育毛発毛情報ブログ

当ブログでは、育毛・発毛に関する情報を中心に、睡眠ケア商品やED治療、ダイエット等の悩みを解決するための話題を取り扱っています。

2014年02月

ニナゾルシャンプーは、有効成分のケトコナゾールがフケ・痒みを改善し、特に脂漏性皮膚炎に効果が高いとして、皮膚科でも勧められることの多い薬用シャンプーです。

AGA(男性型脱毛症)に悩む方の中でも、脂漏性皮膚炎にかかっている方の割合は多いとされており、薄毛・抜け毛を改善していくためにも、頭皮の状態を正常に保つための頭皮ケアは非常に重要です。

脂漏性皮膚炎に効果的なニナゾルシャンプー

ニナゾルシャンプーは薬用というだけあり、脂漏性皮膚炎に直接の影響を及ぼす「真菌」を抑えて、脱毛に至る原因を取り除きつつ、正常な髪の毛が育つための手助けをしてくれます。

当ブログでも過去にオオサカ堂で購入できるニナゾルシャンプーで抜け毛を軽減!ニナゾルシャンプーはAmazonや楽天では購入できるか?で紹介していましたが、この商品の悩みどころとして、国内で気軽に購入することが出来ないという点が挙げられます。

アマゾンや楽天市場でも商品が販売されていることもあるのですが、品切れになったり、販売していたお店が出品を取りやめたりして、なかなか供給が安定しない様子です。

⇒Amazonで商品を確認する
⇒楽天で商品を確認する

海外製品なので、供給が安定しないのは仕方が無いことではありますが、抜け毛の大きな原因となる脂漏性皮膚炎を改善・予防する作用が高いということで、日本でも人気の薬用シャンプーとなっているのです。

個人輸入代行業者を利用してニナゾルシャンプーを購入する

国内での通販以外で入手するには、皮膚科やAGA治療を専門とするクリニックで処方してもらう方法もありますが、個人輸入で海外から直接購入する方法もあります。

個人で行う輸入はハードルが高いため、個人輸入代行業者を利用する方法がお手軽で安くすむのでオススメです。

個人輸入代行業者は日本国内にたくさん存在していますが、運用実績が特に長いオオサカ堂とアイドラッグストアーでの購入が最も安心・安全で確実といえるでしょう。

特に、オオサカ堂で購入できるニナゾルシャンプーは、日本国内で販売されている価格の約半額で購入することが可能で、しかも送料がかからないため、非常に安価に購入することが可能です。

また、海外メーカーから正規品を直接仕入れているため、在庫切れの心配も無く、商品の品質も間違いありません。

オオサカ堂で購入すれば、国内で購入する薬用シャンプーよりも半額以下(しかも効果が期待できる)で購入することができますので、フケや痒み、頭皮の炎症等の悩みを抱えている方は、医師に相談の上でニナゾルシャンプーの利用も検討してみてください。

ニナゾルシャンプー100mlで1,485円~

ニナゾルシャンプーの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

HGHは「ヒューマン・グロース・ホルモン:human growth hormone」の略で、「ヒト成長ホルモン」を意味します。

成長ホルモンには成長に関する作用と代謝をコントロールする作用があり、脳の一部である「脳下垂体前葉」で生成される、特殊なホルモンであり、人間が子どもから大人に成長するために非常に重要な役割を持ち、代謝や新細胞の生成等をサポートします。

HGHは20歳前後までは活発に生成されますが、その後は分泌量が減少していき、老化や健康レベルの低下等を招く結果となります。

しかし、その低下していくHGHをサプリメントで補うことができるのが、このHGHサージです。

L-アルギニンやL-オルニチンといったアミノ酸の他、イチョウ葉エキスの「ギンコ」等、HGHの合成や分泌量の増加、集中力・記憶力の向上に役立つ成分が含まれています。

記憶力の向上、健康レベルの上昇が期待できるということで、気軽に飲めるサプリメントとして人気の高い商品となっています。

HGHサージは海外製のサプリメントなので、個人輸入代行業者のオオサカ堂を利用すると便利です。

1本(50錠入り)で約2700円となっており、健康維持のために飲むサプリとしては少し割高に感じますが、100錠入りだと約3200円と割安です。

長期的に服用する場合であれば、100錠タイプを選択しておけばお得です。

HGHサージ(HGH Surge)

