フィナステリドは、ミノキシジルと併せて男性型脱毛症診療ガイドラインの中で「推奨度A(行うよう強く勧められる)」に指定されている、発毛効果が期待できる成分です。元々は前立腺肥大症や前立腺がんの治療の為に使用されてきた薬でした。

しかし、ミノキシジルと同じく、服用した患者に多毛症が見られる事から、育毛剤としての研究開発が進められることになります。その後、1998年に男性型脱毛症の治療薬としてFDAに認証され、世界初の飲むタイプの育毛剤としてその名が知られるようになりました。

日本でも2005年に厚生労働省で認証され、万有製薬よりプロペシアという名前で販売されていますが、購入には医師の処方が必要となります。

フィナステリドの発毛効果

フィナステリドを服用した80%~90%の人に、なんらかの発毛効果があったとされており、その効果の高さは国内の臨床試験でも実証されてます。フィナステリドの服用後1年で58%、2年で68%、そして3年では78%もの被験者が、発毛や育毛効果を実感できたという結果が報告されています。

フィナステリドにはAGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因である「5αリダクターゼ」が「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換される活動を阻害する働きがあります。このDHTの生成を抑制することで、抜け毛の原因となっている元凶を排除し、AGAを治療することが可能となったのです。

この阻害作用は研究によって解明されており、また、薄毛の原因としてこのDHTが深く関わっていることも最近の研究から分かってきました。

ややこしい用語が幾つか出てくるので、結局はどういうことなのかと疑問符が付くかもしれませんが、簡単に言えば脱毛に至ってしまう原因となる男性ホルモンの作用を抑える働きがあるのが、フィナステリドということになります。

フィナステリドの副作用

ミノキシジルと同様に、フィナステリドにも副作用はあります。フィナステリドの大きな副作用として、精力の減衰と性機能の低下、初期脱毛が認められるというものがあります。

また、女性にとってフィナステリドは、服用はもちろん、触れることも禁忌とされています。これは、たとえ皮膚からの吸収でも胎児の生殖器に影響を及ぼす可能性があるためです。特に妊娠中の女性が家庭内に居る場合は、取扱いには十分に注意するようにします。

ちなみに、初期脱毛や性機能の低下等の副作用が起こる割合は、全体の2%~5%と言われています。発症しても程度は軽いとされていますが、ミノキシジルと同様に、服用に際してはこのような副作用があることをしっかりと認識して、正しい服用を行なってください。

男性型脱毛症の治療薬を格安販売