美容系の様々なメディアで紹介されたことから、「まつげの育毛剤」として認識されているルミガンですが、元々は緑内障の治療点眼薬であり、まつげ美容液としての利用は間違った使い方です。

本来は副作用である「まつげの育毛作用」を利用して、まつげを長く太く、濃く育てるという使い方なので、利用に際しては自己責任の上での利用となります。

そのような経緯もあるので、緑内障治療の目的以外でルミガンを病院で処方してもらうことはかなり難しいでしょう。

しかし、まつげ美容液として人気が高まるにつれて、最近では一部の美容クリニック等で購入できるようになっています。その際の価格は、保険の適応外ということで1本(約3ml)が12000円~14000円が相場となっており、かなり高額となってしまいます。

ルミガンを利用してせっかくまつげが伸びたとしても、利用を停止すればまた元の長さに戻ってしまうため、ある程度は継続して使い続ける必要があるわけで、長期的に利用するとなれば、経済的な負担もバカにはなりません。

そこで利用されているのが、ルミガンを直接海外から購入(個人輸入代行)する方法です。日本国内にいながら、海外製品を通常の通販と同じ感覚で購入することができるため、人気のサービスとなっています。

参考までに、個人輸入代行業者の老舗、オオサカ堂で販売されているルミガンは、1本3mlで約2600円となっています。送料も無料となっているため、日本国内で処方してもらうよりもはるかに安価で購入することが可能となっています。

尚、ルミガンのまつげ育毛作用を利用して新たに開発された専門のまつげ美容液としては、ラティースがあります。

ルミガンと開発元が同じ(アラガン社)であり、まつげの美容液として専門に開発された医薬品でもあるので、品質に万全を期したいという方であれば、ラティースを選択すると良いでしょう。

ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%

ルミガンの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。