HGHサージの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

レボクインはクラビット錠のジェネリック医薬品です。クラビットは細菌が原因となる様々な病気に有効とされており、細菌の遺伝情報物質(DNA)の複製を妨げることにより、殺菌的に作用します。

先にも書いたように、クラビットは細菌類にも有効とされており、細菌やウイルス、真菌(カビ)が原因となる感染症にも優れた作用を発揮しますので、性病(クラミジア)の治療目的で処方されることも多いです。

レボクインはキノロン系抗生物質のレボフロキサシンを有効成分とする、クラビットのジェネリックとなりますので、その分安価となっていますが、効果・効能・作用はクラビットと同様とされています。

個人輸入のオオサカ堂で購入する場合、小分けバラシート(20錠分)が約1400円、一箱100錠入りでも約2700円となっていますので、非常に安価で購入することが可能です。

レボクイン(Levoquin)250mgの詳細

レボクインの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

これから希望を持って育毛サプリメントを使ってみようと考えている方にとっては、少し期待はずれのコメントとなってしまうのですが、育毛サプリのみで髪の毛が生えてくることはまずありません。

こう断言してしまうと、育毛を謳っているサプリメントを販売している会社から苦情が来てしまいそうですが、薄毛や抜け毛の原因とメカニズムを調べていけば行くほど、サプリメントだけでは髪の毛は生えてこないということが分かってきます。

しかし、だからといって全く無意味というわけではありません。勘違いしてほしくないのですが、育毛サプリはあくまで「育毛を補助する」目的で使うことで、その効果を発揮します。この辺りは少し話しが長くなってきそうなので、別ページにて紹介することにしますが、結論として育毛サプリに過度な期待は禁物ということです。

売れ筋の育毛サプリメント

有名所からマイナーなものまで、育毛サプリメントはかなりの種類が販売されていますが、以下では口コミで評判の良い育毛サプリメントを幾つか紹介しています。

育毛剤の効果を助けるサプリメント

AGA(男性型脱毛症)による薄毛の改善方法として最も効果的とされているのが、ミノキシジルフィナステリドを併用した治療方法です。しかし、育毛を補助する栄養素をサプリメントで補給することで、育毛剤の効果を最大限に高めることが期待できます。

以下で紹介しているものは、発毛を助ける働きのある成分が含まれているサプリメントです。これらのサプリだけで毛が生えてくることはありませんが、抜け毛の減少や頭髪環境の改善といった効果は期待できると思います。

L-リジン



L-リジン 1000mg

リジンは体の成長に必要不可欠な必須アミノ酸で、体の窒素のバランスを正しく保つ働きがあります。また、神経システムに直接入り込み、免疫機能を高める作用があります。

また、上記で紹介した効果以外にも、育毛剤の主要成分であるミノキシジルとの併用で、育毛効果を高める働きがあります。そのような効果もあるので、この商品を愛用している人は、専らミノキシジルの効果を高めるために摂る人が多いようです。

引用元:L-リジンでミノキシジルの効果を助ける

ノコギリヤシ


ノコギリヤシ(ソーパルメット)320mg

ノコギリヤシ(saw palmetto, Serenoa repens)はDHT阻害作用のある薬草であり、一般薬よりも安価で、フィナステリドやデュタステリドよりも副作用が少ないと言われている。他の5αリダクターゼ阻害薬とは異なり、ノコギリヤシのエキスはテストステロンからDHTへの変換を阻害する時にPSA分泌の抑制は行なわない。

フィナステリドが5αリダクターゼの主要なアイソエンザイムであるtype2のみを阻害するのに対し、ノコギリヤシはtype1, 2両方のアイソフォームを抑制する。ここで注意しなくてはいけないのは、こうしたin vitro(生体外)で示されたDHT阻害作用が必ずしもin vivo(生体内)での効果を意味するのではないということである。脱毛症に対して6か月間の調査を行なった予備研究では6割に改善が見られたとのことだが、使用した用量については報告されていない。この研究は小規模なもので、期間も比較的短いことに注意されたい。

