ジェネリックとは、物質特許が切れた医薬品を、他のメーカーが製造する後発医薬品(こうはついやくひん)のことで、単に後発医薬品のことをジェネリックと呼ぶ場合もあります。

一般的にはあまり馴染みの無い言葉なのですが、育毛剤やED治療薬に関する知識が少しでもある方の中では、認識の高い用語でもあります。

AGA治療薬 プロペシアのジェネリック「フィンペシア」

育毛剤の分野に限ると、男性型脱毛症の治療薬として高い効果を発揮するプロペシアのジェネリック、フィンペシアが有名です。

日本でAGAの治療を受ける際にも処方されている治療薬はプロペシアなのですが、そのプロペシアと同成分でありながらも安価で購入できることから、人気のAGA治療薬となっています。

しかしながら、人気の高い一番の要因は、やはり価格の安さにあるといえます。

オリジナルのプロペシアが1錠当りで約200円なのに対して、フィンペシアは約4分の1の50円程となっており、継続的に続けていく必要のあるAGA治療において、この価格の安さは大きなアドバンテージとなっています。

効果は同じでも、ジェネリックではこれだけの価格の差が出てくるわけです。

フィンペシア(Finpecia)1mg

尚、上記で紹介した価格は、個人輸入代行業者の老舗、オオサカ堂で購入した場合の価格となります。

オオサカ堂は様々な医薬品が最安値で販売されており、万一他者の方が安かった場合には、価格交渉を行うことが可能となっています。