高血圧とEDには、密接な関係があると言われています。以下にその詳細を説明していきます。

心筋梗塞、狭心症、不整脈、動脈硬化、高血圧等によるED

血流の流れと深い関わりがあるEDは、心臓や血管の病気が原因となる可能性があります。体の隅々まで血液を運んでくれる動脈が硬くなってしまえば、陰茎が勃起するために必要な血液が運ばれず、正しい勃起が行なわれなくなってしまいます。これは動脈硬化に見られる症状です。

また、高血圧の状態が続けば、常に血管が圧迫される状態が続きますので、血管に傷がつきやすくなり、そして傷を重ねていくうちに動脈硬化を引き起こしてしまいます。

中高年で高血圧を患っている人の10人に1人の割合でED(勃起不全)になってしまうという結果報告もありますし、EDを自覚した後で、血管の病気が発見されることもありますので、注意が必要です。

糖尿病によるED

糖尿病とEDの関係も有名なのですが、その関連性が災いして、糖尿病と診断された=EDにもなっていると思い込んでしまい、心因性のEDとなってしまう症例も珍しくありません。

糖尿病で一番問題となる点は、脳からの指令を体の隅々まで送る神経の働きが鈍ってしまい、脳が興奮していてもその刺激が陰茎まで届かなくなってしまう点です。この神経の働きが鈍ってしまうことを、「糖尿病性末梢神経障害」と呼びます。

また、糖尿病によって動脈硬化も起こしやすくなりますので、陰茎の血液が運ばれ難くなった結果、EDとなることもあります。

慢性腎不全によるED

慢性腎不全を患っている人の中には、男性ホルモンの分泌が減少し、血液中の「プロラクチン」というホルモンが過剰に分泌されて、性欲が低下する場合があります。

また、慢性腎不全にともなって起こる上皮小体機能亢進症、貧血、亜鉛欠乏症、高血圧とその治療に用いられる血圧降下薬などが原因となり、EDになる場合もあるのです。

腎臓の働きは、血液をろ過して、老廃物から尿を作るという働きだけでなく、血圧の維持や貧血防止、ホルモン合成などの他、男性の性機能に至るまでの様々な役割を果たしているのです。

男性更年期障害によるED

更年期障害というと、女性特有の症状と思われがちですが、男性にも加齢にともなうホルモンの低下がもたらす「男性更年期障害」があります。症状としては、勃起障害や性欲低下、射精障害、憂うつ感、筋肉量の減少、体毛の減少等が現れてきます。

男性更年期障害の治療法に関しては、男性ホルモンの補充などをしながら治療します。

一覧ページへ戻る