ノコギリヤシが脱毛症に何らかの効果がある、とするこの唯一の報告は信頼性が高いものではない。PubMedで唯一検索された論文はノコギリヤシエキスの製造元により発表されたものであり、2003年1月に全米で放送されたテレビ番組「20/20」では「たわごと」とされた。これは研究対象が10人のみであり、調査期間も6か月と短かった点による。

引用元:wikipedia 脱毛の治療 より

ビオチン


ビオチン(Biotin)

別名ビタミンB-7と呼ばれるビタミンの一種で、ビタミンB群に分類される水溶性のビタミンです。発見された順番がH番目だったので、以前はビタミンHと呼ばれていたそうです。ビオチンは花粉症対策にも有効なビタミンとしても知られていますが、アトピーや育毛疲れの頭皮のケアにも使われています。

~中略~

また、ビオチンはアミノ酸の代謝に関わる補酵素として働きます。アミノ酸はたんぱく質の材料となるので、ビオチンが不足してアミノ酸の代謝が滞ると、毛髪等に影響が出てきます。具体的には脱毛や白髪といった症状が出てきます。このようなことから、ビオチンが不足してしまうと、脱毛にも繋がってしまうというわけです。

引用元:ビオチンで血流をアップ

リコピン


MF3野菜プラセンタカプセルADVANCED

リコピンには強い抗酸化作用があり、血糖値を下げる、動脈硬化の予防、ガンを予防、喘息の改善、美白効果、ダイエット効果等があるとされています。最近ではアンチエイジングの面においても注目を浴びており、脱毛を予防する効果も期待できます。厳密に言えば、リコピンが発毛を促すわけではありません。リコピンには強い抗酸化作用があり、いわゆる「老化抑制作用」があります。薄毛や抜毛は、老化によっても引き起こされますので、リコピンを多く摂取することは、その老化を抑えて抜け毛を軽減する働きも期待できるわけです。

引用元:リコピンで老化を防止する

フィナステリドは、ミノキシジルと併せて男性型脱毛症診療ガイドラインの中で「推奨度A(行うよう強く勧められる)」に指定されている、発毛効果が期待できる成分です。元々は前立腺肥大症や前立腺がんの治療の為に使用されてきた薬でした。

しかし、ミノキシジルと同じく、服用した患者に多毛症が見られる事から、育毛剤としての研究開発が進められることになります。その後、1998年に男性型脱毛症の治療薬としてFDAに認証され、世界初の飲むタイプの育毛剤としてその名が知られるようになりました。

日本でも2005年に厚生労働省で認証され、万有製薬よりプロペシアという名前で販売されていますが、購入には医師の処方が必要となります。

フィナステリドの発毛効果

フィナステリドを服用した80%~90%の人に、なんらかの発毛効果があったとされており、その効果の高さは国内の臨床試験でも実証されてます。フィナステリドの服用後1年で58%、2年で68%、そして3年では78%もの被験者が、発毛や育毛効果を実感できたという結果が報告されています。

フィナステリドにはAGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因である「5αリダクターゼ」が「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換される活動を阻害する働きがあります。このDHTの生成を抑制することで、抜け毛の原因となっている元凶を排除し、AGAを治療することが可能となったのです。

この阻害作用は研究によって解明されており、また、薄毛の原因としてこのDHTが深く関わっていることも最近の研究から分かってきました。

ややこしい用語が幾つか出てくるので、結局はどういうことなのかと疑問符が付くかもしれませんが、簡単に言えば脱毛に至ってしまう原因となる男性ホルモンの作用を抑える働きがあるのが、フィナステリドということになります。

フィナステリドの副作用

ミノキシジルと同様に、フィナステリドにも副作用はあります。フィナステリドの大きな副作用として、精力の減衰と性機能の低下、初期脱毛が認められるというものがあります。

また、女性にとってフィナステリドは、服用はもちろん、触れることも禁忌とされています。これは、たとえ皮膚からの吸収でも胎児の生殖器に影響を及ぼす可能性があるためです。特に妊娠中の女性が家庭内に居る場合は、取扱いには十分に注意するようにします。

