育毛発毛情報ブログ

当ブログでは、育毛・発毛に関する情報を中心に、睡眠ケア商品やED治療、ダイエット等の悩みを解決するための話題を取り扱っています。

AGA(男性型脱毛症)の治療薬と言えばプロペシアが有名ですが、今回ご紹介するニュースではそのプロペシアの上位版、「ザガーロ」が紹介されていました。すでにあちこちで話題に上がっているネタではありますが、当ブログでも紹介しておきます。

AGA用新薬「ザガーロ」 従来薬と比べ優位な効果を医師語る

男性型脱毛症(AGA)の患者は1000万人以上といわれ、外見に対する男性の意識の高まりから専門医に相談する人が年々増えている。そんな薄毛の男性たちの救世主と期待される新薬が、もうすぐ発売になる。

AGAに悩む男性が脱毛予防や育毛対策として拠り所にしてきたのが、「ミノキシジル」と「フィナステリド」といった薬剤だ。

前者は「リアップ(外用薬)」、後者は「プロペシア(内服薬)」という商品名で販売されている。特にプロペシアは世界60か国以上で処方され、日本では2005年の登場以来、その有効性の高さからAGA治療薬として広く用いられてきた。

しかし、それらを凌ぐ新たな薬が11月中にも登場するといわれ、AGA患者が熱い期待を寄せている。その新薬とは、9月28日に厚生労働省の承認を取得し、グラクソ・スミスクライン社が製造販売する「ザガーロ」(一般名・デュタステリド)だ。

頭髪治療のスペシャリストとして知られる東京メモリアルクリニック・平山の佐藤明男院長が語る。

「すでに韓国では処方されています。日本で発売されたら当院ではすぐに入手、処方するつもりです。従来品を使用していてもなかなか効果が表われない患者さんの中には、すでにザガーロを予約している人もいるほどです。

ザガーロとプロペシアの大きな違いは、抜け毛の原因とされる物質を阻害する成分量がザガーロの方が多いこと。プロペシア1mgの効果をザガーロは0.1mgで期待できる。プロペシアは0.2mgと1mgの2種類が販売されていますが、ザガーロは0.1mgと0.5mgの2種類が販売されます」

グラクソ社によれば、ザガーロの有効成分であるデュタステリドは前立腺肥大症治療薬として2001年にアメリカで承認されたものだという。

「その後、AGA治療薬として開発を進め、2009年に韓国でAGA治療薬として承認されています。AGA治療薬としての日本の臨床試験は2010年から開始し、今年9月に承認を得ました」(同社広報部)

引用元:http://www.news-postseven.com/archives/20151102_360854.html

注目すべき点としてはここですね。

抜け毛の原因とされる物質を阻害する成分量がザガーロの方が多いこと。プロペシア1mgの効果をザガーロは0.1mgで期待できる。プロペシアは0.2mgと1mgの2種類が販売されていますが、ザガーロは0.1mgと0.5mgの2種類が販売されます

ちなみに「プロペシアに含まれている1mgの効果」とはフィナステリドのことですね。フィナの成分まで話を広げてしまうと記事のボリュームが増えてしまい、話もややこしくなってしまうのであえて伏せていると思われます。

プロペシア1mgのおよそ10分の1の成分量で同様の作用が期待できるというわけですが、この強力なDHT(悪玉男性ホルモン)阻害作用を実現しているのが、デュタステリドと呼ばれる成分です。

ニュースの中でもありますが、デュタステリドは本来は前立腺肥大症治療薬として使われていた成分です。この成分が薄毛の治療にも効果があったということで、ザガーロの開発に至ったというわけですが、これはミノキシジルやフィナステリドでも同じ様な開発経緯があります。

本来意図していなかった作用というものは、いうなれば副作用なわけですが、育毛業界にはこの副作用を逆に利用した医薬品がいくつか存在しています。ザガーロもそのパターンではあるのですが、果たしてこの育毛剤が薄毛に悩む男性達の救世主となってくれるのか・・。今後も動向が注目される情報です。

ちなみに、ザガーロに含まれているデュタステリドを有効成分とする医薬品の名前は「アボダート(アボルブカプセル)」という名前で販売されています。しかし、この薬は本来は前立腺肥大症の治療を目的としてものであり、薄毛の治療目的に開発されたものではありません。

