薬事法とは

薬事法とは、医薬品や医薬部外品の品質、および安全性を確保するために作られた日本の法律です。一般用の医薬品を、リスクの高い順で「「第1類」「第2類」「第3類」と分類しており、 インターネットの通信販売では最もリスクが低い「第3類」しか販売できず、「第2類」に分類されている風邪薬などは通販で購入ができなくなっています。

⇒薬事法(外部リンク)

医薬品とは?

医薬品とは、医療機関や薬局で処方される薬のことで、病気や怪我を治すための薬です。しかし、医薬品は効果は期待できるものの、種類によっては副作用の問題があり、医師や薬剤師のアドバイスが必要となってきます。

日本でよく知られているのが頭痛薬や風邪薬です。頭痛薬として優れた効果を発揮するロキソニンも、少し前までは薬局での販売はできませんでした。育毛で言うならプロペシア、ED治療で言えばバイアグラが有名です。

通常、プロペシアやフィンペシアといった育毛剤、トリキュラーやヤスミン、マーベロン等の避妊ピルを購入するとき際は、医療機関での診断が必要となります。

例えば、市販されているリアップも医薬品なので、薬局やドラッグストアーに薬剤師が不在であれば販売や購入はできません。

医薬部外品とは?

医薬品に準ずるものは医薬部外品と呼ばれており、役割としては治療ではなく、「症状の緩和と予防」が主な目的となります。

市販されているものであれば、歯磨き粉や化粧品、入浴剤や栄養ドリンクがこれに当ります。また、一般的な育毛剤も医薬部外品となります。

当ブログにおける薬事法

当ブログは医薬品を販売するブログではありませんが、医薬品を実際に購入した体験談や、管理人が得た知識等を記載しています。掲載している情報は十分に注意を払って作成しておりますが、薬事法に抵触する恐れがある部分は速やかに修正・削除に応じますので、以下のメールフォーム宛までご連絡ください。

お問い合せ・ご質問はこちら

当サイトに記載する記事はあくまで予備知識として、最終的に購入するときは医療機関や薬剤師に相談することをおすすめします。