育毛発毛情報ブログ

当ブログでは、育毛・発毛に関する情報を中心に、睡眠ケア商品やED治療、ダイエット等の悩みを解決するための話題を取り扱っています。

世の中には様々な発毛・育毛剤が存在していますが、医学的に発毛効果が認められている成分は少なく、フィナステリドミノキシジルの二つの成分が現時点で最も発毛作用が期待できる成分であると言われています。

しかし、薄毛に関する研究は日々行われており、発毛作用が確認される様々な成分が発見されています。

アロビックス外用液5%の効果

脱毛症や白斑(はくはん)に効果的とされる医薬外用液のアロビックスに含まれている「塩化カルプロニウム」もその中の一つで、主な効果・効能は以下の通りです。

  • 慢性胃炎
  • 弛緩性便秘症などの消化管機能改善
  • 脱毛防止
  • 発毛促進
  • 乾性脂漏
  • 尋常性白斑等

あえて赤文字にして目立つようにしましたが、アロビックス外用液は医学的に「脱毛防止」「発毛促進」作用が認められた医薬品なのです。

発毛・育毛作用の仕組みとしては、有効成分である塩化カルプロニウが皮膚の血管を拡張して、血の流れを良くします。

血流が改善することで、毛根に酸素や栄養素が行き渡りやすくなります。すると、機能を低下させていた毛根が再び活発になり、脱毛の防止や発毛の促進に繋がるというわけです。

この仕組みは、同じく血管拡張作用のあるミノキシジルに似たものとなりますね。ミノキシジルを有効成分とする発毛剤で有名なものに、大正製薬のリアップがありますが、アロビックス外用液にも同様の作用が期待できるというわけです。

AGA(男性型脱毛症)や壮年性の脱毛症には効果が薄い

ただし、ミノキシジルと同じく、アロビックス外用液ではAGA(男性型脱毛症)の脱毛作用を抑えることは難しいと言われています。

AGAの脱毛に至る原因は男性ホルモンの働きが大きいのですが、血管の拡張作用だけでは男性ホルモンの強い働きを制御することはできないのです。

プロペシアと併用することでより高い作用が期待できる

男性ホルモンに働きかける発毛剤が、フィナステリドを有効成分とするプロペシアとなるわけですが、服用に際して副作用が怖いという方であれば、ミノキシジル外用液やアロビックス外用液に代表される、「塗る」タイプの育毛剤を利用するとよいでしょう。

ちなみに、育毛活動を満足の行くレベルで行っている方の中には、プロペシアと併用する形でアロビックス外用液やミノキシジルを含む育毛剤を利用している人も多いといわれています。

さらに、アロビックス外用液はプロペシアと違い、女性でも安心して利用できる外用液でもあるため、薄毛に悩む女性にとっても有用となるはずです。

口コミや商品の詳細はこちら⇒アロビックス外用液(Arovics)5%

オオサカ堂で個人輸入することができるアロビックス外用液は、発毛促進作用が期待できる「塩化カルプロニウム」が5%配合されたフロジン液のジェネリック医薬品です。

発毛作用が期待できる医薬品では、プロペシアが有名ですが、男性しか利用できないという点や、精力減衰等の副作用が心配されるというデメリットも存在しています。

一方、アロビックス外用液であれば、男女とも利用することが可能で、円形脱毛症やひこう性脱毛症、びまん性脱毛症といった、様々な脱毛症に作用します。

また、プロペシアと違ってこちらは外用液となっており、1日に2~3回塗布して、軽くマッサージを行うようにして利用します。服用する必要が無いため、プロペシアに比べて副作用も少ないとされています。

局所血管拡張作用で発毛を促す!

