AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症と呼ばれている、成人男性に良く見られる「薄毛」の事を指します。

一般的に、薄毛は遺伝が原因であるとされていますが、遺伝だけでなく、食生活や生活習慣、運動不足や皮膚疾患が原因となる場合もあります。

しかしながら、その原因の実に8割と言われているのが、AGAによる脱毛症です。

AGAでは、俗に言う「悪玉男性ホルモン」が悪さをしており、この男性ホルモンが原因で、髪の毛が「太く・長く」成長する前に抜け落ちてしまうのです。

悪玉男性ホルモンには非常に強力な脱毛作用があります。もし、薄毛の原因がAGAだとすると、普段の生活習慣の改善や食生活、運動習慣を見直した程度では、その脱毛作用に抗うことは非常に困難です。

しかし、その男性ホルモン自体を抑制する治療薬もあります。それがフィナステリドです。

フィナステリドは抜け毛の原因となる男性ホルモンを抑制する

フィナステリドは、元々は前立腺肥大症や前立腺がんの治療に利用されていた成分なのですが、服用した患者の毛が濃くなる副作用(多毛症)が確認され、その作用を研究して作られたのが「プロペシア」と呼ばれる育毛剤です。このプロペシアの発売によって、長年薄毛に悩んでいた多くの男性に夢と希望を与えることとなりました。

プロペシア(アメリカ版)1mg

プロペシアは、AGAの原因となる「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる男性ホルモンの生成を抑制する働きがあり、後述する「ミノキシジル」と併せて、現在最も薄毛治療に効果的とされる治療薬となっています。

尚、プロペシアにはジェネリック医薬品が複数販売されており、フィンペシアエフペシアフィンカーフィナロフィナバルドがそれに当ります。

血管拡張作用のあるミノキシジル

ミノキシジルも、元々は発毛治療用に開発された成分ではありませんでした。

元々は、高血圧の治療薬として利用されていましたが、フィナステリドと同様に、患者に「多毛症」と呼ばれる、体毛が濃くなる副作用が発見され、その作用を利用して作られたのが、ミノキシジルを配合した塗るタイプの育毛剤です。

世界初の育毛剤として発売されたロゲインがそれに当り、世界中の薄毛に悩む男性に愛用されてきました。

最近では、ミノキシジルの含有量を増やしたミノキシジル育毛剤も販売されており、ポラリス NR-10がミノキシジルの含有量が16%となっています(ロゲインは5%)。

日本でもミノキシジル配合の育毛剤が、「リアップ」という商品名で、大正製薬から販売されています。ミノキシジルの含有量は5%で、世界初の育毛剤、ロゲインと同じ含有量となっています。

しかし、価格が7,000円を超えており、お世辞にも安いとはいえない価格となっており、継続して使っていく必要のある育毛剤としては、この価格設定は辛いものが有ります。

冒頭でも説明したプロペシアも、日本国内で入手するには病院で処方してもらうしか方法がありませんが、AGAの治療は自由診療となっており、保険が適応されません。保険の適応が出来ないことから、プロペシアの購入も決して安いものではないのです。

塗るタイプのミノキシジルクリーム

ロゲイン5%

カークランド5%

(ヤマト便)男性用[NR-10]ミノキシジル16%+αクリーム

飲むタイプのミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレット5mg

ミノキシジルタブレット10mg

個人輸入で賢く育毛剤を購入する

プロペシアとミノキシジルは、日本皮膚科学会が発毛治療に関するガイドラインの中でも、推奨度がAランク(行うよう強く勧められる)となっています。

治療方法 性別 推奨度 推奨度の分類
ミノキシジルの外用 男性 A 行うよう強く勧められる
女性
塩化カルプロニウムの外用 男性 C1 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
女性
t-フラバノンの外用 男性 C1 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
女性
アデノシンの外用 男性 C1 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
女性
サイトプリン・ペンタデカンの外用 男性 C1 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
女性
セファランチンの外用 男性 C2 根拠がないので勧められない
女性
ケトコナゾールの外用 男性 C1 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
女性
フィナステリドの内服 男性 A 行うよう強く勧められる
女性 D 行わないよう勧められる
植毛 自毛 B 行うよう勧められる
人工毛 D 行わないよう勧められる
推奨度 推奨度の分類
A 行うよう強く勧められる
B 行うよう勧められる
C1 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
C2 根拠がないので勧められない
D 行わないよう勧められる

医学的にも高い効果を示しているのですが、副作用等も確認されていることから、基本的には医師による診察を受け、専門の機関で処方してもらうしか方法が無いわけです。

しかし、前述したように、治療代も馬鹿にならず、継続して治療を続けることが困難となる方も多いのが現状です。

そこで利用されているのが、個人輸入によって治療薬を直接海外から購入してくる方法です。

厚生労働省のホームページの中でも、「個人輸入によって医薬品を購入する場合は、様々な副作用や偽物を購入してしまうリスクもあるためオススメはしていないが、購入するなら自己責任の範囲でお願い」というようなことが書かれています。

しかし、実際にAGAを専門とする病院で利用されているプロペシアやミノキシジルの育毛剤(ポラリスやロゲイン等)も、海外から購入されてきたものです。それならば、自分で同じものを直接購入してきたほうが、特に費用面において有利となるのは明白です。

実際に個人輸入を自分で行なうとなると、様々なハードルが存在しており、気軽に行えるものではありません。そこで利用されているのが、個人輸入を「代行」してくれるサービスです。

日本ではオオサカ堂とアイドラッグストアーが古くからこの業務を行っており、販売シェアもこの2社が上位に位置しています。

購入できる商品も同じものが揃っているのですが、価格の面や信頼度の面において、私はオオサカ堂での購入をオススメしています。

他者よりも価格が高ければ、価格交渉を行うことも可能となっており、オオサカ堂の会員となることで様々な特典サービスを受ける事が可能となっています。