大手ドラッグストアチェーンのホームページ(HP)をまねた偽サイトが見つかり、厚生労働省が閉鎖させていたことが分かった。業界団体によると、大手チェーンの偽サイトが確認されたのは初めて。一般用医薬品のインターネット販売が6月12日に解禁されるが、同省は不正サイトに注意するよう呼びかけている。

偽サイトの被害に遭ったのは、関西を中心に327店舗を展開する「キリン堂」(大阪市)。同社や厚労省によると、偽サイトは同社HPとそっくりで、ネットを通じた商品購入に閲覧者を誘導していた。約160社が加盟する日本チェーンドラッグストア協会によると、加盟社の偽サイトが確認されたのは初めて。偽サイトには同協会が認定する「優良店」のロゴマークも張り付けられていた。

ただ、会社の所在地が石川県であることや、代金振込先の口座の名義が外国人のような名前であることが本物のサイトの表示と異なり、不審に思った閲覧者からの連絡で今月15日に発覚した。

厚労省は無許可販売業者と判断し、プロバイダーに要請して27日にサイトを閉鎖。キリン堂も商標を違法に使われたとして不正競争防止法違反容疑で大阪府警に被害届を出す方針だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140530-00000101-mai-soci

本文中にもありますが、今年の6月12日から解禁される一般用医薬品の通販解禁を受けて、おそらく出てくるであろうと予測されていた「ニセサイト」がさっそく出現していたというニュースです。

すでに厚生労働省によって閉鎖となった様ですが、今後もこの手のニセサイトは頻繁に確認されるようになりそうです。

自分は大丈夫と思っていても、知らず知らずのうちに被害者になっていた・・という可能性は0ではありませんので、暫くは注意が必要ですし、こういったニセサイトというものが存在するという認識も持つようにしてください。

模倣サイトは本当に巧妙にコピーされており、一見しただけではまったく分かりません。URL(ドメイン)を確認し、入金先が日本国内で無かったり、代表者の名前が怪しいと感じたら、そのサイトはニセモノである可能性があります。

騙す側は、あの手この手で私達の大切な資産を奪い去ろうとしてきます。絶対に許されることではありませんので、利用者である私達も細心の注意を払いながら、インターネットによる医薬品の通販を利用するようにしましょう。医薬品のネット通販解禁によって、私達の生活が今まで以上に便利になることは間違いないわけですからね。