フィンペシアは、世界各国で販売され、多くの愛用者が居るプロペシアのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品は後発医薬品とも言われ、物質特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造、或は供給する医薬品のことです。

プロペシアはフィナステリドを含む、非常に発毛効果が期待できるAGA治療薬として、世界中の薄毛に悩む人達に希望を与えてきました。しかし、その人気の高さ故か、価格の高さがネックとなっていました。

フィナステリドを含む育毛剤は、基本的には毎日1粒を摂取しなければならないので、続けていくとコストもそれだけかかってきます。プロペシアは1粒辺り、約250円~300円が主流なので、1ヶ月で大体7500~9000円程となり、決して安い買物とは言えませんでした。

しかし、このフィンペシアは1錠あたり約100円となっており、プロペシアに比べて価格が安いということで、プロペシアと同様に人気が高い商品となっています。

プロペシアと同じ成分のフィンペシア

価格が安いからといって、フィンペシアに発毛効果が期待できないのか?と思われる方もいるかもしれませんが、フィンペシアはプロペシアと同様の成分を含んでいるAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。プロペシアとの大きな違いは、製造しているメーカーが違う程度で、含有している成分も同じです。

なぜプロペシアよりも安くなるのかというと、そこがジェネリック医薬品の大きな利点です。すでに研究・開発された医薬品と同じものを作るわけですから、研究にかかる開発費が必要ありません。その分、価格の安さに反映されるというわけです。

本家のプロペシアのほうがなんだか効果が高そうと感じるかもしれませんが、含有しているフィナステリドの量はともに1mgとなっており、また、フィナステリドは1日に1mgを服用すれば十分に効果が期待できるとされている成分です。

同じ成分が同じだけ入っていますので、効果に大きな差はありません。プロペシアを昔から愛用している人は、その商品のファンとなっていますので、そういった方達は引き続きプロペシアを購入しているようですが、最近はより価格の安いフィンペシアに浮気している人も多いようです。

尚、フィンペシアもプロペシアと同様に副作用が存在します。副作用についてはプロペシアの副作用をご覧下さい。

フィンペシア(Finpecia)1mg
フィナステリドを1粒に1mg配合した、飲むタイプのAGA治療薬です。フィンペシアは、AGA治療薬として有名なプロペシアのジェネリック医薬品となります。

男性型脱毛症の治療薬を格安販売