ミノキの塗りタイプでオススメの育毛剤は?(ロゲイン編)のページでは、ロングセラーとなっている育毛剤、ロゲインについて紹介しましたが、この記事ではそのロゲインのジェネリックである「カークランド」について紹介します。

カークランドはロゲインと同じく、ミノキシジルの含有量が5%の育毛剤です。含まれている成分に大きな違いは無く、日本国内で販売されているリアップX5やロゲインと同様の効果が期待できます。

しかし、カークランドにはリアップやロゲインと比べて大きく優れている点があります。それが価格です。

リアップの約1/5で購入可能

参考として、リアップは1本60ml入りで7400円、ロゲインは1本60mlが2本入りで約5200円です。ロゲインの価格を知ってしまうと、リアップの価格の高さが少し気になってしまうわけですが、カークランドはさらに安く、1本60mlが2本入りで約3100円となっています。

この価格は、1本辺りだと約1550円です。リアップの約5分の1程の価格で販売されていることになります。

毎月1本使用するとして、年間費用はリアップで88800円、ロゲインでは31200円となります。しかし、カークランドであれば年間で18600円となり、価格に大きな差が出てきてしまいます。

フィナステリドを含むプロペシアや、ミノキシジルを配合した育毛剤は、基本的には使い続けていく必要がありますから、この価格差は見た目以上に大きいといえるでしょう。

効果が同じならジェネリックの方がお得?

カークランドが安く販売できる理由は、冒頭でも書いたようにカークランドがロゲインのジェネリックであるためです。

ジェネリック医薬品は「後発医薬品」と呼ばれており、これまで有効性や安全性が実証されてきた新薬と同等と認められた、低価格なお薬のことです。

物質特許が切れた医薬品を、他の製薬会社が製造・供給する医薬品であるため、オリジナルに比べて安く販売できるという大きなメリットがあるわけです。

製造方法は製薬会社毎に違いがあるとは思いますが、使用されている有効成分が同じである以上、総合的な作用に大きな違いが出ることは考え難いと考えられます。

そうなると、少しでも安いものを使用する方がお得ではあるのですが、この辺りは利用する個人が自分の好きなメーカー、ブランドを選んで使っていけば良いと思います。

国産じゃなければダメ!という方であればリアップを、安全性を重視して、多くの人に長く使われているものが良いというのであればロゲインを・・・といった感じですね。

しかし、とにかく安く、効果の高い育毛剤を使いたい!という方であれば、カークランドはベストな選択になるのではないでしょうか。

カークランド5%

カークランドの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。