AGA(男性型脱毛症)の主な原因は、生活習慣や喫煙・飲酒の有無、ストレス等多岐に渡るのですが、最も大きな原因とされているのが男性ホルモンによるものです。

男性ホルモンによってジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質が生成され、この成分が髪の毛の成長を妨げてしまいます。

丈夫で長い髪の毛に育っていたはずの髪の毛を根こそぎ奪ってしまうのが、このDHT(ジヒドロテストステロン)なのです。

しかし、この成分の生成を抑制する特効薬も発見されています。それがフィナステリドと呼ばれる成分で、元々は前立腺肥大症や前立腺がんの治療に用いられていた成分でした。

この成分を用いて治療にあたった患者に「多毛症」と呼ばれる、毛が生えてくる副作用が確認され、その副作用を利用して開発されたのが、フィナステリドを配合した「プロペシア」です。

プロペシアに配合されているフィナステリドはDHTの生成を抑制する働きがありますので、プロペシアはまさに薄毛治療の救世主ともいうべき治療薬なのです。

副作用も確認されているフィナステリド

プロペシアは、現在では世界各国で認証された治療薬となっており、日本でも2005年になってようやく認証されました。なぜ世界に比べて認証が遅々として進まなかったのか?

その原因は、フィナステリドを服用することによって、様々な副作用が確認されていたからです。

  • 初期脱毛
  • 性欲の減衰
  • 胃部不快感、腹痛、下痢、頭痛、肝障害等の体調不良

また、服用を停止した後に、ポストフィナステリド症候群(PFS)と呼ばれる後遺症が発生するということも確認されているそうです。

いずれの副作用も全ての人に発生するのではなく、一部で確認されたという症状です。この様な側面もあり、日本では認証が遅れてしまったのではないかと推測できます。

しかしながら、フィナステリドを用いたAGAの治療は、現在では最も効果が高いと言われています。実際に、プロペシアの服用によってフサフサな髪の毛を取り戻した人もたくさん居られます。

自分の体が、フィナステリドに対してどの様な影響が出るのかは、実際に服用してみなければわかりません。なので、まずはAGAの治療を専門とする病院で検査を受け、安心して治療薬が服用できるのかを確認したほうが良いでしょう。

病院の検査によって特に問題が無いと分かれば、その後の治療も安くすませることも可能となります。

本来であれば病院で処方してもらうしか入手方法が無いプロペシアですが、実は個人で入手することも可能です。この件に関して、詳しくはプロペシアの処方の方法は?をご覧下さい。