育毛発毛情報ブログ

当ブログでは、育毛・発毛に関する情報を中心に、睡眠ケア商品やED治療、ダイエット等の悩みを解決するための話題を取り扱っています。

2014年04月

以前の記事の中で、ルミガンの正規品を購入するならオオサカ堂やアイドラッグストアー、ベストケンコー等が安心できると紹介しましたが、ここに「激安」というキーワードが入った場合は注意が必要です。

例えば、「激安」や「格安」、「最安」といったキーワードで商品を検索した場合、会社として本当に存在しているのか疑わしいようなサイトがヒットする場合があります。

あまりにも安い場合、勘の鋭い人であれば「ニセモノかも?」と疑うでしょうが、安さにつられて購入に踏み切ってしまうという方も少なくありません。

そういったニセモノや粗悪品を販売しているサイトは、言葉巧みに「100%正規品を販売」や、「業界最安!」といった、ユーザーの購買意欲を刺激するような魅力的なキーワードを並べていることが多く、その反面、会社の情報等はいくら探しても出てこないといった場合が多くなっています。

中には、販売実績のある個人輸入代行業者の名前を騙り、コピーサイトを作成する輩も存在していますので、自分が利用するサイトが本物かニセモノかをしっかりと判断する必要もあります。

激安や格安といった、値段に関係するキーワードには、この様な危険が潜んでいることもしっかりと把握しておくべきです。

以下は、自分がこれから利用を検討している個人輸入代行サービスをチェックする際に参考にしてもらいたいポイントとなります。

  • 信憑性が高いか?
  • サイトが使いやすいか?
  • 質問にちゃんと答えてくれるか?
  • 商品についてのレビューが充実しているか?
  • 他の業者よりも優れたサービスがあるか?
  • 「特定商取引法表示」や「会社情報」で所在地、電話番号、代表者が確認できるか?
  • 「原産国」「製造元」「発送元」の情報が明記されているか?
  • 購入するジェネリックの具体的な製品名や画像が事前にチェックできるか?
  • ED薬の正規ジェネリック医薬品は、特許法の関係で基本的にインド製となっている。
  • ジェネリック製品は、28錠で 4,000~8,000 円程度が大体の相場。
  • インド製のジェネリックは「カマグラ」「カベルタ」「シルデナフィル」「タダリス」など多種に渡る。

関連記事:2ch(2ちゃんねる)でのオオサカ堂の評価・評判

しっかりと正規品を販売している、信頼できる個人輸入代行業者はたくさんあります。

しかし、ニセモノや粗悪品を販売している悪徳な事例も報告されており、これらの商品を購入したことによって、体になんらかの害を及ぼすことも可能性として考えられるのです。

「他社よりもかなり安い」からといって、安易に手を出すことは危険です。知名度が低く、運営元がはっきりしないサイトは絶対に利用しないでください。

ルミガンの正規品を購入するならオオサカ堂の記事でも紹介したように、アイドラッグストアーやベストケンコー、オオサカ堂といった販売実績の長いサイトを利用しておけば、間違いありません。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

緑内障の点眼液として有名なルミガンは、眼圧下降作用によって緑内障を治療することを目的に開発された点眼液です。

しかし、近年では副作用の一つである「まつ毛の育毛作用」に注目が集まっており、実際にルミガンをまつ毛の美容液として利用している女性が増えているようです。

ルミガンの開発元のアラガン社もその作用に注目し、医療用のまつ毛育毛剤としてラティース(ラティッセ)を開発。セレブを中心に人気の商品となりました。

尚、ラティースは若干値段が高い(1本3mlが約13500円程)ため、有効成分が同じ(ビマトプロスト)で価格が1/5程(約2600円)となるルミガンが注目されています。

ルミガンを日本国内で入手するには、美容クリニック等で診察を受けた上で処方してもらう必要がありますが、個人輸入の代行サービスを利用して海外から直接通販する方法もあります。

信頼できる個人輸入業者で購入する

個人輸入の代行サービスを行っているWEBサイトは数多く存在していますが、中にはニセモノや粗悪品を販売している悪質な業者も存在しているため、住所や連絡先等がしっかりと明記されていないサイトの利用は避けたほうが良いでしょう。