ちなみに、初期脱毛や性機能の低下等の副作用が起こる割合は、全体の2%~5%と言われています。発症しても程度は軽いとされていますが、ミノキシジルと同様に、服用に際してはこのような副作用があることをしっかりと認識して、正しい服用を行なってください。

男性型脱毛症の治療薬を格安販売

フィンペシアは、世界各国で販売され、多くの愛用者が居るプロペシアのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品は後発医薬品とも言われ、物質特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造、或は供給する医薬品のことです。

プロペシアはフィナステリドを含む、非常に発毛効果が期待できるAGA治療薬として、世界中の薄毛に悩む人達に希望を与えてきました。しかし、その人気の高さ故か、価格の高さがネックとなっていました。

フィナステリドを含む育毛剤は、基本的には毎日1粒を摂取しなければならないので、続けていくとコストもそれだけかかってきます。プロペシアは1粒辺り、約250円~300円が主流なので、1ヶ月で大体7500~9000円程となり、決して安い買物とは言えませんでした。

しかし、このフィンペシアは1錠あたり約100円となっており、プロペシアに比べて価格が安いということで、プロペシアと同様に人気が高い商品となっています。

プロペシアと同じ成分のフィンペシア

価格が安いからといって、フィンペシアに発毛効果が期待できないのか?と思われる方もいるかもしれませんが、フィンペシアはプロペシアと同様の成分を含んでいるAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。プロペシアとの大きな違いは、製造しているメーカーが違う程度で、含有している成分も同じです。

なぜプロペシアよりも安くなるのかというと、そこがジェネリック医薬品の大きな利点です。すでに研究・開発された医薬品と同じものを作るわけですから、研究にかかる開発費が必要ありません。その分、価格の安さに反映されるというわけです。

本家のプロペシアのほうがなんだか効果が高そうと感じるかもしれませんが、含有しているフィナステリドの量はともに1mgとなっており、また、フィナステリドは1日に1mgを服用すれば十分に効果が期待できるとされている成分です。

同じ成分が同じだけ入っていますので、効果に大きな差はありません。プロペシアを昔から愛用している人は、その商品のファンとなっていますので、そういった方達は引き続きプロペシアを購入しているようですが、最近はより価格の安いフィンペシアに浮気している人も多いようです。

尚、フィンペシアもプロペシアと同様に副作用が存在します。副作用についてはプロペシアの副作用をご覧下さい。

フィンペシア(Finpecia)1mg
フィナステリドを1粒に1mg配合した、飲むタイプのAGA治療薬です。フィンペシアは、AGA治療薬として有名なプロペシアのジェネリック医薬品となります。

男性型脱毛症の治療薬を格安販売

プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として、世界中の薄毛に悩む人達の希望の治療薬として愛用されています。現在では、90カ国以上で利用されています。

プロペシアの主成分である「フィナステリド」は、元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されました。しかし、このフィナステリドには「男性ホルモンによる脱毛作用を抑制する働き」があることが認められ、育毛剤として広く愛用されることになります。

日本の厚生労働省でも認可されている信用できる育毛剤

フィナステリドを含むプロペシアの発毛効果はFDA(アメリカ食品医薬品局)をはじめ、日本の厚生労働省でも認可されています。AGAの治療を専門に行なう、育毛外来(発毛外来)や皮膚科でも、正式に処方してもらえるほどの信頼と実績を誇っています。

実際に行なわれた臨床実験でも、被験者の90%以上に発毛や抜毛の減少を実感したと報告されており、国内の臨床実験では、3年間の継続使用で8割近い人が増毛効果を体感できたとの報告があります。

このように、プロペシアは世界中で使用されているという安心と、実際にAGAを治療することが出来る特効薬として、多くの人に愛用されています。

なぜAGAを改善することができるのか?

フィナステリドを含むプロペシアを服用することで、なぜAGAによる抜け毛・薄毛を改善・予防することができるのでしょうか?

