ED治療とは、男性の勃起障害を改善、または治療することを目的とした医療手段(治療法)のことです。ED(勃起不全)とは?のページでも詳しく書いていますが、EDとはErectile Dysfunctionの略で、日本では勃起不全や勃起障害と呼ばれており、従来の「インポテンツ」に代わる名称として認識されています。

日本におけるED治療とは?

EDは昔から男性の悩みの一つとして存在していましたが、そのデリケートな特性上、長らく「治療」としての概念が定着せず、根本的な治療が行なわれない状態が続いていました。

しかし、1999年に発売されたED治療薬の「バイアグラ」の登場によって、日本でもED治療に対する関心が高まりました。

そして現在では、バイアグラによる投薬治療の他にも、生活習慣の改善・見直しや手術、専門器具による治療法等、幅広いED治療が行なわれるようになっています。

さらに、最近では若年層にもEDが多く見られるようになってきたのですが、その原因の多くが心因性によるものが多いということを受け、EDを専用とするカウンセリングも併用した治療が行なわれています。

ちなみに、ED治療はインプラントやレーシック、AGA治療と同様に、保険の適応が認められていません。そのため、検査や治療費、薬等は全て自己負担となってしまいます。

一覧ページへ戻る