現代人にはさまざまな娯楽がある。スマホ、映画、テレビ、海外旅行。目がまわりそうだ。ところが江戸時代の庶民には、楽しみというものがあまりなかった。せいぜい草双紙という漫画みたいな読み物を寝っ転がって読むか、歌舞伎見物くらいのものである。と思っていたら、ひとつあるではないかと著者はいう。うまくすればまったくお金がかからず、しかもすこぶるつきで楽しいやつがである。それは、人体さえあればOK。言うまでもなくSEXである。

元記事はこちら

だから「江戸はお盛んだった」とこの本、『お盛んすぎる江戸の男と女』(永井義男/朝日新聞出版)は伝えるのである。江戸時代は、今と変わらず、いやいや今よりずっとセックスに関して奔放な、桃源郷だったと。

この本、パラパラっとめくってなにが印象的かと言えば、春本から取った版画絵だ。春本というのはポルノブックのこと。あれやこれやの体位を試す男女のカラミが次々とあらわれるんである。

もちろん、当時だってゆるいにしろきびしいにしろ、風紀を取り締まる法はあった。身分制度が厳格だったので、たとえばお店の主人や若旦那と奉公人の恋愛は禁止されていた。だがそんな法律あってなきがごとしにその手の関係は世にあふれていたのである。

庶民ばかりじゃない。武士だって、不倫の現場を見つけたら、2人重ねて胴体輪切にしていいことになっていたくせに、そのような惨殺の行われた例はきわめて少なく、妻の貞節を厳格に定めた法はたてまえ、離縁するなど穏便に済ませたと書かれている。

ひっくるめていえば、婚前交渉、近親相姦、心中、僧侶の性交渉、これ全部密通と呼ばれ禁止されていたにもかかわらず、みんな実にあけっぴろげに性を謳歌していたわけだ。

そもそも男子には玄人との遊びがおおっぴらに許されていた。玄人とは、いわゆる遊女や芸者のことだ。落語で「ちょいと、行くかい?」とかいって、まるでディズニーランドへでも繰り出すみたいに、遊里やら岡場所に連れ立って出かけるのは、あれは嘘じゃなかったんですね。

当時、世界第一の大都市だった花のお江戸の、自由な性事情を知るのにうってつけの1冊である。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130217-00001679-davinci-ent&pos=3

EDに悩む現代社会からすれば、なんとも羨ましい(?)話ではあります。江戸時代の性に関する話題を色々見ていても、やはり「奔放」さが目立ち、今と比べてお盛んだったことが伺えます。

それなのに、医学や技術が発達した現在は、EDで悩む男性がたくさん居ます。上記で紹介した記事にも載っていますが、確かに江戸時代は他に娯楽が無く、することがないのでじゃあ・・・といった側面もあったかもしれません。でも、現代の社会だって、お盛んな人はたくさんいますよね。でも、ED患者は減るどころか、どんどんと増えてるという現実・・・。

EDの原因は多用化しています。EDの原因のページでもいくつか紹介していますが、これらの原因が全てではありません。もしかすると、ED解決の糸口は江戸時代にあるのかも(?)しれませんね。

一覧ページへ戻る