ケアプロストに含まれているビマトプロストは、まつ毛の根元(毛穴)に作用して、まつ毛の成長期(毛周期)を延長する働きがあります。

この成分は米国FDA(アメリカ食品医薬品局)によって認証されており、一定以上の安定した効果と安全性が認められているのです。

しかし、だからといって副作用がまったく無いわけではありません。また、本来は緑内障の治療成分として開発されたものなので、ビマトプロストを主成分としたケアプロストやルミガン、ラティース等を利用することに危険を感じる方も多いでしょう。

実際に、ビマトプロストを含むケアプロストやルミガン、ラティースを利用することで、以下の様な副作用が現れる場合があります。

  • 目のかゆみや腫れ、充血
  • 光が直接差し込んだ時の眼球色の変化
  • 皮膚の黒ずみ(色素沈着)等

目のかゆみや充血等は、利用していくうちに見られなくなる副作用とされていますが、液体が皮膚に付着した際に起こる色素沈着は、美を意識する女性にとっては大きな懸念点となります。

色素沈着が発生する要因は、ビマトプロストがメラニン色素細胞を活性化させることが要因と言われています。

ケアプロストの副作用 色素沈着とは?

この様に、少なからず副作用は起こりえますので、より安全に、確実な作用を期待するならば、医師による診断と相談の上で利用することが大切です。

ケアプロスト(Careprost)0.03%

ケアプロストの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。