まつ毛の育毛剤として人気の高いルミガンですが、医薬品ということで副作用も報告されています。

主な副作用としては、目の充血や異物感、まぶたの色素沈着、一時的な刺激症状(沁み、目のかすみ)、極稀に虹彩の色素沈着(長期利用の場合)が報告されています。

関連記事:まつげ美容液 ルミガンの副作用

目の充血や異物感、一時的な刺激症状や虹彩の色素沈着は、ルミガンを緑内障の治療目的で点眼した場合に発生する副作用です。

しかし、まつ毛美容液として利用した際は、まつ毛の根元に塗布した成分がその周辺の皮膚組織に影響を与えて、まぶた周辺の色素沈着(黒ずみ)を起こしてしまいます。

色素沈着に関しては特に女性が気になる副作用だと思います。しかし、この色素沈着はルミガンの利用を停止することで元に戻るとされており、さらにルミガンを(まつ毛美容液として)正しく利用することで防ぐことが可能です。

色素沈着を軽減するルミガンの正しい使い方

まず、ルミガンをまつ毛の根元に確実に付着させるために「アプリケーター(ブラシ)」を利用するようにします。アプリケーターは市販のものでもかまいません。

そして、アプリケーターを水平に保ち、ルミガンを一滴垂らします。その後、液を垂らしたブラシをアイラインを引くように、上まつげの根元部分にスッとつけてください。

その後、まぶたに付着した余分な液は必ず拭き取るようにします。この作業を怠ってしまうと、色素沈着が発生する確率を高めてしまいます。

なぜ色素沈着が起こるのか?

ルミガンに含まれるビマトプロストはメラニン細胞を活性化させ、黒ずみ等の色素沈着を引き起こしてしまうといわれています。

メラニン細胞が活性化することで色素細胞も活発になり、その結果、皮膚に黒ずみが現れてしまうので、皮膚への影響を最小限に抑えるために、まぶたに付着してしまった液体を拭き取ることは非常に重要なポイントとなります。

ルミガンの使用方法

利用する時間と回数は、1日1回、就寝前に行います。まつ毛を早く伸ばしたいという思いから、1日に何度もつけてしまう方も少なく無い様ですが、複数回の塗布は色素沈着の原因となってしまうので気をつけてください。

また、ルミガンは元々は緑内障の治療点眼液となりますので、点眼することは絶対に避けるようにしてください。万一液体が目に入ってしまった場合はしっかりと洗い流すようにして、もし異常が見られた場合は眼科での診察を受けるようにしてください。

まつ毛の根元のみに確実に塗布して、余分な液はしっかりと拭き取ることで、色素沈着を防ぎながらまつ毛の育毛活動を行うことが可能です。

以下で紹介している動画はルミガンを「まつ毛用の育毛剤」として新たに開発した「ラティース」の塗り方を解説したものになりますが、方法はルミガンもまったく同じとなりますので、参考になると思います。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。