まず、AGAは男性の脱毛に至る原因として、最も多くの割合を占める症状と言われています。薄毛・抜け毛の原因として、実に8割~9割がこのAGAによるものと言われているのです。

そして、AGAによる脱毛に至るメカニズムは、まだ完全には解明されていないのですが、遺伝や生活習慣、ストレス等、様々な要因が原因として考えられています。

その中でも、原因として確実とされているものがあります。それがジヒドロテストステロン(DHT)です。DHTは、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素によって変化させられた、活性型の男性ホルモンのことです。

このDHTが血中にて高濃度になると、AGAの進行が早まり、薄毛や抜け毛の原因となることが分かっています。

しかし、プロペシアの有効成分であるフィナステリドが、このDHTの生成に関与している「5α-リダクターゼ」の働きを阻害し、DHT自体が生成されないようにする働きがあります。

薄毛に悩む人の脱毛部分(頭頂部や生え際に特に多い)には、かなりの高密度でDHTが存在していることからも、この成分を抑制することによって薄毛や抜け毛を抑えることができるというわけです。

ちなみに、プロペシアは1日1錠の服用で十分に効果があるとされており、フィナステリドの量としては僅か1mgの服用で薄毛を予防・改善することが可能となります。

もちろん、体質や個人差もあり、全ての人に効果が確認されるというわけではありません。それでも、実際に発毛を体感することが出来た人がたくさんいることも事実なのです。

プロペシアの副作用

効果だけを見れば、プロペシアは非常に素晴らしい育毛剤なのですが、世の中に全てにおいて万能な特効薬はありません。当然、プロペシアにも服用することによる副作用は存在しています。

プロペシアを服用する事で、以下の様な症状が報告されています。

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 初期脱毛等

いずれの副作用も、全ての人に起こるわけではなく、非常に軽微な症状となっています。また、発症率としては全体の約5%程となっており、そこまで神経質に考える必要は無いといえますが、それでも副作用の発症リスクも伴うということは、頭にいれておかなければなりません。

ちなみに、性欲の減衰や勃起不全に関する副作用については、フィナステリドは性欲を司る「テストステロン」自体を減少させる医薬品でないことからも、理論上は起こりえない副作用であるとの説もあります。

しかし、糖尿病や動脈硬化、高血圧等で、性欲の減衰や勃起不全が認められる場合には、医師と相談の上での服用が安全だといえます。

プロペシアの入手

プロペシアを日本で手に入れる場合は、基本的には発毛外来や皮膚科等の病院に処方してもらうしか方法はありません。

AGAの治療は自由診療のため、病院やクリニックによって価格はバラバラなので、詳しくは各病院に問い合わせてみましょう。ちなみに、プロペシア28錠(約1ヶ月分)で、平均価格は8500円程です。この価格に初診料や診察料が+された価格となります。

もう一つは、個人輸入代行業者を使って、直接海外から購入する方法です。できれば病院で診察を受けた後、自分の体質に安全だと確認してから購入したほうがより安全に育毛を行なうことができるのですが、日本で購入するよりもかなり安く購入することができますので、財布の中身と相談しつつ自己責任の上で利用してください。

オススメの個人輸入代行業者としては、オオサカ堂やアイドラッグストアーがあります。両サイトとも古くから個人輸入代行業務を行なっており、各メーカーからの正規品のみを取り扱っている、非常に信頼できるサイトです。

プロペシア(アメリカ版)1mg
プロペシアは、フィナステリドを有効成分とする、飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬で、元々は前立腺肥大症や前立腺癌に対して使用される薬でしたが、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として多くの国で登録されています。また、病院等でAGAの治療薬として処方されているのが、このプロペシアになります。

男性型脱毛症の治療薬を格安販売

塗るタイプのミノキシジルを含有する育毛剤

頭皮にミノキシジルを直接塗りつけるタイプの育毛剤です。育毛剤といえばこちらの塗るタイプをまず連想するのではないでしょうか?1980年代から開発が活発となり、今日に至っています。その特徴として、頭皮に塗り付けることで、ミノキシジルの副作用の一つである「体毛が濃くなる」といった症状を抑える事ができます。

