MSD社(旧万有製薬)から販売されているプロペシアは、男性型脱毛症(AGA)の治療において、高い効果が証明されている医薬品です。

そして、このプロペシアを国内で購入するためには、医師による処方しか方法がありません。

プロペシアを処方してもらうには、まずは住まいの近くにAGAを専門とする病院があるかどうかを調べてみましょう。情報の収集には、MSD社が提供しているAGA病院検索が便利です。

AGAの治療は、健康保険が適応されないため、健康保険証は必要ありません。しかし、それは逆に言えば、処方されるプロペシアが高額になってしまうことを意味しています。

病院によってその価格はバラバラなのですが、一箱(28錠)辺りの価格は平均して高いところで1万円程度で、安いところで7000円程度となっています。

そして、薬代とは別に、診察料や再診料がかかる病院もありますので、費用に関しては受診を受ける病院で詳細を聞いてみましょう。

プロペシアは効果の高い育毛剤として有名ですが、長期に渡って服用を続けていく場合、その価格の高さがネックとなってしまいます。

個人輸入で格安でプロペシアを購入する

病院で診察を受け、プロペシアを処方してもらった後は、基本的には継続した投薬治療によって薄毛を改善していくことになります。

しかし、先にも書いたように、薬代も馬鹿にならないため、途中で治療をやめてしまう方も少なくない様です。

そこでオススメなのが、個人輸入の代行業者を利用して、海外から直接プロペシアを購入する方法です。

個人輸入の代行業者として有名なのが、オオサカ堂やアイドラッグストアーなのですが、当ブログではオオサカ堂をオススメしています。

オオサカ堂でプロペシアを購入すると、その日の円相場にもよりますが、平均して5500円前後で購入することが可能です。しかも送料は無料で、まとめ買いによる割引も適応されることから、かなりお得にプロペシアを購入することが可能となるわけです。

プロペシア(アメリカ版)1mg

尚、プロペシアには「アメリカ版」や「イギリス版」「ニュージーランド版」等、いくつかの種類に分かれているのですが、生産されている国が違うだけであって、中身はまったく同じなので、その時期で一番安いものを買えば良いでしょう。