NR-10 ミノキシジル16%は、別ページで紹介したNR-09 ミノキシジル15%の後に発売された、ミノキシジルの含有量が1%多い塗るタイプの育毛剤です。特徴としてはNR-09 ミノキシジル15%のページで紹介していますので、そちらを確認してみてください。

このページでは、ポラリスについて効果以外の面で紹介してみたいと思います。

ザンドロックスに代わる高濃度ミノキシジル含有の育毛剤

ザンドロックスとは、ポラリスと同じくミノキシジルが高配合された、塗るタイプの育毛剤でした。「でした」と過去形になっているのは、ザンドロックスが発売停止となってしまったためです。この育毛剤だけでなく、その会社で販売されていた商品も発売禁止となったことから、会社自体に問題があったのでは?と言われています。

愛用者も多かったこの商品の販売停止は、育毛に励んでいる多くのユーザーに衝撃を与えました。そして、その代替品となる製品として次に利用されだしたのが、このポラリスです。

ポラリスはミノキシジルの含有量によっていくつかの商品に分かれており、NR-07は5%、NR-08は7%、NR-09が15%で、このページで紹介しているNR-10が16%となっています。

ザンドロックスに代わって、現在では塗るタイプの育毛剤としては最も人気が出ており、その効果も上々との口コミを多く見かけます。

ポラリスの有効成分としては、ミノキシジルを有効成分として、ザンドロックスシリーズでもお馴染みだったアゼライク酸、そして、発毛成分として注目されている「アップルポリフェノール」やLリジン等の各種アミノ酸を配合しています。

発毛効果は期待できるが、その臭いと色(黄色っぽい液体です)がやや不評なため、夜しか利用できないといった声も聞かれます。

ロゲインやカークランドにも同様の発毛効果がありますので、自分の頭皮にマッチした育毛剤を見つけることが出来れば、AGA治療にも弾みがつくことでしょう。

>>ミノキシジルを配合する育毛剤

男性型脱毛症の治療薬を格安販売