プロペシアは、世界で最も普及している育毛剤です。有効成分であるフィナステリドが、脱毛に繋がってしまう男性ホルモン(DHT(ジヒドロテストステロン))の生成を抑制して、薄毛や抜け毛を改善します。

しかし、そのプロペシアでも効果が感じられなかったという場合、薄毛改善の方法はもう残っていないのでしょうか?

フィナステリドを有効成分とする、プロペシアやエフペシア、フィンペシアは、生え際の薄毛に有効とされている育毛剤です。俗に言う「てっぺんハゲ」には効果が薄いといわれています。

頭頂部が薄いという場合は、ミノキシジルを配合した育毛剤(ロゲインやカークランド、リアップ等)が有効とされています。

そして、ミノキシジルを「飲む」タイプに改良したのが、通称ミノタブ(ミノキシジルタブレット)です。プロペシアやフィンペシアで効果が出なかった方は、こちらのミノタブを利用することで効果が現れたという方も多い様です。

ただし、人によっては体毛が濃くなったり、心臓に負担がかかる等の副作用もあります。効果が強すぎるのも良し悪しというわけです。

プロペシアもミノタブでも効果が感じられなかったら・・・?

ミノタブやプロペシアでも効果が薄いと感じた場合は、オオサカ堂で購入することができるアボダート(アボルブ)を試してみましょう。

このアボダートは、日本ではアボルブという名前で処方されていますが、元々は前立腺肥大症の治療のために開発された薬です。

アボダート(デュタステリド)

プロペシアやフィンペシアに配合されているフィナステリドは、脱毛に繋がる男性ホルモンを抑制する作用のある育毛剤なのですが、アボダートはその男性ホルモンをさらに抑制する作用があります。

脱毛の仕組みを詳細に話すと、ややこしい話になってしまうので割愛しますが、簡単に言えば男性型脱毛症の原因である「甘言酵素」と5αリダクターゼの「1型」と「2型」をともに抑制します。さらに簡単にまとめると、「男性ホルモンによって脱毛に繋がる要因の殆どを撃退することができる育毛剤」が、このアボダートなのです。

お隣の韓国ではAGA治療の一環として、プロペシアでも効果が薄かった場合にこのアボダートが利用されています。

プロペシアよりも副作用が少ない育毛剤として注目を集めているアボダートですが、その認知度はまだまだ低く、今後の活躍が期待される育毛剤の一つとなっています。

外部リンクとなりますが、アボダートを利用した体験記をこちらで確認することができます。