上記を踏まえて、販売実績も長くて信頼のおける個人輸入業者としては、オオサカ堂やアイドラッグストアー、ベストケンコー等が有名です。

中でもオオサカ堂は1990年代より輸入代行業務を行っており、日本国内で個人輸入代行サイトとして大きなシェアを誇っています。

価格も安く品揃えも非常に豊富なことから利用者も多く、リピーターも多いという特徴があります。

先ほど紹介したラティースやルミガンの価格は、全てオオサカ堂で販売されている価格となりますので、参考にしてください。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

別記事(まつ毛美容液としてのルミガンの使い方)でもルミガンの簡単な使い方を紹介していますが、この記事ではルミガンの使い方をステップに分けて解説しています。

以下のステップを見ていただくと、ルミガンのおおよその使用感が確認できると思います。

まずは洗顔

ルミガンを使用する前に、まずは洗顔を行います。メイクをしっかりと落として、コンタクトレンズは外します。

外したコンタクトレンズは、ルミガンの薬液をまつ毛の根元に付着させてから15分~程経ってから元に戻すようにしてください。

アプリケーターにルミガンを1滴垂らす

付属のアプリケーター(セット販売の場合)にルミガンを1滴だけ垂らします。この際、アプリケーターは水平に保ち、アプリケーターがルミガンの容器に触れないように注意します。

また、アプリケーターは片目ごとに新しいものを使うようにします。アプリケーターは使い捨てとなりますので、1度の利用ごとに新しいものを利用します。

まつ毛の根元に塗布する

ルミガンを付着させたアプリケーターを、上まつ毛の生え際にスッと塗布します。アイラインを引くように塗布する感覚です。

まつ毛の根元とまつ毛が軽く締める程度でも作用しますので、気持ち少ないかな?程度で十分です。

余分な薬液を拭き取る

ルミガンの成分(ビマトプロスト)によるまぶたの黒ずみを防ぐ意味でも、皮膚に付着した薬液はしっかりと拭き取るようにしてください。

以上です。ルミガンをまつ毛の根元のみに付着させるようにして、皮膚に付いてしまった薬液はしっかりと拭き取ることが重要となります。

効果を急ぐあまり、薬液を多量に塗布するという方も居ますが、黒ずみや目の充血といった副作用の可能性を高めてしまいますので、気をつけてください。

また、利用の際は医師に相談の上で行うようにしましょう。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

ルミガンソリューション(日本ではルミガン点眼液)は、日本のみならず世界中で「まつ毛の育毛剤」として利用されている医薬品です。

元々は緑内障(高眼圧症)の治療を目的として開発されましたが、まつ毛が伸びるという副作用を利用し、まつ毛の貧毛(まつ毛が少なくまばら、短い状態)の治療にも使われています。

この様に、医療現場でもまつ毛の美容液(育毛剤)として利用されることがあり、その効果も高いことから人気の商品となっているわけです。

では、ルミガンをまつ毛美容液として利用する場合、どの様にして使っているのでしょうか?

ルミガンの使い方

ルミガンは点眼することで眼圧を下げ、緑内障の改善に優れた作用を発揮します。しかし、まつ毛の育毛目的で利用する場合は、点眼してはいけません。

ではどの様に利用するのか?まず、液体をまつ毛の根元に付着させ、まつ毛の根元のみに有効成分のビマトプロストが作用するように気をつけて使用します。

その後、皮膚に付着してしまった余分な薬液をしっかりと拭き取ります。特に下まつ毛に使用する場合は色素沈着が発生しやすいと言われていますので、丁寧に拭き取るようにしてください。

利用のタイミングは1日1回、就寝前に利用します。早くまつ毛を生やしたいという思いから、1日に何度もルミガンを利用する方もいますが、用法は必ず守るようにしましょう。

使いすぎは黒ずみや他の副作用(目の沁み、かゆみ、充血)の発生原因となってしまいます。

使用方法は簡単に見えますが、まつ毛の根元のみにピンポイントで薬液を付着させるには、慣れも必要です。

ルミガンに付属している専門のアプリケーターを上手に使って、黒ずみや目の充血といった副作用を極力減らしながら、まつ毛の育毛活動を行うようにしましょう。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

ルミガンは緑内障の治療薬として優れた作用を発揮しますが、「まつ毛が伸びる」という副作用を利用したまつ毛用の育毛剤としても高い効果が期待できることから、女子力をアップさせたい女性を中心に人気の医薬品となっています。

