EDは年齢に関係なく、誰にでも発症する可能性のある病気です。その原因は様々ですが、普段の生活が原因となる場合もありますし、精神的のものからEDとなる場合もあります。

毎日の生活の積み重ねがEDの原因になることも

年齢からくる老化によって、たしかに勃起は不完全となり、その割合も高くなってくるのですが、これは人間が年老いていく中である意味自然の成り行きでもありますので仕方の無い事なのですが、最近では年齢に関係なく、若い人でもEDとなるケースも増えています。

若い人でもEDとなってしまう原因として、不規則な生活があります。仕事によるストレス、不規則な食事や疲れの蓄積する生活、お酒の飲みすぎや喫煙、運動不足等、毎日のライフスタイルが原因となってEDを発症してしまうということが分かってきました。

このような不規則な生活は、EDだけでなく糖尿病や高血圧、高脂血症等の生活習慣病を発症させ、これらの病気がさらにEDを悪化させてしまう要因となるのです。

動脈の広がりが不十分だとEDリスクが上昇する

正常な勃起とは、性的刺激が脳からの信号により神経を介して陰茎に伝わり、陰茎海綿体の動脈が大きく広がり、血液によって海綿体が膨らむ場合を指します。

しかし、動脈硬化や高血圧、高脂血症等の生活習慣病にかかってしまうと、陰茎海綿体に十分な血液が流れなくなり、これが勃起を不完全にしてしまいます。生活リズムの乱れから、将来的に生活習慣病を招いてしまい、EDになるリスクを高めてしまうわけです。

メンタル面が原因となる心因性のEDでは、機能的には問題が無いので、本人へのカウンセリングやパートナーの協力によって解決に導くことができますが、病気によって勃起自体の機能が損なわれてしまうと、いくら周りの協力があったとしても、EDを克服することが出来なくなってしまいます。

また、病状が悪化すれば、生命にまで危険が及んでしまいます。そうなれば、そちらの治療が最優先されてしまうことになり、EDの治療は二の次となります。そうなってしまえば、男としての本来持つべき機能を失ってしまうことになるかもしれないのです。

EDの原因となるもの

EDとなってしまう原因はたくさんあります。大きく分けると、心因性と器質性の2タイプに分けられますが、詳細に分けていけば、様々な要因に分けることが出来ます。

心理的なストレスによるED(心因性)

ストレスや不安、うつなどの心理的な要因はEDの原因の1つです。メンタル面が影響して十分な勃起に至らない場合もあります。心理的なストレスによるEDは、20~40代の若い世代に比較的多いとされています。

血管や神経の障害によるED(器質性)

年齢:加齢によってEDになる割合は増えていきます。また、年齢を重ねていくことで、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を患う人が多くなることから、それらの合併症としてEDを発症するリスクが高まるためです。

生活習慣病:EDの原因として最も多いのが、糖尿病や心臓病、高血圧などの生活習慣病です。EDは加齢が原因で発症することもありますが、生活習慣病が引き金となって発症する場合が最も多いとされています。

神経系の障害:脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの神経系の疾患がEDの原因となります。

手術や外傷:前立腺がん、膀胱がん、直腸がんなどの摘出術で、その周囲にある血管や神経を傷つけてしまった場合、EDになるリスクが高まります。また、交通事故や先天性の脊髄損傷もEDの原因です。

その他の要因:前立腺肥大などの泌尿器科系の疾患や腎不全、陰茎の先天性の疾患などもEDの原因となります。

薬剤による副作用が原因のED

一部の薬剤ではEDを引き起こすことが知られています。主に薬剤の副作用がEDを引き起こすことになりますが、以下の記事で詳細を説明していますので、参考にしてください。

>>薬剤によるED

一覧ページへ戻る