[NR-09]ミノキシジル15%+αローション
頭に塗るタイプの育毛剤で、ミノキシジルを15%含んでいるのが特徴です。同タイプの育毛剤であるロゲインやカークランド、リアップに比べて、ミノキシジルの含有量が多いのが特徴です。ミノキシジルの含有量が16%となった、[NR-10]ミノキシジル16%+αクリームという商品も発売されています。
カークランド5%
ミノキシジル配合の塗るタイプの育毛剤です。塗るタイプとしては、ロゲインやポラリスが有名ですが、カークランドも発毛効果が高い育毛剤として人気があります。
ロゲイン5%
アップジョン社(現ファイザー社)が世界で初めて開発した育毛剤です。ミノキシジルの含有量は5%と、カークランドやリアップと同量となっています。

タブレットタイプのミノキシジルを含有する育毛剤

塗るタイプとは違い、ミノキシジルの成分を経口薬として直接体内に作用させるタブレットタイプです。塗る手間が省けることと、服用することでより高い効果を期待してタブレットタイプも人気となっています。しかし、ミノキシジルが全身に作用することから、体毛が濃くなる、性欲の減衰や眠気、頭痛といった副作用も報告されています。

ミノキシジルタブレット10mg
ミノキシジルを一粒辺りに10%含有した、「飲むタイプ」の育毛剤です。体内でミノキシジルが直接働きかけることで、塗るタイプよりも高い効果を発揮します。

男性型脱毛症の治療薬を格安販売

ミノキシジルとは、血管の拡張査用がある「血管拡張剤」の一種で、元々は高血圧の経口薬として用いられていました。しかし、高血圧の治療のためにミノキシジルを服用した患者が「多毛症」になるという副作用が現れます。

そして、この副作用を発毛に生かそうという研究が進められた結果、1980年代にアップジョン社(現ファイザー)が薄毛や脱毛症の治療用としてミノキシジル外用溶液「ロゲイン」の販売を開始しました。世界初の「脱毛症の治療薬」が誕生した瞬間でもありました。

プロペシアと並んで効果の高い育毛剤

ミノキシジルを配合した育毛剤は、プロペシアと並んで、男性型脱毛症診療ガイドラインの中で「推奨度A(行うよう強く勧められる)」に指定されています。できればフィナステリドを含むプロペシアと、ミノキシジルを含む育毛剤は併用した方が効果は高いのですが、ミノキシジルのみでも頭頂部の薄毛を改善する効果が期待できます。

しかし、生え際やM字の薄毛には効果が低いとされていますので、自分の薄毛の状態によってミノキシジルとフィナステリド配合の育毛剤を使い分ける、または併用していく必要があります。

塗り薬から飲み薬へ

冒頭にも紹介した「ロゲイン」は、ミノキシジルを有効成分とした塗り薬で、頭皮に馴染ませ、発毛促進を行なうタイプの育毛剤でした。しかし、最近ではミノキシジルを含むタブレットタイプの経口薬が販売されており、ミノキシジルを直接体内に取り込むことで、塗るタイプの育毛剤よりも高い効果を発揮できるようになっています。

頭に直接塗るタイプは、塗るための手間が発生するので、最近では手軽に摂取できるミノキシジルタブレットに人気が集まりつつあります。

ミノキシジルの副作用

プロペシアと同様に、ミノキシジルにもやはり副作用があります。重篤となる副作用は無いのですが、どういった副作用が起こるのかを知っておくことは、正しい服用を行なっていく上でも非常に大切です。

まず、頭に塗るタイプであれば、頭皮にフケや痒み、発疹が現れる場合があります。また、ミノキシジルに含まれる非作用成分の「プロピレングリコール」に対するアレルギー反応が起こる可能性もあります。

内服するタブレットタイプであれば、塗るタイプに比べてその作用は全身に及びます。ミノキシジルは元々は高血圧を治療するための成分です。そのため、血圧を低下させる作用があり、最初から低血圧であったり、通常の血圧の方はもちろんのこと、高血圧で投薬治療を受けている人も注意しなければなりません。

さらに、飲むタイプのミノキシジルタブレットでは、頭髪だけでなく、全身の体毛も濃くなってしまう可能性もあります。元々体毛が濃く、それがコンプレックスとなっている人であれば、経口タイプではなく塗り薬にしたほうが、余計なストレスを抱える心配は少なくなるでしょう。

効果が高いとされているものには、やはり何らかの副作用は付き物です。それらを理解して、正しい服用を行なっていくことが大切です。

ミノキシジルを配合する育毛剤の入手は?

