育毛発毛情報ブログ

当ブログでは、育毛・発毛に関する情報を中心に、睡眠ケア商品やED治療、ダイエット等の悩みを解決するための話題を取り扱っています。

2014年04月

当ブログの他記事で何度か紹介しているのですが、ルミガンソリューションは眼圧降下作用を用いた緑内障の治療点眼薬です。

関連記事:ルミガンはまつ毛美容液ではありません

ルミガンをまつ毛用の美容液として認識している方も多いと思いますが、それは間違った認識であり、本来の用途ではありません。

それでも、「まつ毛が伸びる」という作用は高いものがあり、その作用を正式に採用して開発された医療用のまつ毛美容液、ラティースも発売されるに至っています。

ルミガンの実際の効果はどうなのか?

これに関しては、すでに利用している方々の口コミや感想を纏めるのが早いでしょう。

今回は個人輸入代行サービスを展開している「医薬品個人輸入代行オオサカ堂」の商品ページに投稿されているレビューをいくつかまとめてみたいと思います。

尚、ルミガンを「まつ毛美容液」とした場合の口コミレビューとなりますので、緑内障の治療を目的とした場合には参考になりませんので、注意してください。

  • 期待した以上の効果があった
  • まつ毛が長く・濃く成長するようになった
  • 本数もかなり増えた
  • 1ヶ月程で自分で見ても分かるくらいに伸びた
  • 人からまつ毛エクステをしている?と言われるようになった
  • 弱弱しかったまつ毛が丈夫に
  • 2週間で効果を体感
  • お試しのつもりが引き続き利用することに
  • 少しまつ毛が伸びてきた感じがする
  • 上まつげだけでなく下まつ毛にも使える
  • 明らかな増毛効果が確認できた

オオサカ堂に投稿されているレビューは300件以上もありますので、全ての情報を紹介することはできないのですが、総合的な評価も5点満点中の4.5点となっており、概ね満足の行く結果が出たという声が多くなっています。

レビューの中には、まつ毛が伸びすぎてバサバサになる程の効果を体感したという声もいくつか確認できましたが、人によってはあまり効果を体感できなかったという声もいくつかありました。

効果には個人差もあり、全ての利用者に必ず増毛効果が見られるというわけではありません。元々は、副作用を利用してまつ毛の育毛作用を期待するものなので、まつ毛が伸びないからといって不満を口にすることは出来ないでしょう。

しかしながら、好意的な意見が非常に多く、効果が中々表れなかった人でも、1ヶ月頃から徐々に増毛効果が見込まれたという意見も多く見られました。

リピーターも多い事から、ルミガンにまつ毛の育毛作用があることはほぼ間違いないと言えそうですね。

ただし、副作用もいくつか報告されています。主にまぶた周辺の色素沈着(くすみ)や目の充血等が報告されていますが、副作用に関しては別ページで詳しくまとめていますので、そちらをご覧下さい。

まつげ美容液 ルミガンの副作用

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

目の中には「房水」と呼ばれる水分が循環しており、房水は目に栄養分を行き渡らせ、眼圧を一定の値に保つ役割があります。

しかし、この房水が充満しすぎることで「高眼圧」の状態となり、視神経を圧迫して視力の低下を起こしたり、視野が狭くなるといった症状が現れます。

この状態が「緑内障」と呼ばれる状態であり、時に強い目の痛みや頭痛、目の充血や視覚異常を引き起こします。

これらの様々な状態を改善するために開発された成分が、アラガン社が開発したルミガンに含まれている「ビマトプロスト」です。

この成分は緑内障の典型的な原因となる「眼圧(高眼圧症)」を下げる働きがあります。眼圧の下降にかかわる「プロスタマイド受容体」に作用して、ブドウ膜強膜流出路からの房水流出量を増加させ、眼圧を一定に保つように作用します。

