ケアプロストは緑内障治療点眼液で、眼圧を下げる作用があります。また、本来の用途とは違って、これは副作用ではあるのですが、まつ毛の根元にこの目薬が付着することで「まつ毛の育毛剤」としての利用法も有名となっています。

元々は緑内障や高眼圧症治療として利用されていた「ビマトプロスト(ビマプロスト)」と呼ばれる成分が、まつ毛の根元に付着することでまつげの育毛・増毛が見られたことから、その副作用を逆に利用して、まつ毛を増やしたいという女性の間で利用されてきました。

使い方としては、ケアプロストを1日1回、寝る前にまつげの根元に付着させます。しかし、本来は緑内障の治療や眼圧を下げる効果を期待して利用する目薬なので、まつげの育毛・増毛目的で使用する場合は、点眼薬が目に入らないように注意する必要があります。

パッチリお目めで女子力UP!話題のまつ毛育毛剤ケアプロスト

オオサカ堂でも、治療薬というよりは、「かわいい女子の必須アイテム」的な切り口で、まつ毛の育毛剤として宣伝していますね。実際にオオサカ堂のスタッフが利用して、その経過を掲載しているコンテンツもありますので、女子力UPを目指している方は、一度確認してみてはいかがでしょうか。