日本国内で入手できるED(勃起不全)の治療薬は「バイアグラ」が有名ですが、一粒辺りの価格が2,000~3,000円以上と非常に高額なのがネックです。

ED治療は保険適応外の自由診療となりますので、病院でバイアグラを処方してもらう場合、薬の価格に加えて診察料や初診料等もかかってきますので、経済的な負担はさらにおおきなものとなってしまいます。

さらに、EDに関する悩みは他人に打ち明けにくい、デリケートな側面もあり、病院に行きたくても行きづらいという方も多いのが現状です。

そういった方々に利用されているのが、オオサカ堂やアイドラッグストアー等に代表される「個人輸入の代行サービス」です。

このサービスを利用することで、バイアグラを始めとした、海外で販売されている医薬品を購入することが可能となります。

個人による海外輸入は難しい

個人輸入によって海外製品(医薬品)を購入する事も可能ですが、偽物を買わされたり、商品が届かない、トラブルの際に対応が出来ないといった諸所の問題がつきまとってきます。

そういった煩わしい作業の全てを代行してくれるのが、オオサカ堂等の代行業者となります。

この記事内でも紹介しているオオサカ堂であれば、バイアグラ等の医薬品を通販するのと同じ感覚で購入することが可能となります。

尚、バイアグラは非常に高価なED治療薬ですが、そのバイアグラと同じ効果を発揮する「ジェネリック医薬品」というものが販売されています(ジェネリックの詳細に関してはwikipediaへ)。

ED治療薬のジェネリックとは?

ジェネリックを簡単に説明すると、物質特許の切れた医薬品を、他の製薬メーカーが製造して販売することを言います。

成分の開発に掛かる費用や期間が必要無い事から、オリジナルの医薬品よりも格安で販売できるという特徴があります。

通常、新薬の開発には150~200億円といわれる開発費に加えて、10~15年という長い開発期間が必要となるのですが、その成分の特許が切れれば、他者はその成分を使って自由に製品を開発することが可能となるのです。

これらはバイアグラやシアリス、レビトラのジェネリックとなるED治療薬です。

バイアグラと同様に人気のある「シアリス」や「レビトラ」も人気のED治療薬なのですが、これらのジェネリックであるカマグラやタダリス、メガリスも非常に人気が高いのです。

ジェネリックが人気の理由

人気の理由は主に2点。価格の安さと、オリジナルと殆ど変わらない高い効果にあります。効果がオリジナルと変わらないのであれば、少しでも安いものを求めたいと思うのが普通です。

特に、ED治療薬のジェネリックは、オリジナルと比べて価格が1/4~1/8となり、経済的な負担をかなり軽減することが可能となるのです。

ただし、これらの医薬品を医師の処方無く利用することは、副作用等のデメリットが常に付きまといますので、あくまで自己責任による購入が大原則となります。

それでも、薬の服用によって自分の体にどの様な状態が現れるのかをコントロールできる人であれば、通常よりもかなり安く入手することができますので、上手に個人輸入の代行サービスも利用していきたいところですね。