先ほども書いたように、本来の用途は緑内障の治療点眼薬です。しかし、「まつ毛の貧毛(まつ毛が極端に短く少ない症状)」に対する治療にも使われることもあり、その際の使用方法はまつ毛の根元に液体を塗布してい利用します。

しかし、液体が眼球に入ってしまうことで、目の痒みや充血、刺激症状といった副作用が起こる場合があります。

特に目の充血は良く見られる副作用と言われており、ルミガンを点眼して利用している人の中にも、目の充血を訴える人は少なくありません。

まつ毛の根元のみに液体を付着させたとしても、目視で確認できない量の液体が眼球に付着することは十分に考えられますので、ルミガンの使用後に目が充血した場合は、ルミガンに含まれるビマトプロストによる副作用と考えてください。

目の充血が起こったら?

まつ毛美容液として利用する場合は、点眼に比べて眼球に付着する液体の量は非常に少なくなりますので、目の充血がまったく見られないという方が殆どです。

また、目が充血する症状が出たとしても、利用を繰り返すことで軽減していくとされています(点眼液として利用している場合)。

なので、目の充血に対してはそこまで神経質に考えることは無いと思いますが、ルミガンを使用する度に充血が見られる場合は、医師の診断を仰いで指示に従うようにしてください。

他の副作用に関してはまつげ美容液 ルミガンの副作用の記事にて詳しく説明していますので、こちらも併せてお読み下さい。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

緑内障の点眼薬として優れた作用を発揮するルミガン(日本名:ルミガン点眼液)ですが、「点眼した患者のまつ毛が伸びる」という副作用を逆に利用して、近年では「まつ毛美容液」としても利用され始めています。

雑誌等でも紹介され、実際に利用した人から口コミで広がり、最近ではインターネットによる検索数もかなりの数となっています。

しかし、本来は緑内障の治療点眼剤であるルミガンを、まつ毛の育毛作用を期待して利用することに危険は無いのでしょうか?

米国FDAに認可されたルミガン

ルミガンに含まれている「ビマトプロスト」という成分は、緑内障の原因となる「高眼圧症」の改善に優れた作用を発揮します。

日本でも緑内障の治療点眼薬として一般的に広く利用されており、強力で安定した眼圧下降作用を示します。

副作用には目の充血やかゆみ、沁みるといった刺激症状が報告されていますが、比較的軽微なものが殆どであり、安全性も高いことから米国FDA(日本でいう厚生労働省)にも認可されている医薬品です。

この様に、ルミガンは信頼性・安全性ともに高く、間違った使い方(過剰点眼等)をしなければ、副作用に対してそこまで神経質に考える必要はありません。

また、ルミガンを「まつ毛用の育毛剤」として利用する場合であれば、点眼では無く、まつ毛の根元に塗りつけて使用することから、副作用の可能性はさらに低くなります。

皮膚の黒ずみに注意!

ルミガンを利用した際に最も報告されている副作用が、「まつ毛周辺の皮膚の黒ずみ」です。これは、有効成分のビマトプロストがメラニン細胞を活性かするために発生する副作用とされています。

この黒ずみを避けるために、まつ毛の根元以外には液が付着しないようにす等して、皮膚にルミガンの点眼液が付かないように気をつけることです。

皮膚の色素沈着に関しては、別記事のルミガンの副作用による色素沈着を防ぐには?にて詳細を書いていますので、こちらも併せて確認してください。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

まつ毛の育毛剤として人気の高いルミガンですが、医薬品ということで副作用も報告されています。

主な副作用としては、目の充血や異物感、まぶたの色素沈着、一時的な刺激症状(沁み、目のかすみ)、極稀に虹彩の色素沈着(長期利用の場合)が報告されています。

関連記事:まつげ美容液 ルミガンの副作用

目の充血や異物感、一時的な刺激症状や虹彩の色素沈着は、ルミガンを緑内障の治療目的で点眼した場合に発生する副作用です。

しかし、まつ毛美容液として利用した際は、まつ毛の根元に塗布した成分がその周辺の皮膚組織に影響を与えて、まぶた周辺の色素沈着(黒ずみ)を起こしてしまいます。

色素沈着に関しては特に女性が気になる副作用だと思います。しかし、この色素沈着はルミガンの利用を停止することで元に戻るとされており、さらにルミガンを(まつ毛美容液として)正しく利用することで防ぐことが可能です。

色素沈着を軽減するルミガンの正しい使い方

まず、ルミガンをまつ毛の根元に確実に付着させるために「アプリケーター(ブラシ)」を利用するようにします。アプリケーターは市販のものでもかまいません。

そして、アプリケーターを水平に保ち、ルミガンを一滴垂らします。その後、液を垂らしたブラシをアイラインを引くように、上まつげの根元部分にスッとつけてください。

その後、まぶたに付着した余分な液は必ず拭き取るようにします。この作業を怠ってしまうと、色素沈着が発生する確率を高めてしまいます。

なぜ色素沈着が起こるのか?

