育毛剤は日本国内でも様々な種類が販売されていますが、本当に「毛が生える」までの効果が見られる育毛剤はごく僅かです。

日本国内で最も有名な育毛剤としては、大正製薬が販売している「リアップシリーズ」でしょう。当ブログでも、リアップに関する記事をいくつか紹介しています。

このリアップシリーズには、日本皮膚科学会が発表している「発毛に関するガイドライン」の中で、推奨度が「A(行うよう強く勧められる)」とされている「ミノキシジル」が含まれています(参考:薄毛(AGA)の治療にはプロペシアとミノキシジルが有効

ミノキシジルは、米国の製薬メーカーである「アップジョン社(現ファイザー社)」が開発した血管拡張剤の一種です。しかし、薬を投与した患者に毛が生えるという副作用が発見され、その副作用をさらに研究した結果誕生したのが、ミノキシジルを配合した「ロゲイン」と呼ばれる育毛剤です。

大正製薬のリアップも、ファイザー社が開発したロゲインと同様の成分である「ミノキシジル」が利用されていますので、発毛に関しては現時点で最も効果的な育毛剤であるといえます。

ちなみに、この成分を利用した育毛剤は、現時点では権利等の関係で大正製薬からしか販売されていません。

ミノキシジルの含有量は、ロゲイン、リアップとも5%(100ml辺り)となっており、効果に大きな違いは無いと言われています。

また、ミノキシジルは用法さえ間違わなければ、比較的副作用の少ない成分と言われていますので、安全面においても信頼のおける成分であるといえます。

同じ成分でもロゲインの方が安い

一方、国産の育毛剤、リアップにも弱点はあります。それは価格が決して安くは無いという点です。

現在販売されている「リアップX5」は、1本60mLで税込み7,400円です。毎日利用したとして、おそらく1~2ヶ月程しかもちません。

しかし、育毛剤は継続して使っていかなければならないという特性があり、薄毛が改善されるまで商品を購入し続けなければなりません。しかも、利用を停止するとまた抜け毛や薄毛の状態に戻ってしまいます。

仮に、2ヶ月に一本のペースで購入すれば、年間で44,400円の出費となります。失われていく髪の毛の事を考えれば、これくらいの金額はなんてことはないと考えることができますが、経済状況によっては痛い出費であることは間違いありません。

一方、リアップX5の元祖版とも言うべきロゲインは、個人輸入代行業者のオオサカ堂で購入すれば、2本(1本辺り60ml)で約5,000円前後(価格は変動します)と、リアップよりもかなり安価に購入することが可能となっています。

ロゲイン5%

2本セットになっている商品なので、1本辺りの価格は約2,500円です。これは、リアップX5の約1/3の価格となり、懐にも優しくてしかも安全という育毛剤がロゲインなのです。

尚、このロゲインのジェネリックであるカークランドというミノキシジル配合の育毛剤もあります。こちらの商品も安価に購入することが可能で、ミノキシジルの含有量も5%となっており、リアップX5やロゲインと同じ効果・効能となっています。

カークランド5%

カークランドもロゲインと同じく、2本が1セットになったお得な育毛剤です。価格は3,000円前後と、ロゲインよりもさらに安価に購入することが可能です。

ちなみに、リアップやロゲイン、カークランドよりもミノキシジルの含有量が多い商品も海外では販売されています。詳細については、ポラリスはリアップ・ロゲインよりも強力なミノキシジル育毛剤のページをご覧下さい。

薄毛(AGA)の治療には、ミノキシジルとフィナステリドが最も有効とされています。AGAの治療を専門とする病院やクリニックでも、この二つの成分が含まれている治療薬を利用しているのです。

他にも様々な成分が配合されている育毛剤も商品化されていますが、現時点ではこの二つの成分が最強のハゲ治療薬といっても過言ではないのです。