カマグラはED治療薬として有名な「バイアグラ」のジェネリック薬品です。インドのムンバイに本拠を構える「Ajanta Pharma」によって製造販売されています(権利の関係で、ED治療薬のジェネリックはすべてインド製となっています)。

バイアグラと同様に、有効成分としてシルデナフィルが配合されており、その含有量も100mgとバイアグラと同じとなっています。

バイアグラと大きく違っている点が、販売価格です。バイアグラは大変高価なED治療薬で、1錠あたり約2,800円となっています。

対して、ジェネリックであるカマグラは1錠で約380円となっており、バイアグラに比べて価格はおよそ1/7となっています。

価格が安いからといって、効果が薄いというわけではなく、バイアグラと同様の効果が得られるとのことで、人気の商品となっています。

カマグラ(100mg)

カマグラ(50mg)

オオサカ堂で販売されているカマグラは、シルデナフィルの含有量が100mgのものと50mgのものが販売されています。

100mgの方が当然作用は強くなりますが、その分副作用の心配もでてきますので、心配な方は、まずは成分の弱い50mgから試したほうが安全といえます。

また、服用に際しては必ず医師による指示を受けるようにしてください。