アロビックス外用液の有効成分である、「塩化カルプロニウム」には、強力な局所血管拡張作用があります。

この成分を患部に塗り、成分が頭皮に浸透することで、頭皮の血管が拡張して血流が増加します。血流の増加によって毛乳頭に多くの栄養分が行き渡り活発化し、発毛促進や抜け毛防止に効果を発揮するという仕組みです。

同じく局所血管拡張作用が確認されている「アセチルコリン」に比べて、約10倍の拡張作用があると言われており、さらに皮膚浸透性にも優れていることから、即効性も高いといわれています。

塗るタイプの育毛剤としては、ミノキシジルを配合したポラリスやロゲイン、日本でも知名度の高いリアップシリーズが人気となっていますが、アロビックス外用液もこのカテゴリに参入してくる可能性が高いといえます。

また、プロペシアやミノキシジル配合の発毛剤と併用することも可能なので、医師と相談の上で、併用していく方法も検討してみてはいかがでしょうか。

口コミや商品の詳細はこちら⇒アロビックス外用液(Arovics)5%

オオサカ堂(会社名:ロイユニオン)は、まだインターネットの普及が十分でなかった1997年から輸入代行業務を行っており、その歴史は2015年で創業から17年となりました。

今でこそ、「輸入代行業者といえばオオサカ堂」と言われるほどに知名度が高まっていますが、地道な営業努力と確かな品質の商品を提供し続けてきた結果にほかなりません。

しかし、一昔まえに比べて格段にメジャーな手段となった個人輸入代行業者の利用ですが、それでも日本国内での通販に慣れてしまった身からすれば、利用しづらいという方もまだまだ多いというのが実情です。

その証拠に、GoogleやYahoo検索で「オオサカ堂」と検索すると、関連キーワードには「危険」や、「批判」、「偽物」、「本物」といったネガティブキーワードが確認できます。

ただし、これらのキーワードは数年前に比べれば格段に検索回数は減ってきている様です。

Googleの正式サービスに、「Googleトレンド」と呼ばれる、実際に検索された回数を調べるツールがあります。このツールで、例えば「オオサカ堂 偽物」と調べた結果が以下になります。

過去12ヵ月をグラフとして出力した結果ですが、オオサカ堂の信頼度が高まるにつれて、「偽物」に関連するキーワードがどんどんと下がっている様子が見て取れます。

オオサカ堂はリピーターユーザーの数も非常に多く、一度利用したユーザーが何度も続けて購入する代行サービスとしても知られています。

単純に他の代行業者よりも「価格が安い」ということもありますが、やはり「安心」と「信頼」の点が、ユーザーに大きく評価されていると言えます。その結果が、検索キーワードにも現れているのです。

もう一つ、Googleトレンドで検索したグラフを紹介したいと思います。

これは、「オオサカ堂」というキーワードの、過去2年間分の検索回数をグラフとして表したものです。Googleトレンドは最も検索された時点を「100」として数値化していますので、表示されている数字は検索回数では無く、%(パーセント)的な意味合いなのですが、その検索のピークが2015年の1月となっています。

今後、さらに検索の回数が伸びれば、この100%の地点は右側へ移動していくわけですが、このグラフを見てみても、検索回数がどんどんと増えていることがわかります。要するに知名度が上がっているというわけですね。

当ブログでは、過去にもオオサカ堂に関するネガティブキーワードに関する記事を紹介しています。

上記の記事は、オオサカ堂の紹介ページで紹介した記事の一部となります。個人輸入を利用する際に、どうしてもあと一歩が踏み出せないという方も、一度目を通してもらいたいと思います。

2014年に行われた、インターネットによる医薬品の通販の解禁を受けて、今後さらに医薬品をネットで購入するという動きが加速する可能性があります。

時間的な都合や、デリケートな部分で人に話しづらいといった様々な問題もあることから、ネット通販による医薬品の購入を望む声は大きと言われています。個人輸入の代行サービスがもっと広く普及していけば、こういった問題解決の入り口となるやもしれませんね。

医薬品個人輸入代行オオサカ堂のホームページはこちら

このページのトップヘ