ルミガンに含まれるビマトプロストはメラニン細胞を活性化させ、黒ずみ等の色素沈着を引き起こしてしまうといわれています。

メラニン細胞が活性化することで色素細胞も活発になり、その結果、皮膚に黒ずみが現れてしまうので、皮膚への影響を最小限に抑えるために、まぶたに付着してしまった液体を拭き取ることは非常に重要なポイントとなります。

ルミガンの使用方法

利用する時間と回数は、1日1回、就寝前に行います。まつ毛を早く伸ばしたいという思いから、1日に何度もつけてしまう方も少なく無い様ですが、複数回の塗布は色素沈着の原因となってしまうので気をつけてください。

また、ルミガンは元々は緑内障の治療点眼液となりますので、点眼することは絶対に避けるようにしてください。万一液体が目に入ってしまった場合はしっかりと洗い流すようにして、もし異常が見られた場合は眼科での診察を受けるようにしてください。

まつ毛の根元のみに確実に塗布して、余分な液はしっかりと拭き取ることで、色素沈着を防ぎながらまつ毛の育毛活動を行うことが可能です。

以下で紹介している動画はルミガンを「まつ毛用の育毛剤」として新たに開発した「ラティース」の塗り方を解説したものになりますが、方法はルミガンもまったく同じとなりますので、参考になると思います。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

まつ毛美容液として人気の高いルミガンですが、本来の用途は緑内障や高眼圧症を緩和するために用いられる点眼液です。

しかし、点眼した患者にまつ毛が伸びる(多毛症)という副作用が報告され、最近ではその作用を用いたまつ毛用の育毛剤として利用されています。

関連記事:ルミガンでまつげが伸びる?

人気が高まるにつれて、まつ毛美容液として利用する方も増えているルミガンですが、医薬品であるために楽天やAmazonでの販売が行えず、実際に利用した人の口コミレビューがどの様なものかを確認するのが困難です。

友人や知人に紹介されたのであれば、実際に利用した本人から効果を聞けばよいのですが、その様な人が回りに居ない場合は、やはりネットから情報を仕入れてくるしかありません。

その様な場合に役に立つのが、個人輸入代行サービスを行っているサイトの口コミ情報です。個人輸入代行サービスの通販サイトは、海外のサプリメントや医薬品といった特殊なカテゴリの商品を数多く扱っているため、それらのレビューが自然と集まってきます。

以下のレビューはルミガンの口コミ情報を端的にまとめたものとなります。情報は個人輸入代行サービスの老舗であるオオサカ堂を参考にしています。

  • 期待した以上の効果があった
  • まつ毛が長く・濃く成長するようになった
  • 本数もかなり増えた
  • 1ヶ月程で自分で見ても分かるくらいに伸びた
  • 人からまつ毛エクステをしている?と言われるようになった
  • 弱弱しかったまつ毛が丈夫に
  • 2週間で効果を体感
  • お試しのつもりが引き続き利用することに
  • 少しまつ毛が伸びてきた感じがする
  • 上まつげだけでなく下まつ毛にも使える
  • 明らかな増毛効果が確認できた
オオサカ堂に寄せられているルミガンのレビュー数が膨大なため、代表的な口コミのみを纏めてみました(全てのレビューを確認する場合はルミガンソルーションの販売ページへどうぞ)。

効果が出なかったorあまり効果が無かったという意見も少なからずありますが、総じて高い評価となっています。

オオサカ堂では、実際に購入した人しかレビューを投稿することができないため(Amazonと同じ)、かなり参考になる意見が多くなっています。

時には商品の効果・効能(作用)に対して厳しい意見も投稿されていますが、そういった意見にはオオサカ堂のスタッフから丁寧な返信コメントが付くこともあります。

その様なコメントのやり取りも見る側にとっては参考になるため、今後も同様の運用体質を貫いてほしいですね!