ビマトプロストの特徴

  • 1日1回の点眼で、優れた眼圧下降作用を示す。
  • 優れた治療効果から、開放隅角緑内障に対し第一選択されることが多い。
  • 他のPG(プロスタグランジン)関連薬とは異なるプロスタマイドF2α誘導体になるが、作用や副作用、効能・効果はほぼ同じ。
  • 美容上の問題として、 まつ毛が異常に伸びる(多毛化)副作用が報告されている。
  • 稀に瞼(まぶた)や虹彩に色素沈着を生じることがあるが、これはPG関連薬にみられる特異な副作用です。

上記の箇条書きにある5つめの特徴に、「まつ毛が異常に伸びる」とありますが、ルミガンがまつ毛の美容液として広く使われるようになった要因はここにあります。

ルミガンは米国FDA(日本で言う厚生労働省)にも認可されており、日本でも「ルミガン点眼液」という名前で処方されています。

信頼性も高く、副作用も軽微であることから、まつ毛を伸ばしたい女性達を中心に利用されているという経緯があります。

ビマトプロストの副作用

ビマトプロストには以下の様な副作用が報告されています。

  • 目の充血や痒み・異物感
  • まぶた周辺の色素沈着
  • 点眼時の一時的な刺激(沁みやかすみ)
  • まつ毛が伸びる
  • 虹彩の色素沈着

上記で報告されている副作用は、主に点眼時に感じる症状が殆どです。また、極まれに虹彩の色素沈着や色調変化といった副作用も報告されています。

これらの症状はいずれも一時的なもので、点眼後に収まるとされていますが、症状が長く続く場合は医師に相談するほうが良いでしょう。

「まつ毛が伸びる」という副作用

ルミガンは優れた眼圧下降作用がありますが、持続的な作用を期待するためには、1日1回の点眼を持続的に行う必要があります。

しかし、毎日点眼するうちに、まつ毛が伸びるという症状が数多く報告されるようになり、そこで初めて、ビマトプロストにまつ毛の育毛作用があることが分かりました。

その作用に着目したアラガン社は、ビマトプロストを含んだ世界で初めての「医療用のまつ毛育毛剤」であるラティースを発売。セレブを中心に人気の商品となっています。

ラティースは1本(3ml)で約13500円と、お世辞にも安い買物とはなりません。そこで注目されたのが、ラティースの元となったルミガンです。

ルミガンはラティースと同じ成分(ビマトプロスト)でありながら、価格はラティースの約5分の1となる2600円です(価格は何れも個人輸入での価格)。

この価格であれば一般的な消費者でも手の届く価格となることから、日本でも雑誌やメディア等で紹介され、女子力をアップしたい若い女性達を中心に広く利用されるに至ったわけです。

しかし、ルミガンの育毛作用はあくまでも「副作用」を利用したものです。本来の使い方ではないため、万が一何か異常が起こったとしても、全て自己責任となります。

その点を念頭に置きつつ、より安全に安心して利用したい場合であれば、多少値段は張るとしても「ラティース」を購入したほうが良いでしょう。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

近年、女性達の間で人気のキーワードとなっているルミガンですが、専らの用途は「まつげの美容液」となっており、本来の利用目的として使われていないというのが実情です。

元々は緑内障の治療点眼薬として開発された医薬品であり、緑内障の原因となる眼圧の低下を目的として利用されていました。

参考記事:緑内障の治療点眼薬 ルミガン

しかし、ルミガンの副作用の一つである「まつ毛の育毛作用」に注目が集まり、女子力をアップさせたい女性を中心に口コミで拡散。緑内障の点眼剤としてではなく、まつげ用の美容液として認識されるようになってきました。

上記のグラフは、Googleが提供している「Googleトレンド」で、ルミガンに関係する二つのキーワードで人気度を調べたものです。

「ルミガン 点眼」というキーワードよりも、「ルミガン まつげ」というキーワードの方が圧倒的に多く検索されていることがわかります。

※ルミガンは点眼して緑内障の病状を緩和するものなので、「ルミガン 点眼」というキーワードで人気度を調べています。

まつ毛用の美容液では無いが・・・

この様に、ルミガンは本来の用途では無い「まつ毛の育毛剤」として高い人気を誇っており、実際にルミガンをまつ毛美容液と認識して使っている人も少なくありません。

しかし、冒頭でも説明したように、本来は緑内障の治療点眼薬として開発されたものです。まつげの育毛作用は副作用を利用した効果であり、正しい利用方法ではありません。

それでも、まつげの育毛作用が高いことから自己責任において利用する女性の方は多く、その人気の高さを受けてルミガンを開発した米国のアラガン社も、専用のまつげ育毛剤、ラティースを発売するに至っています。

