「ミノキ」とは、ミノキシジルを略して使われることの多い用語で、愛好家達の中ではこの様に呼ばれることが多くなっています。

ミノキシジルは「フィナステリド」と並んで発毛効果が高いとされており、日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」の中でも、「Aランク(行うよう強く勧められる)」に位置する成分となっています。

逆に言えば、同じくAランクに位置しているフィナステリドとミノキシジル以外には大きな発毛効果が認められていない、という捉え方も出来るわけですが、発毛分野の研究は現在も盛んに行なわれており、ミノキシジル&フィナステリド以外でも有効な発毛成分が今後発見される可能性もあるわけです。

ミノキシジルを配合したオススメの育毛剤は?塗りタイプ編

発毛効果が高いとされるミノキシジルが配合された育毛剤には、いくつかの種類が販売されています。

日本国内で販売されているものであれば、リアップシリーズが有名ですね。リアップX5リアッププラス&リアップジェットといったラインナップがあり、CMで見かけることも多いので、名前だけでも聞いたことがあるという方も多いと思います。

この中では、リアップX5がミノキシジルの濃度が一番濃く、含有量は5%となっています。一般的には、ミノキの含有量は高ければ高いほど、その作用も強くなるとされており、薄毛が進行してしまった人であれば、リアップX5を利用した方が、発毛効果は期待できるでしょう。

しかし、海外市場に目を向けてみると、実はリアップよりも高い作用が期待できる育毛剤はいくつも販売されています。

ロゲイン5%

ロゲインは「海外版のリアップ」で、アメリカ等のドラッグストアで気軽に購入することができます。しかし、塗りタイプの育毛剤としては、リアップよりもロゲインの方がはるかに長い歴史を持っています。

関連記事⇒リアップの購入を検討するならロゲインも候補に(効果と副作用の解説)

ミノキシジルの含有量は、リアップX5と同じ5%となっており、発毛作用に大きな違いは無いとされています。しかし、販売価格は大きな差があります。

リアップX5が約7400円(1本60ml)なのに対して、ロゲインは約5200円です。しかも、1本60mlの容器が2本セットでこの価格となっていますので、1本辺りの単価でいえば、ロゲインの方がリアップに比べて約1/3の価格で購入が可能となっています。

塗るタイプの育毛剤はロゲインが元祖です。歴史も古く、今では世界中の薄毛に悩む人達に愛用されているわけです。

経済的に厳しいという方であれば、リアップではなくロゲインを利用したほうが安いのですが、残念ながら日本国内では販売されていません。

しかし、個人輸入の代行業者を利用することで、日本国内で通販するのと同じ感覚で購入が可能となっています。

関連記事⇒オオサカ堂(おおさか堂)は信頼できる個人輸入代行業者

発売開始から長い時間が経過しているにも関わらず、現在でも売れ続けているロングセラー商品がロゲインなのです。

ロゲイン5%

ロゲインの詳細情報(効果・効能・副作用等)や口コミレビューに関しては、オオサカ堂の公式ページをご覧下さい。