ルミガンは通称、「元祖まつ毛育毛剤」と呼ばれており、まつげ美容液として各国のセレブ達にも愛用されてきた商品です。しかし、その実は緑内障治療を目的とした治療薬であり、まつげを伸ばすための育毛剤ではありません。

それでも、主成分のビマトプロストの副作用であるまつげの育毛効果は高く、女子力をアップしたい女子達の間で口コミで拡散され、それを受けて、開発下のアラガン社が同成分を利用した「まつげ美容液のラティース」を開発。販売に至るという経緯があります。

ラティースよりもルミガンが売れている理由は?

理由は二つ。ラティースとルミガンは、元々は主成分が同じビマトプロストということで、より安価に購入できるルミガンに人気が集中しています。

もう一つの理由は、ラティースもルミガンも、まつ毛の育毛作用に大きな違いが無いという点です。これは個人差も大きいとは思いますが、利用されている主成分が同じであれば、効果に大きな違いも無いというわけですね。

「同じ作用」であり、「より価格が安い」ということであれば、約13400円で販売されているラティースよりも、約2600円で販売されているルミガンに人気が集まるのは当然の成り行きといえますね。

※表示価格は個人輸入代行業者のオオサカ堂を参考

アプリケーター付きでお得なルミガン

ルミガンは元々は緑内障の治療点眼薬なので、目に異常の無い人が点眼するには適していません。

副作用が少なく、安全性も確認されているルミガンではありますが、余計なトラブルを抱える懸念点は出来る限り排除するべきです。

ルミガンをまつげ美容液として利用する場合、大切なのは「まつげの根元のみに塗布する」ことです。

まつ毛の根元のみに狙いを定めて液を塗布することができれば良いのですが、慣れるまではなかなか難しいものがありますので、まつ毛の根元に液を塗布する専用の道具である「アプリケーター」を利用した方が確実です。

アプリケーターは単体でも購入が可能ですが、どうせならルミガン専用に開発されたアプリケーターを使ったほうがより確実というものです。

オオサカ堂で購入できるルミガンには、専用のアプリケーターが付属したものも販売されていますので、購入の際の参考にしてみてください。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%+アプリケータ

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。