今回発売されるザガーロは、デュタステリドの発毛作用を臨床実験を繰り返し、安全性が確認されたことから新たに発売された治療薬です。この辺は経緯を調べていくとややこしく感じるのですが、デュタステリドを有効成分とするアボダートを、薄毛の治療目的で服用しているユーザーも多いということです。

本来意図した用途とは違う使われ方で有名になってしまったデュタステリドですが、これで正式に、プロペシアを超える次世代の育毛剤として世に出回っていくことになりますね。今後の活躍に期待します。


口コミや商品の詳細はこちら⇒アボダート(デュタステリド)

女性でも安心して利用することができる発毛・育毛剤として、ジワジワと人気が高まっているアロビックス外用液5%ですが、この記事では正しい使い方について紹介したいと思います。

まずは頭皮を清潔にした状態で、頭皮にアロビックス外用液をふりかけます。頭皮全体に液体が適量で行き渡った後、指の腹を利用して頭皮全体をマッサージします。

マッサージによって液体を頭皮に染み込ませていくわけですが、このマッサージはあまり強くやりすぎず、優しく丁寧に、揉むようにしてマッサージを行うようにしてください。爪を立ててガリガリとやってしまうと、頭皮を傷つけてしまう原因になってしまいます。

マッサージを行うと、次第に頭皮がぽかぽかと温まってくるはずです。その状態が、血流が改善されている状態となります。

そして、上記の要領で1日2回から3回程、アロビックス外用液を頭皮に塗布します。塗布するタイミングとしては、就寝前(夜)と起床後(朝)が良いでしょう。

一度に大量に使用することはせず、用法を必ず守るようにしてください。尚、利用の際には必ず医師からの指示を仰ぐようにして、炎症やかゆみといった以上が出た場合も、すぐに診断を受けるようにしてください。

副作用が少ないとはいえ、個人の体質によっては大きな副作用が出てしまう危険性もあります。

また、塗布したからといってすぐに脱毛症が治まったり、髪の毛が生えてくるというわけではありません。最低でも3ヵ月間は利用してみて、状態を確認するようにしましょう。

口コミや商品の詳細はこちら⇒アロビックス外用液(Arovics)5%

アロビックス外用液は、有効成分の「塩化カルプロニウム」が1mL中に50mgが含まれている脱毛治療薬です。

塩化カルプロニウムには局所的な血管拡張作用があり、血流を改善することで毛根を活性化させ、脱毛症や薄毛を予防、改善します。

アロビックスはフィナステリドとは違い、女性でも安心して利用できる脱毛治療薬として人気の高いフロジン液のジェネリック医薬品です。オリジナルと違う点は価格の安さ(ジェネリックの方が安くなる)程度で、成分や効能等は殆ど同じものです。

入手するには皮膚科で診断を受けた上で処方してもらうことになりますが、薄毛の治療目的では保険の適応外となってしまい、安価に購入することはできません。

そういった場合に利用されているのが、個人輸入代行サービスです。有名な輸入代行業者はアイドラッグストアーやオオサカ堂等が挙げられます。

どちらも信頼のおける、老舗のサービスなので、あとは価格の差や好みで利用するサービスを決めると良いでしょう。

さて、アロビックス外用液の肝心の効果の方ですが、実際に脱毛症を改善することはできるのでしょうか?以下では、オオサカ堂の販売ページに寄せられた口コミを簡潔にまとめたものとなりますので、購入の際の参考にしてみてください。

良い意見

  • 塗布した後にほんのりと頭皮が暖かくなる
  • 今のところ副作用は殆どなし
  • 頭皮が汗を書いて血行の改善が実感できた
  • 円形脱毛症に対して使用。直径5cmのものが3cmまで小さくなった
  • 安心して利用できて、しかも安価
  • ミノキシジル外用液よりも痒みが少ない
  • 抜け毛が改善された気がする

悪い意見

  • けっこうべたつく感じがする
  • ニオイが少し気になる
  • 使い始めだからか、あまり効果を実感できない

現れる効果には個人差もあり、主観に寄る部分が大きいので、あくまで参考程度に。ミノキシジルが配合された育毛剤(ロゲインやリアップ、カークランド等)と併用しているという声も確認できます。

個人輸入での取り扱いが開始されて、まだ間もない状態なので、これからさらに口コミは増えてくるものと予想できますが、女性でも安心して利用できるという点が大きいので、今後に期待したい脱毛治療薬ですね。

口コミや商品の詳細はこちら⇒アロビックス外用液(Arovics)5%

このページのトップヘ