ラティースは世界初の「医薬品」に認可された、まつ毛用の育毛薬です。

元々は緑内障の治療薬の主成分であった「ビマトプロスト」のまつげの育毛効果に注目し、ボトックスの開発でも有名なアメリカのアラガン社が13年という長い期間の臨床試験を重ねて開発したまつげ美容液です。

ラティースの臨床実験において、利用者の85%以上の人に、長さ・太さ・色の濃さの3測定項目において変化が報告されており、日本の厚生労働省にあたる米国FDA(米国食品医薬品局)から認可され、処方薬として全米で愛用されています。

その効果の高さから、米国のセレブ達の間でも人気となっており、日本でもまつげの美容液として高い人気を誇っています。

ラティースに配合されている「ビマトプロスト」を主成分としたものは、他にもルミガン(米国FDA認可)やルミガンのジェネリック、ケアプロストがありますが、「まつけ用の育毛剤」として開発されたのは、このラティースが最初です。

オリジナルの商品ということで、価格はルミガンやケアプロストよりも高く、1本3mlが約14000円となっていますが、安全性・効果共に高い評価を得ているまつ毛用の育毛剤ということで、非常に人気の高い商品となっています。

ラティースの効果

1本(3ml)で約1ヶ月間の利用が可能となっていますが、効果の現れ方は個人差があり、1ヶ月で満足の行く効果が現れる人も居れば、3ヶ月目から効果が現れる人等様々です。

平均的な効果の現れ方としては、アラガン社が行った臨床試験が参考になります。

208人の被験者が臨床試験に挑んだところ、利用開始から約1ヶ月で効果が見られ、16週目になると多くの被験者に長さ・濃さ・密度の3点の増大を実感した、という臨床結果が発表されています。

副作用も報告されている

世界初のまつげ育毛剤として人気の高いラティースですが、医薬品ということで副作用も報告されています。

  • 目のかゆみ
  • 目の充血
  • 色素沈着(黒ずみ)
  • 目の乾きやまぶたの腫れ

目のかゆみや充血等は、使用していくうちに治まるとされていますが、色素の沈着には個人差も大きく、まったくでない人もいれば、黒ずみが出てしまうという方もいます。

色素沈着の原因としては、ビマトプロストの成分が黒ずみの原因となるメラニン色素細胞の働きを活発にするためといわれていますが、液体が皮膚に付かないように気をつける事で、色素の沈着を極力避けることができます。

ラティースの使い方

ラティースに付属している専用のまつ毛用アプリケーターを使い、1日1回、就寝前に慎重にまつげの根元に液体を付着させるようにして、液体が他の部位に付着しないように気をつけて利用しましょう。

また、異常が出た場合は直ちに医師の診察を受けるようにしてください。

どこで購入できるのか?

購入に関しては、医師によって処方してもらうことが難しいため、個人輸入の代行業者を利用した購入が一般的となっています。

冒頭でも少し触れましたが、個人輸入の代行業者として老舗のオオサカ堂であれば、送料無料で1本辺り約14000円(価格は変動します)で購入することが可能です。

複数購入での割り引きや、価格交渉も可能となっていますので、便利に賢くサイトを利用して、お得に買物をしてみましょう。

ラティース/ラティッセ(Latisse)0.03%

ラティース(ラティッセ)の詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。

また、その他のまつ毛育毛剤についてはこちらの比較ページをご覧下さい。