別記事(まつ毛美容液としてのルミガンの使い方)でもルミガンの簡単な使い方を紹介していますが、この記事ではルミガンの使い方をステップに分けて解説しています。

以下のステップを見ていただくと、ルミガンのおおよその使用感が確認できると思います。

まずは洗顔

ルミガンを使用する前に、まずは洗顔を行います。メイクをしっかりと落として、コンタクトレンズは外します。

外したコンタクトレンズは、ルミガンの薬液をまつ毛の根元に付着させてから15分~程経ってから元に戻すようにしてください。

アプリケーターにルミガンを1滴垂らす

付属のアプリケーター(セット販売の場合)にルミガンを1滴だけ垂らします。この際、アプリケーターは水平に保ち、アプリケーターがルミガンの容器に触れないように注意します。

また、アプリケーターは片目ごとに新しいものを使うようにします。アプリケーターは使い捨てとなりますので、1度の利用ごとに新しいものを利用します。

まつ毛の根元に塗布する

ルミガンを付着させたアプリケーターを、上まつ毛の生え際にスッと塗布します。アイラインを引くように塗布する感覚です。

まつ毛の根元とまつ毛が軽く締める程度でも作用しますので、気持ち少ないかな?程度で十分です。

余分な薬液を拭き取る

ルミガンの成分(ビマトプロスト)によるまぶたの黒ずみを防ぐ意味でも、皮膚に付着した薬液はしっかりと拭き取るようにしてください。

以上です。ルミガンをまつ毛の根元のみに付着させるようにして、皮膚に付いてしまった薬液はしっかりと拭き取ることが重要となります。

効果を急ぐあまり、薬液を多量に塗布するという方も居ますが、黒ずみや目の充血といった副作用の可能性を高めてしまいますので、気をつけてください。

また、利用の際は医師に相談の上で行うようにしましょう。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。