ED治療をいったいどのタイミングで行なえばよいのか分からないという方も多いと思います。EDが一般的な治療として認知され始めたとはいえ、やはり人には聞きづらい悩みであることは間違いありません。しかし、治療のタイミングを逃して、先送りにしてしまえば、それだけ症状は深刻になってしまいます。

以下に、「EDではない」と自己診断し、治療を遅らせてしまう要因となる理由を紹介します。あなたは、以下のような理由で治療のタイミングを遅らせてはいませんか?

EDは年(加齢)が原因だと思っている

一般的には、加齢によって精力は衰え、勃起の持続時間や固さも衰えてくるとされています。もちろん老化によるEDもありますが、だからといって、EDの全ての原因を老化と結びつけてはいけません。

例えば、EDは他の疾患と関連して性機能を不調にしてしまう場合もあります。実際に、勃起不全を訴える中年男性の多くが、動脈硬化や高血圧等の疾患を持つことが分かっています。

特に動脈硬化は、EDと深い関わりがあるとされており、動脈硬化によって高血圧や糖尿病、高脂血症を引き起こす可能性が高くなることが知られているのです。加齢によって精力が衰えたから・・・と自己判断せず、EDが病気によって引き起こされていると考えてください。

たまには上手くできるのでEDではない

これも誤った判断です。「たまに」しかできないのであれば、それは立派なEDと言えるでしょう。この場合は、軽度から中等度程度のEDの可能性があります。そして、「たまにしかできない」から、完全に勃起しなくなったとすれば、それは重度のEDであり、そのような症例はあまり多くないというのが実情なのです。

たまにしか出来ないような状態であれば、一度医師に相談することをお勧めします。ED治療については、「たまに勃起しないことがある」、「勃起できるか不安になる」など、本人が勃起に満足を感じられない場合でも、十分にEDの治療対象となります。

上手にできないのはストレスや疲れのせいだと考えている

仕事や人間関係のプレッシャー、時間に追われる、疲れているなど、日常生活で多くのストレスを抱える日本人男性は、「自分がEDになったのはストレスのせい」と考えてしまう傾向があるようです。

確かに、EDには「心因性」のものがありますが、50代以上になってくると、「動脈硬化」が原因となっている混合型のEDも多いため、自己判断による「いつかは治るだろう」は危険と言えます。EDは治療によって大きく改善するすることが出来ますので、まずは気軽に医師に相談を行なってみるべきです。

一覧ページへ戻る