ラティースはルミガンに含まれている「ビマトプロスト」を利用した、世界で初めて「医薬品」として認可された、まつ毛用の育毛薬です。

こちらはまつ毛美容液として開発された商品となりますので、より安全に利用したいという方であれば、ルミガンではなくラティースの利用が安心・確実といえます。

尚、ルミガンの副作用に関しては、別記事のまつげ美容液 ルミガンの副作用で詳しく説明していますので、こちらも併せてご覧下さい。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

米国のアラガン社が開発した緑内障の治療点眼薬のルミガンは、日本では「ルミガン点眼液」という名前で処方されており、緑内障の原因となる「眼圧の上昇(高眼圧症)」を抑える優れた作用があります。

関連記事:緑内障の治療点眼薬 ルミガン

しかし、近年は目に異常の無い人にとって縁遠いはずのルミガンが人気となっています。

上記のグラフはグーグルトレンドでルミガンの人気度を調べた結果を表したものです。2009年の夏頃から、急激に検索され出している様子がわかります。

これは、ルミガンに「まつ毛の育毛作用」があるとわかり、主にまつ毛を伸ばして女子力をアップさせたい女性達の間で口コミで広がったためです。

雑誌等でも紹介され、効果の高いまつ毛美容液として利用する女性が近年増えているというわけです。

本来、ルミガンは緑内障の治療薬です。しかし、先でも書いたように、ルミガンの副作用の一つに「まつ毛の育毛作用」が確認されてからは、まつ毛を太く・長く・濃くしたいという女性達にも利用されるようになった経緯があります。

もちろん、本来の用途からは外れた使い方となりますので、利用に際しては完全に自己責任の上で利用することになります。

しかし、そういったリスクが怖いという方であれば、ルミガンの有効成分(ビマトプロスト)はそのままに、まつ毛用の医療用育毛剤として新たに開発されたラティースを利用すると良いでしょう。

尚、ルミガンは国内の一般的な通販ショップでは販売されていません(医薬品であるため)。

楽天⇒ルミガンを検索した結果
Amazon⇒ルミガンで検索した結果

楽天、アマゾン共に、検索しても商品は見つかりません。稀に並行輸入品の商品が並ぶこともありますが、在庫が少ないためにすぐに売り切れになってしまうのが現状です。

一部の美容クリニックによる処方も行われていますが、通常はオオサカ堂に代表される個人輸入の代行サービスを利用し、海外から直接商品を購入する方法が一般的となっています。

価格も病院で処方してもらうよりも格段に安く、さらに送料も無料となっているため、気軽に利用することが可能です。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

オオサカ堂のアフィリエイト報酬は、毎月15日と月末(前後することアリ)の2回となっているのですが、本日4月15日の入金予定日にも振込が無いのでどうしたのかな?と思っていましたが、入金処理に遅れが出ているという旨のサポートメールがちゃんと届いていました。

3月16日より3月31日に換金申請していただきました報酬の振り込み予定日は
4月15日となっておりますが、振り込み手続きの処理に時間がかかっており
『4月16日付での着金』となります。

