AGA(男性型脱毛症)は、最近では専門のクリニックによって適切な治療を受ける事が可能となっており、一昔前であれば諦めるしかなかった薄毛の問題が、現在は改善可能なレベルにまで発展してきました。

最近薄毛が気になってきた・・・抜け毛の量が増えてきた・・・この様な自覚症状が感じられた場合は、早めにAGAの治療を専門とする病院で診断を受けることをおすすめします。

何故なら、AGAの治療は早ければ早いほど、改善する可能性が高まるからです。髪の毛を生やす元となる「母毛細胞」の生涯における再生回数は決まっており、細胞の寿命が終わってしまえば、もう何をしても髪の毛は生えてこなくなります。

AGA治療を大阪で受けるには?

大阪でAGAの治療を受ける場合は、最寄に治療を受ける事ができる病院があるかどうかを調べる必要があります。

その際に便利なのが、MSD社が提供している病院検索ページです。

AGA(エージーエー)病院検索 By MSD

住所検索も可能なので、通える範囲内にクリニックがあるかどうかを簡単に調べることが可能となっています。

最寄にクリニックが無い場合は?

AGAの治療は1回の治療では終わらず、継続的に治療を行う必要があります。そして、AGAの治療は自由診療となっており、健康保険の適応外となってしまいますので、治療にかかる費用がかなりのものとなってしまいます。

その上で、クリニックが遠方にある場合は、交通費等も馬鹿になりません。実際に、治療の途中で資金が回らなくなり、治療を断念するといった方も居ます。

最寄にクリニックが無く、継続して治療を受ける費用も厳しい・・。そういった方におすすめなのが、個人輸入代行サービスを利用して、AGA治療に利用する薬を直接購入する方法です。

薄毛の治療・改善に利用される、最も有名な薬に「プロペシア」があります。

プロペシア(アメリカ版)1mg

このプロペシアは、抜け毛に繋がる男性ホルモンの生成を抑制します。直接の原因を叩くわけなので、その効果はかなり高いのです。そして、AGAの治療を行っているクリニックでも、このプロペシアを利用しているのです。

病院で使用されている治療薬を直接購入する方法は、通常の価格よりも安価に購入することが可能となっており、個人輸入代行サービスを利用した医薬品の購入は、日本の法律でも認められている方法となります。

当ブログでもおすすめしている大阪堂であれば、プロペシアを日本国内で処方してもらうよりも安価で購入することが可能で、しかも送料も無料となっています。

この様に、病院で治療で利用されている治療薬は個人で入手する事も可能となっている分けですが、できれば、最初は病院で診察を受けて、プロペシアに対してアレルギー反応やその他の影響が出ないことを確認した後で利用することが好ましいといえます。

副作用等も知らぬままに利用することは大変危険ですし、自分の薄毛の原因が男性ホルモンによるものでない可能性だってあるわけです。

健康あっての髪の毛。何事も安全第一なのです。