エストロモンはプレマリンのジェネリック(後発医薬品)で、古くからある代表的な卵胞ホルモン薬です。

エストロモンは、性ホルモンとして働く「卵胞ホルモン薬」として知られており、閉経の前後に少量を用いることで、更年期障害に伴う不快な諸症状を改善し、のぼせや発汗、尿生殖器の萎縮にともなう膣の乾燥感や尿失禁等に有効とされています。

服用することで、女性特有の以下のような症状の予防と改善が期待できます。

  • 卵巣欠落症状
  • 卵巣機能不全症
  • 更年期障害
  • 腟炎(老人、小児および非特異性)
  • 機能性子宮出血
  • 膣の乾燥感の軽減
  • 尿失禁対策
  • 骨粗鬆症の予防

年齢や症状によって、服用する量が変わってきます。医師の診断の元、正しい量を服用するように注意してください。

エストロモン(Estromon)0.625mg