダイエット商品なのですが、薬用効果では無く、天然の成分によって食欲を抑制するタイプです。区分で言えばサプリメントに近いものとなりますので、副作用も殆ど確認されていないと言われています。

既述した様に、日本では美容クリニック等で購入することが出来ますが、ダイエットというデリケートな悩みは人に相談しづらいという面があります。

その様な方であれば、フルファストを直接海外から輸入できるサービスである「個人輸入の代行サービス」を利用すると良いでしょう。

当ブログでも積極的に紹介しているのですが、医薬品・海外サプリメント等の個人輸入代行業務を行っているオオサカ堂であれば、1本50mlが約3700円(送料無料)で購入が可能となっており、格安で購入が可能となっています。

中々ダイエットが成功しなくて悩んでいる・・・という方は、フルファストに代表される様な食欲を抑えるダイエット商品を使ってみて、体重の変化を見てみましょう。

フルファスト(Fullfast)

フルファストの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

このページのトップヘ