当ブログは、個人輸入代行業者のオオサカ堂を私的に応援しつつ、正しいAGA(男性型脱毛症)の治療法に加えて、育毛・発毛・抜け毛対策情報を中心とした情報を取り扱っているブログなのですが、今回は少し違った切り口で「育毛」について記事を書いてみたいと思います。

現在、日本では数多くの育毛剤や育毛サプリメント、育毛シャンプー等が販売されており、各社が凌ぎを削って新商品を開発しています。

そして現在では、インターネットで「薄毛や抜け毛の改善」についても、簡単に調べることができるようになりました。しかし、その半面、数多くの「怪しい育毛法」も、様々な形で出回っているのが実情なのです。

男性型脱毛症(AGA)の治療・改善方法はまだまだ発展途上です。プロペシアに代表されるフィナステリドの服用による治療や、自毛植毛等の手術を伴う治療法、食事環境や生活習慣を改善することによる薄毛・抜け毛の予防等、様々な方法があるにはあるのですが、100%確実にハゲを治す!という方法はまだ確立されていないのです。

情報商材には気をつけて!

今回の話の確信として私が言いたいのは、ネットに氾濫している「見るからに怪しい薄毛改善法」です。個人的に効果があったからこれをおすすめしたい!という個人の方が発信している情報であれば、まだ信憑性はあるのかもしれませんが、そういった怪しい情報が「有料」で販売されているケースも少なくありません。

以下の画像はYahoo知恵袋に載っていた育毛関係の質問をキャプチャしたものです。

fe51b55c.png

画像をクリックで拡大できます。元ネタのURLはこちら

同じような手法をYahoo知恵袋で見る機会が多いのですが、悩み系のネタに特に多いような気がします。・・・と、いうわけで、この手の質問のカラクリを説明します。

まず、マスリタークなんて手法はテレビで紹介されたわけでもなく、雑誌で紹介されたことすらありません。この言葉自体が適当に作られたキーワードなので、あたりまえですね。

質問者の質問は「自力で発毛する方法 自力 発毛 薄毛改善法 薄毛治療 薬 市販 効果ある 発毛剤 教えて下さい」とあります。

そして回答には、「有名な発毛サイトですが・・・」と書かれた後に、「マスリターク」というそれっぽいキーワードを出した後、「発毛率90%」「発毛法ランキングで1位」「3週間で生える」といった魅力的なキーワードが続きます。

しかし、具体的な参考URL等は一切記載されていません。これをみた質問者以外の閲覧者は、「どんなもんかな?」と検索を行う確立はかなり高いでしょう。

そして、「マスリターク」で検索すると、検索上位にこの発毛法に関してフワフワした感じで、なんとなーく説明を行っているサイトが出てきます。そのサイトを辿っていると、出てきました。「詳細はこちら」リンク。

そのリンクをクリックすることで、「この方法なら薄毛が改善できる!」・・・とは書いていませんが、なんだかそれっぽい解説を行っている怪しいサイトが出てきます。マスリタークなんて言葉はどこにでも出てきません。そして、具体的な情報を知りたければ、この情報を「購入」する必要があります。

これで一連の流れとしては終了です。検索⇒誘導サイト⇒商材販売サイトという流れで、薄毛に悩む方々を言葉巧みに誘導していく手法なのです。

マスリタークという言葉にしている意味は、ズバリGoogleやYahoo等の検索サイトの上位に表示されるから。例えばこの言葉が、競合の多いキーワードであれば、簡単に検索エンジンの上位に表示させることは難しくなります。

しかし、世の中に出回っていない様な、競合の少ない謎キーワードであれば、上位表示は簡単に出来てしまいます。

全ては商材の販売ページへ誘導するための罠です。先ほどのYahoo知恵袋の質問も、おそらくは自作自演でしょう。回答者も質問者も同一人物と思われます。

藁をもすがる思いでこういったサイトを見た場合、情報を購入してしまう方も0ではありませんし、この手の手法はそういった方々をターゲットに、収益を得ているのです。

この手の「誘導手法」も、情報商材で紹介されている「簡単に稼げる方法」として、有料で販売されているものであると予想できます。

ネットで入手できる情報の価値とは?

あえて書きますが、この手の情報商材の殆どは詐欺です。発毛率が90%の手法なんて、そんなものがあればとっくの昔にノーベル賞を受賞していることでしょう。

世界一有名なハゲとしては、おそらくスティーブ・ジョブスが最も有名でしょう。でも、あれだけの天文学的数値でお金を稼いでいた人でも、薄毛を治すことはできませんでした。

薄毛の改善行為自体行っていなかったのかもしれませんが、まあそういうことなんでしょう。

何が言いたいのかと言うと、薄毛は簡単には治りませんし、数千円とか数万円の情報では薄毛は絶対に治らないということです。

冒頭でも書きましたが、現在の薄毛治療として最もポピュラーな方法が、フィナステリドとミノキシジルを併用した投薬治療です。薄毛の原因として大きいと言われている、男性ホルモンを抑制することで、高い効果を発揮するといわれています。

しかし、副作用も数多く報告されており、精力の減衰や食欲不振、初期脱毛に加えて、最近では服用を停止した後に起こる精神疾患(ポストフィナステリド症候群)も問題視されています。

スティーブ・ジョブスも、健康に気を使った結果、これらの投薬治療を行わなかった可能性もありますが、現在の薄毛治療として最も効果が高いと言われているのが、上記で紹介した治療薬なのです。

これらの情報は、インターネットで検索すればすぐにでてくることです。AGAの治療を専門とする病院でも、薄毛の治療にはプロペシアを利用しています。

そして、個人輸入の代行業者を利用することで、これらの処方箋を必要とする医薬品も入手できる時代となりました。

インターネットによって便利な世の中になったのは良いのですが、今回ネタに挙げたような詐欺情報も簡単に出回るようになってしまいました。

もちろん、中には本当に有益でためになる情報商材も存在しています。そういった方々にとっては、詐欺商材が出回ることで自分達の収益も減ってしまう危険性もありますし、頭を悩ませるところでしょう。

「何が正しいのか」は、その情報をみた人が自分で判断するしかありません。自分は大丈夫、と思っていても、いつの間にかそういった詐欺に引っかかっている場合もありますので、注意が必要です。

今回はちょっとしたコラム的な話題となりましたが、薄毛に悩む方々に少しでも有益な情報を発信したいと考え、今回のネタを取り扱ってみました。

願わくば、「マスリターク」で検索した方がこの記事を先に見てくれますように。