EDを治療する方法にはいくつかの種類がありますが、まずはEDの根本的な原因を特定する必要があります。EDの大きな原因として、「心因性」と「器質性」があり、さらに薬剤の副作用によるEDや生活習慣、体質によってもEDとなる可能性があります。

これらの要因をまずは特定し、そしてそれぞれの原因に対して適切な治療を行っていく事が、ED治療を行なう上で非常に重要となってくるのです。

ED治療にはどのような種類があるのか?

ED(勃起不全)の大きな原因として考えられるのは、前述したように「心因性」と「器質性」となります(ED(勃起不全)の原因を参照)。ED治療においては、まずは様々な診断を行ない、患者さんの勃起障害がどちらのタイプに分かれるかを特定していきます。

その上で、さらに詳細に原因を探っていき、以下に紹介するような治療法を行なっていくのです。

  • 栄養摂取による治療
  • 心的要因改善でED治療を行なう
  • 性生活を改善する
  • 病気や体質改善を行なう
  • 運動によるED改善
  • 器具を使用したED治療
  • 病院(専門外来)でED治療を行なう
  • 薬によるEDの治療と改善

これらの治療法については、追ってそれぞれの各ページで詳細に解説していきますが、治療法を細かく分けていけば、このように様々な治療法が存在しているのです。もちろん、上記で紹介した治療法が全てではなく、カウンセリングと薬を併用したり、パートナーに協力を仰いだりといった風に、治療法には様々なバリエーションが存在しているのです。

まずは治療薬によるED改善を考えてみる

EDを治療・改善するためにまず考えら得る方法が、「ED治療薬」の使用です。成人男性であれば名前だけでも聞いたことがあると思いますが、ED治療薬としては「バイアグラ」が有名ですね。

治療薬による治療は、EDの原因が心因性でも器質性でも行なわれます。これは、まずは治療薬を利用してみて、経過観察を行ない、原因を絞り込んでいく狙いもあります。

また、ED治療薬はバイアグラ以外にも「レビトラ」と「シアリス」がありますが、これらは全て厚生労働省の承認を得た、安全性の高い治療薬ということもあり、医師としても処方しやすく、これらの治療薬でEDが改善されることも多いことから、治療薬は積極的に利用されているのです。

一覧ページへ戻る