まつ毛用の美容液としてその名前を知られるようになったルミガンですが、本来は緑内障の治療目薬として開発された点眼液です。目に点眼するという特性上、副作用も少なく安全とされていますが、それでも色素沈着や目の痒みといった副作用が起こることもあります。

それでも、副作用は非常に小さく、むしろ、最も強く出てしまう副作用が、「まつ毛が伸びる」というものでした。

関連記事:まつげ美容液 ルミガンの副作用ルミガンの副作用による色素沈着を防ぐには?ルミガンの利用で目が充血する副作用

その副作用を逆に利用し、まつ毛を伸ばす目的で使われだしたことからその名前が広まり、女子力をアップさせたい女性を中心に人気となっています。

しかし、まつ毛効果が高いといっても、元々は緑内障の治療薬なので、薬局やスーパー、コンビニ等で気軽に入手できるものではありません。

美容外科や美容クリニックで入手可能

ルミガンの購入場所としては、美容外科や美容クリニック、眼科に限られているのです。これらの病院で処方してもらうことで、ルミガンを入手することができます。

ただし、眼科に至っては、まつ毛を伸ばすという目的では処方してもらえません。あくまで「緑内障の治療」を目的とした場合でないと、処方してもらえません。

病院で処方してもらう以外では、個人輸入の代行業者を利用して購入する方法があります。ルミガンの購入場所としては、最近ではこちらの方法が主流となりつつあるようです。

個人輸入の場合は自己責任で

しかし、病院で処方してもらう以外での利用は、あくまで自己責任となります。万一、ルミガンの成分にアレルギー反応が現れ、目に以上が出えたとしても、その責任を誰かに問うことはできません。

そういった無用なトラブルを避ける意味でも、美容外科や美容クリニックで相談した上でルミガンを処方してもらう方法が、最も安全といえるでしょう。

病院によって処方してもらった後、利用に際して特に問題が無かったという場合であれば、個人輸入によって同じ商品をより安く購入するとよいでしょう。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。