経口避妊薬(低用量ピル)を利用する方法は、現在用いられている避妊法のなかでは最も効果が高く、また確実な方法として世界中で広く使われている避妊方法です。

避妊効果が確実でありながら利用方法も錠剤を飲むだけという簡単な上、性交時のムードを壊すこともありません。しかし、日本の既婚女性でピルを利用している人は、全体の僅か1%程と非常に少ないのが実情です。

ピルは1999年に日本での使用が認可されたのですが、ピルの有効性は世間的にはまだまだ認知度も低い状態です。知っていても利用しない女性も多く、その理由としては、日本ではホルモン治療をネガティブに考える人が多く、特に副作用への心配が強いために普及が進まないとされています。

しかし、最近ではピルの安全性が見直され、昔に比べて格段に安全性は高まっており、副作用もかなり軽微なものとなっています。

避妊の失敗による女性への負担の方がはるかに高いことを考えると、経口避妊薬の副作用は本当に些細なものなのです。

経口避妊薬の仕組み

ピルによって女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)を内服することによって、卵巣に対して間脳・下垂体から出る命令をとめ、排卵が起こらないようにして妊娠を防ぎます。

また、排卵期に頸管から出る粘液の量を減らして精子が子宮の中に入りにくくするとともに、子宮内膜にも変化を起こして受精卵が着床しにくくします。

このように避妊ピルは2重、3重で妊娠を防ぐので効果が高く、その失敗率はおよそ0.1%程とされています。

ちなみに、コンドームは正しく利用すれば失敗率は3%程とされていますが、一般的な失敗率は約14%と非常に高い数値となっており、このことからも確実な避妊方法ではないということが伺えます。

経口避妊薬(低用量ピル)の長所(メリット)

避妊効果がもっとも高く、のみ忘れなければ絶対に妊娠することはありません。セックスの途中で器具や薬品を使う必要がなく、錠剤をのむだけですから、ムードをこわすこともありません。

ピルを服用している人は月経の量が少なくなるので貧血になりにくくなり、月経困難症もなくなります。また、長くのんでいる人では卵巣がん、子宮体がんにかかる率が低くなることもわかりました。

経口避妊薬(低用量ピル)の短所(デメリット)

毎日、錠剤をのむことは、なかなか面倒で、きちょうめんな人でないと忘れることがあります。また、全身に作用しますから、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病、乳がんで手術を受けた人などはのまないほうがよいとされています。母乳の分泌を抑えるので、授乳中のお母さんも使えません。

経口避妊薬(低用量ピル)の入手方法

経口避妊薬(低用量ピル)の販売が認可されたといっても、一般的に販売されているかぜ薬のように簡単に薬局の店頭で買えるわけではありません。入手には産婦人科医で診察を受けて処方してもらうことになります。

医師に処方してもらう場合の薬代は、1ヶ月辺りで約2500~3000円程(処方、指導料は別)が相場となっています。

それ以外で入手するには、個人輸入によって海外から直接購入するか、個人輸入代行サービスを利用して購入するしか方法がありません。

医薬品の個人輸入代行業者 オオサカ堂のレビュー

経口避妊薬(低用量ピル)の飲み方

ピルには同一の錠剤を3週間のみ続けるものと、2種類~3種類の異なる錠剤を一定の期間ずつ飲むものとがあります。飲み始める日も製品によって月経開始日からの場合と、月経開始後最初の日曜日からの場合があります。のみ始めればそのときから避妊は有効で、中止すればまた妊娠が可能です。

医師に処方してもらったときに飲み方をしっかりと聞いて、確実に順序をまちがえないようにのむ必要があります。飲み忘れを無くすコツとしては、毎日一定の時刻(例:毎朝飲む)に飲むほうが、飲み忘れが無くなるので良いでしょう。

副作用として、初めて服用してから最初の1ヶ月程度に吐き気や乳房の張りを感じる場合がありますが、飲み続ける事でこれらの症状は確認されなくなります。

医師に処方してもらうにしても、個人輸入で薬を購入するにしても、必ず用法を守って、間違った使い方をしないように注意してください。

ピルの服用に適している人

若い女性で結婚前や新婚生活中、性交回数の多い人、共働きや住宅事情のために妊娠してもどうしても産むわけにはいかない人、男性側が非協力的でコンドームを使ってくれない場合、何度も避妊に失敗して中絶をくり返した人などにはピルが適しています。

ピルの服用に適していない人

産後の授乳中にピルをのむとお乳の出がわるくなりますので、服用に関しては医師の指示に従うようにしてください。

また、重症の高血圧や糖尿病の人にも不適当ですが、このような病気をもっている人は妊娠・出産も危険ですから、不妊手術を受けることを真剣に考えるべきです。

40歳以上の肥満の女性では、高血圧や高脂血症などの生活習慣病が起こりやすく、ピルは適当ではありません。また、タバコをたくさん吸う人の場合にも、生活習慣病にかかりやすくなるので、ピルをのむ場合にはたばこを控えたほうがよいといわれています。