受胎調節にはいろいろな方法がありますが、日本でも低用量ピルが承認され、続いて女性用コンドーム、さらにこれまでの子宮内避妊具(IUD)に銅付加をしてその避妊効果を高める銅付加IUDが発売されました。男性コンドーム一辺倒だった避妊法の選択肢が急に広がってきました。

受胎調節の条件としては、

  1. 避妊効果が高い
  2. 性感をそこなわない
  3. 副作用や危険がない
  4. 可逆的である(やめれば、また妊娠ができる)
  5. だれにでも容易に使える
  6. 男性の協力なしで女性の意思のみでも可能である

などがあります。

日本での実情は、既婚女性の避妊法としては70%以上がコンドームであり、基礎体温法+オギノ式算出法(リズム法)20%、性交中絶法10%であり、ほとんどが避妊効果が低く、失敗率の高い古典的避妊法であり、IUDやピルなどの有効な避妊法をおこなっている人はきわめて少数です。

100人の女性が1年間避妊をおこなった場合に、妊娠する比率は、ピル0.1~3%、通常 IUD1.8~5%、銅付加 IUD0.6%であるのに比して、コンドーム3~14%、リズム法9~25%と日本でおこなわれている避妊法の失敗率が高率なことは大きな問題です。

今後は低用量ピル、銅付加 IUDなどの近代的避妊法を含めてそれぞれの方法の長所、欠点、しくみを理解して自分に適した方法を選択することが大切です。

低用量ピル・避妊ピルの利用率が低い日本

低用量ピル・避妊ピルは、現在用いられている避妊法のなかではもっとも効果が確実なうえに、錠剤を飲むだけで避妊ができることから利用が簡単であり、セックスのムードを壊すこともありません。

この様な特徴もあり、避妊ピルは世界中でもっとも広く使われている避妊方法なのですが、日本は世界の先進国に比べて、極端に低用量ピル・避妊ピルの利用率が低いことでも有名です。

利用率が極端に低い理由としては、「なんだか体に悪そう」といった偏見的な先入観に加えて、入手には病院による処方が必要なことから、「病院に行くのが恥ずかしい」「病院にいくのが億劫だ」といった心理面がネックとなり、利用する人が増えないという現状があります。

しかし、これらの心理面のネックは、ピルを海外から直接商品を購入することで解決することができます。

個人輸入代行業者を利用して避妊ピルを購入する

日本の病院で処方してもらう避妊ピルも海外製なのですが、それらを個人輸入の代行サービスを利用して海外から直接購入することで、自宅に居ながら、しかも安価に購入することが可能です。

個人輸入の代行サービスとして有名なのがオオサカ堂です。創業も古く、評判も非常に高い会社なので、日本国内でもかなりの数の利用者がいます。

種類も様々なものが販売されており、売れ筋商品のランキングも用意されていますので、どれを購入すればよいのか迷った時は、ランキングで上位に表示されている商品を購入すると良いでしょう。

商品に対する購入者のレビューも豊富で、好意的なものから厳しい意見まで、本当に数多くのレビューが投稿されていますので、そちらも是非参考にしてください。

当ブログの他のページでも、低用量・避妊ピルについて紹介していますので、こちらも併せて参考にしてみてください。