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

まず最初に、ルミガンは楽天市場では販売自体が行われていません。ルミガンは医薬品であり、医師の処方箋無しには販売することができないためです。

日本では2014年の4月より、ネットによる大衆薬のインターネット販売をほぼ全面的に解禁する改正薬事法がスタートとなりますが、ルミガンはロキソニンや胃腸薬、髪の毛の育毛剤と違って大衆薬では無いため、今後も楽天での販売は行われないと予想されます。

なので、レビュー件数の多い楽天市場でルミガンの効果・効能(作用)や副作用、使用感といった口コミレビュー情報を得ることはできません。

そこで役に立つのが、海外から直接商品を購入して配送してくれるサービスである、「個人輸入代行業者」の商品販売ページに寄せられている口コミ情報です。

有名所では、オオサカ堂やアイドラッグストアー等がありますが、オオサカ堂に寄せられているルミガンのレビューは300件を超えています。

これだけの数があれば、ルミガンに関する詳細は十分に得ることができると思いますので、ルミガンに関する情報を得たい方は、オオサカ堂の商品販売ページをご確認ください。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

尚、実際に寄せられた口コミレビューを端的にまとめた記事を作成しましたので、ご興味のある方はこちらもご覧下さい。

まつげ美容液としてのルミガンの効果と口コミ

医薬品ネット販売解禁に関して

(1)劇薬に指定されている医薬品(2)医師が処方する医療用医薬品から転用された大衆薬のうち、最長3年間かけて行う副作用リスクの判定が済んでいない医薬品は引き続き対面販売に限定されるものの、これらを除いても大衆薬全体の99%以上をネットで扱えるようになる。

~中略~

週30時間以上営業する対面販売の有形店舗を構える事業者に限ってネット販売を認めるほか、購入者や購入希望者からの相談に薬剤師らの専門家が対面や電話で応じる体制を整えるなどの義務を課す

出典:2014変わる産業社会・制度/医薬品ネット販売解禁

 

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

ルミガンは緑内障の治療薬として開発されましたが、副作用として患者に「まつ毛が伸びる」というものが報告され、その効果を利用した「まつ毛美容液」としての利用がメジャーになっています。

ルミガンの増毛効果は副作用を利用したものなので、まつ毛を伸ばしたいのであれば正式な医療用のまつ毛美容液であるラティースを利用する方が確実です。

しかし、まつ毛の育毛作用に大きな違いが無いということで、ラティースの1/5程の価格で購入できるルミガンに人気が集まっています。

さて、このルミガンですが、実際にどの程度の効果(作用)があるのでしょうか?また、どの程度の期間でその効果が出てくるのでしょうか。

これに関しては、医薬品個人輸入代行のオオサカ堂でポストされている、実際に利用した方々の口コミを参考にすると良いでしょう。

  • 期待した以上の効果があった
  • まつ毛が長く・濃く成長するようになった
  • 本数もかなり増えた
  • 1ヶ月程で自分で見ても分かるくらいに伸びた
  • 人からまつ毛エクステをしている?と言われるようになった
  • 弱弱しかったまつ毛が丈夫に
  • 2週間で効果を体感
  • お試しのつもりが引き続き利用することに
  • 少しまつ毛が伸びてきた感じがする
  • 上まつげだけでなく下まつ毛にも使える
  • 明らかな増毛効果が確認できた

こちらも参考に⇒まつげ美容液としてのルミガンの効果と口コミ

上記は主に、ルミガンの効果に関するレビューを端的にまとめたものです。この中から、実際に効果が現れる期間を平均してみたところ、1ヶ月程で効果が現れてくるようです。

しかし、効果が出始める期間は約2週間~2ヶ月と範囲が広く、個人差による部分も大きいのかなと感じます。最速で2週間程で効果を体感できた人もいれば、2ヶ月頃からようやく伸びてきたという声もあります。

この期間の広がりが意味するところは、「ある程度の継続利用」が必要になるということです。

あと1ヶ月利用していれば生えてきたのに、利用を開始して1ヶ月で効果が無いとして利用をやめてしまった。というパターンも十分にありえます。

また、ルミガンの利用を停止すると、まつ毛はまたもとの長さや密度に戻ってしまう点はマイナスです。

これは、髪の毛の育毛剤にも同じ事が言えるのですが、使い続けることでコストはかさんでいきますので、経済的な理由から継続利用することが出来ない方にとっては、中々手を出し辛い商品といえそうです。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。

このページのトップヘ