まず、日本国内で販売されている「塗るタイプ」のミノキシジルは、大正製薬から発売されている「リアップ」が有名です。価格や5000~7000円程で、薬局で購入する事が出来ます。また、病院でも処方してもらうこともできます。その場合は、初診料や診断料が+されてきますので、価格は病院によって変動してきます。

薬局と病院で入手する以外では、個人輸入代行業者を介して海外から購入する方法です。海外製品として有名なものには、冒頭にも紹介した「ロゲイン」があります。他にも、「カークランド」や「NR-10 ポラリス」が有名な塗るタイプの育毛剤です。価格は約3000~4500円程度で、そこに送料が+されます。一般的には日本国内で入手するよりは安く購入することが可能です。

代行業者で購入する場合は、オオサカ堂とアイドラッグストアーが国内では有名で、安心して購入する事が可能です。

>>ミノキシジルを配合する育毛剤

男性型脱毛症の治療薬を格安販売

ロゲインは頭に塗るタイプの育毛剤で、1980年代にアップジョン社(現ファイザー社)が開発したミノキシジルの育毛剤です。ミノキシジルによる育毛剤として、入門用に購入するユーザーが多い育毛剤です。

育毛剤が世の中に広がるまでの歴史

1976年ごろ、人類史上で初となる、薄毛を減らして発毛効果を確認できる成分が発見されました。それがミノキシジルです。元々は高血圧の改善薬として利用されていたミノキシジルでしたが、体毛が濃くなるという副作用をさらに研究した後、1988年になってようやくロゲイン(ミノキシジル2%の塗り薬)が薄毛対策に効く薬として始めてFDA(米国食品医薬品局)に認可されました。

しかし、発売された当時では、一般のユーザーが気軽に入手することができず、医師による処方が必要でした。その後、1995年にはFDAがロゲインを処方箋無しで販売することを認可し、今日に至ります。

一方、日本では1999年にミノキシジルの含有量が1%の「リアップ」が大正製薬から販売されるようになりました。

ロゲインの登場は育毛業界に革新を起こした

それまでは「不治の病」とされてきた薄毛。約5000年も前から、人類はハゲと戦っていたのです。しかし、このロゲインの登場は薄毛に悩む多くの人達にとてつもない希望の光を放つことになります。

このロゲインの登場によって、ロゲインのジェネリック医薬品であるカークランドが発売され、ポラリス、さらにはミノキシジルタブレットが開発される流れとなります。ロゲインの登場は、間違いなく育毛業界に革命をもたらしたといっても過言ではないでしょう。

ミノキシジルの入門用として人気のロゲイン

ここまではその歴史に焦点を当てて説明してきましたが、その効果の程はどうでしょうか?まず、塗るタイプの育毛剤として最も知名度があるのが、このロゲインです。日本では「リアップ」という名前で、大正製薬が販売していますが、リアップを探している人がわざわざこのロゲインを購入するというパターンも多いのです。

これは、ロゲインが育毛剤の元祖だという信頼度の表れとも言えそうですが、それでもやはり国産が良いという人であれば、大正製薬が販売しているリアップでも同様の効果が期待できますので、そちらを購入してみてはいかがでしょうか。

ロゲインの副作用

塗るタイプのミノキシジル配合の育毛剤全てに言えることですが、頭皮に関する副作用がいくつか報告されています。その副作用としては、接触性皮膚炎や頭部のかゆみ、湿疹、かぶれ、腫れ等です。

また、ミノキシジルによる血管拡張作用によるほてりや発汗等の副作用も報告されています。症状として、重篤になるものではありませんが、元々低血圧の人や、すでに高血圧の治療を行なっているような場合では、注意が必要となります。

使用に際しても、体調の変化に十分注意し、もし何か異変があればすぐに医師の診断を受けるようにしてください。

>>ミノキシジルを配合する育毛剤

男性型脱毛症の治療薬を格安販売

このページのトップヘ