生活習慣がEDの原因を作るのページでは、主に生活習慣が招くEDの原因を紹介してきましたが、EDとなる原因は様々で、その中の一つに「薬の作用によって」引き起こされるEDもあります。原因として関連のある項目なので、このページで併せて紹介しておきます。

降圧薬、抗不整脈薬、血管拡張剤、高脂血症用剤、利尿剤等

心臓病の治療に用いられる「抗不整脈薬」や、高血圧の治療に使われる「降圧剤」が、EDの原因となる場合があります。これらの薬は、脳などの中枢神経に作用したり、薬自体に鎮静効果を持っていることが影響し、勃起障害が起きると考えられています。

また、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として有効なミノキシジルとフィナステリドにも、性欲が減衰する症状が起こることもあるとされています。

エストロゲン剤、プロゲステロン製剤、LH-RH誘導体などのホルモン薬

おもに前立腺がんなどの治療に用いられるホルモン薬が影響して、勃起障害を起こすことが報告されています。

胃薬(シメチジン)

胃薬の一種で、勃起障害の原因になるといわれていますので、気になる場合は医師に相談して、薬を替えてもらうなどしましょう。

抗うつ薬、精神安定薬、睡眠薬

勃起などの性行動は脳内神経伝達物質であるドーパミンが増加し、セロトニンが減少したときに起こりますが、向精神薬には、このドーパミンを減少させ、セロトニンが増加するような働きがありますので、性欲を低下させる原因となってしまいます。

一覧ページへ戻る