勃起不全(ぼっきふぜん)とは男性の性機能障害の一種で、陰茎の勃起の発現、あるいは維持ができないために満足に性交の行えない状態を指します。あるいは、通常性交のチャンスの75%以上で性交が行えない場合も、勃起不全とされます。

専門的には、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」がEDとして定義されています。

様々な名称で呼ばれているED

勃起不全は英読でErectile Dysfunctionと読み、EDと訳されたこちらの読みの方が、一般的な名称として認知されています。しかし、他にも様々な名称があります。

他の名称としては、勃起機能障害、勃起障害、陰萎(いんい:インポテンツのこと)、(性的)不能などとも呼ばれていますが、当ホームページではED(勃起不全)で統一させています。

EDの原因は「機能性」と「器質性」に分けられる

日本で最近行なわれたEDについての免学調査によれば、日本でも現在、40~70歳の男性の半数が何らかの原因でEDになっていると考えられており、その原因としては「機能性」と「器質性」の二つがあります。

機能性とは、心因性とも呼ばれていて、原因として大部分を占めています。新婚ED(作成中)がその代表です。そして、器質性には、陰茎そのものに障害があったり、神経・血管の障害、内分泌異常等があります。

糖尿病患者にはEDに悩む人も多いのですが、その原因は神経や血管の障害による器質性が原因と考えられています。

EDは男性が人として本来持っている生殖機能が失われてしまいますので、男性自身の男としてのプライドも著しく損ねてしまいます。現在では治療を行なったり、進行を鈍らせたりといったことも可能となっていますので、諦めずに正しい知識を持ってEDに向き合っていくことが大切です。

一覧ページへ戻る