メールによれば明日(4月16日)付けでの着金となるようです。特に、オオサカ堂で多くの報酬を得ている人にとっては、肝を冷やしたのではないでしょうか。

そういえばここ数日、2ティアの報酬発生の処理も遅れていたので、システム側でなんらかの調整やメンテナンスが入ったのかもしれませんね。

なんにしても、早い段階でしっかりとサポートメールを送信してくれる運営体制は安心できますね。

64歳とは思えない程「フサフサ」な髪の毛を持つベンゲル監督が選手達にチクっと一言。「飲む発毛剤」ということで、おそらくプロペシアと思われます。

確かに、髪の毛が生えるという作用ばかりに目がいってしまい、副作用のことは後から知ったという選手も多いでしょうね。

でも、髪の毛がフサフサな人には、薄毛で悩む人の気持ちは理解できないでしょうね。

フサフサの白髪で知られるアーセナルのアーセン・ベンゲル監督(64)が、発毛剤を飲む選手たちに警鐘を鳴らした。

英デーリーメール紙(電子版)によると、ベンゲル監督は「頭髪のことになると、時に選手たちは自分がよく分かっていない薬まで飲んでしまう。後から薬の成分について知るなんて、賢明とはいえない」と話したという。

同監督によると発毛剤を摂取すると肝臓の働きが悪くなり、疲れが取れにくくなるという。もしかしたらベンゲル監督はマンチェスターUのFWルーニーのように、植毛だったらOKするかも!?

http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20140406-1281619.html

個人輸入代行のオオサカ堂では、各種のクレジットカード(VISA、JCB、アメリカン・エキスプレス(アメックス))の利用が可能となっていますが、「クレジットカードを持っていない」人や、「オオサカ堂で初めて行う買物なのでクレジットはまだ使いたくない」、という方のために、銀行振込による入金もサポートしています。

関連記事:オオサカ堂で代引き(着払い)による商品の購入は可能か?

オオサカ堂がサポートしている振込先の銀行は以下の通りです。何れも日本を代表する銀行となります(振込手数料は個人の負担です)。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 楽天銀行(旧イーバンク)
  • みずほ銀行
  • りそな銀行

注意点として、銀行振り込みによる注文の場合は、オオサカ堂の各種商品ページで表示されている「日本円の金額」が商品代金となります。クレジットカードによる支払いの場合は米ドル価格での決済となるので、この点は注意が必要です。

また、商品によっては銀行振り込みに対応していない商品もありますので、各種商品毎に銀行振り込みが可能な商品であるかを確認しましょう。

以下の画像はプロペシアの販売ページとなりますが、「支払い方法」を先ずは確認し、続いて価格の「円表示」部分を確認してください。銀行振り込みによる金額が表示されているはずです。

a81b7d3f.gif

銀行振り込みによる送金の流れは、オオサカ堂の公式サイトが詳しいので、詳しくはそちらをご覧下さい。簡単な流れとしては以下の通りとなります。

  1. 注文する
  2. 自動返信メールが届く
  3. 正式な受注確認メールが届く
    • このメールに送金先の銀行口座が書かれています
  4. オオサカ堂での入金確認後に決済完了メールが届く
  5. 貨物番号メールが届く⇒貨物番号についてはこちら
  6. 商品到着(商品の到着は1週間~10日間程)

天然成分のみで構成された人気の育毛クリーム、ブラックポムトンのオイルローションタイプの取扱いがオオサカ堂で開始されました。

ブラックポムトンは天然成分を使用しており、副作用の心配も少ないことから日本での利用者も徐々に増えているようです。

今まで販売されていたクリームタイプと違って、こちらはオイルローションタイプとなります。クリームタイプのべたつきが苦手であったり、気に入らないという方であれば、こちらのローションタイプの方が使いやすく感じるでしょう。

ローションタイプの育毛剤としては、ミノキシジルを配合したロゲインリアップポラリスシリーズが有名ですが、天然成分のみで構成された育毛剤としては、このブラックポムトンの人気が徐々に高まっているようです。

人気の要因としては、ミノキシジルやフィナステリドを使わない天然素材のみを配合しているという点に加えて、ある程度の効果・作用が見込めるという2点でしょう。

もちろん個人差もあり、誰でも必ず育毛作用があるわけではありませんので、過度の期待は禁物です。

しかし、健康に関するリスクを少しでも軽減したいという方であれば、ブラックポムトンは入門用の育毛剤として適している商品であるといえます。

個人輸入代行業者のオオサカ堂で購入する場合であれば、価格は1本(100ml)で約3800円です。3本のまとめ買いであれば、1本辺りが約2800円まで割引されるのでお得です。

ブラックポムトンは医薬品では無いため、Amazonや楽天でも気軽に購入できます。興味のある方は一度確認してみてください。

Amazon⇒ブラックポムトン
楽天⇒ブラックポムトン

ブラックポムトン(Black PhomThong)オイルローションタイプ

ブラックポムトン オイルローションタイプの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

緑内障の点眼治療剤として世界中で利用されているルミガン(日本名:ルミガン点眼液)は、眼圧を下げて緑内障の症状を改善する作用があります。

しかし、最近ではルミガンの副作用を利用した「まつげ用の育毛剤」として人気が高く、様々な雑誌で紹介されるようになってきました。

それに伴い、美容クリニックでも取扱いが開始される様になってきましたが、通販での購入となると、入手は難しい状態です。

日本国内であれば、通販と言えば楽天市場とアマゾンが最初に思い浮かぶと思いますが、この2社でルミガンの取扱いは行っているのでしょうか?

楽天⇒ルミガンを検索した結果
Amazon⇒ルミガンで検索した結果

まつ毛用のアプリケーターは販売されていますが、ルミガンの取扱いは行われていません。これは、ルミガンは処方箋が必要な医薬品であるために、楽天やアマゾン等の通販では販売が出来ないからです。

では、他の女性方はルミガンをどこで入手しているのでしょうか?

現時点での入手方法は二つあります。一つは、先にも少し触れた美容クリニックで処方してもらう方法です。相場は12000~14000円程とされており、保険が利かないために高額な部類になってしまいます。

もう一つは、個人輸入の代行業者を利用して通販する方法です。

前述したクリニックで処方してもらうよりもかなり安価(約2600円)で購入することが可能なので、効果を体感して安全性にも問題が無いと判断した女性達は、個人輸入によって継続利用しているという方が非常に多くなっています。

人から「まつ毛が伸びた?」と言われると、嬉しくなるのが女性心というもの。そして、良い商品は自分の中だけにとどめて、人にはあまり教えないという心理が働くものです。

それと同じで、ルミガンを個人輸入で安く入手できる方法も、あまり人には教えたがらないものなのです。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

まつげ美容液としてその名前が定着しつつあるルミガンですが、本来は緑内障の治療を目的として開発された点眼薬です。

なので、ルミガンを「まつげ美容液」として紹介するのは、間違った紹介の仕方になってしまうのですが、「ルミガンと言えばまつげ美容液」という認識が一般的になりつつある現状もありますので、その流れにそう形で当ブログでも紹介しています。

冒頭でも書きましたが、ルミガンは元々は緑内障用の治療点眼薬です。医薬品ということで、当然副作用も確認されています。

以下はルミガンの主な副作用を箇条書きでまとめたものとなります。

一般的に確認される副作用

  • 目の充血
  • まれに角膜障害
  • 痛みや痒み
  • 異物感
  • 一時的な刺激症状(沁みや目のかすみ)
  • まぶたの色素沈着・黒ずみやくすみ
  • まつ毛が伸びる(濃くなる)

めったに起きないが確認されている副作用

  • 長期利用による虹彩の色素沈着

上記の副作用は、あくまで「緑内障の治療」を目的に点眼を続けた場合の副作用となります。分かりやすいように太字で表示しましたが、「まつ毛が伸びる」という副作用が、ルミガンがまつげ美容液として利用されている要因です。

ルミガンは医薬品ですので、先にも書いたように副作用は存在しています。しかし、ルミガンをまつげ美容液として利用した場合、使い方(液が目に入らないようにする)を間違わなければ、関係する副作用は「色素沈着」に限られてきます。

専用のアプリケーターを使って、確実にまつ毛の根元のみにルミガンの液を付着させるようにして、副作用を最小限に抑えるようにしてください。

そして、何らかの異常が見られた場合は、すぐに医師の診断を受けるようにしてください。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

このページのトップヘ