育毛発毛情報ブログ

当ブログでは、育毛・発毛に関する情報を中心に、睡眠ケア商品やED治療、ダイエット等の悩みを解決するための話題を取り扱っています。

海外では普通に購入できるのに、日本では認可されていないために購入できないという医薬品(薬)はたくさんあります。代表的なものに、「精力剤」や「育毛剤」があるのですが、これらの商品を個人で入手するには、個人輸入によって海外から直接購入する必要があります。

個人レベルで海外製品を購入することは不可能では無いのですが、色々な手続きや送料の問題等もあり、気軽に利用できません。そこで便利なのが、これらの煩わしい手間を全て代行してくれるサービスである、「個人輸入代行業者」を利用する方法です。



個人輸入代行業者は数多く存在しているのですが、その中でも特におすすめできるのが、個人輸入代行の老舗である「オオサカ堂」です。当ブログでも、医薬品の個人輸入代行業者 オオサカ堂オオサカ堂のご紹介(評価・口コミ)のページでも、詳細なレビュー(口コミ)を紹介していますので、こちらも併せて参考にしてみてください。

個人輸入代行業者 オオサカ堂の特徴


簡単にオオサカ堂の特徴を説明しますと、まずは何といっても抜群の信頼度が挙げられます。「もしかしたらニセモノを買わされるのでは?」といった心配が個人輸入代行にはリスクとして付きまとってくるのですが、オオサカ堂ではそういった偽物を買わされたといった情報が無く、また、実際に購入した方々が頻繁にレビュー投稿されている様子からも、しっかりとした商品を取り扱っていることが伺えます。

また、各種クレジットの利用が可能で、支払いの面でも非常に便利ですね。そして、個人で海外製品を購入した際に気になる「送料」ですが、オオサカ堂で購入すれば、なんと送料は「無料」です!なかなかに太っ腹な気がしますが、さらに、他の個人輸入代行業者で販売している同一の商品で、その価格が他社よりも高かった場合は、連絡してほしいとあります。

「あちらがこの値段ならうちはこの値段にしまっせ!」ということですね。業界最安値を謳っていますが、実際にかなり安く購入することが可能となっています。

まとめ買いで割引率が大きくなったり、レビューでポイントを溜めて、そのポイントで商品を購入することも可能なので、利用者にとってはかなり使いやすい、素晴らしいサービスを提供していると思います。

育毛剤や精力剤、ジェネリック医薬品(薬)といった、効果の高い海外製品を購入するなら、オオサカ堂の利用をおすすめします!



個人輸入には数量の制限も・・・


個人輸入代行業者を利用して、海外の医薬品(薬)を購入することは可能と説明しましたが、一点注意しなければならないのが、輸入できる数量の扱いです。

>>医薬品等の個人輸入について

上記のリンクは、厚生労働省の「医薬品等の個人輸入」に関する説明ページとなりますが、要約すると、「全て自己責任の上で購入してもらうことになるが、個人で購入(輸入)できる量には限りがありますよ」ということです。

基本的には、1ヶ月~2ヶ月分までが輸入代行の上限となっていますので、「買いだめ」といった方法が取れないということになります。これはもう一つ禁止事項として挙げられている「転売」を防ぐ意味もあるのかもしれませんね。個人輸入で購入した商品を、友人に転売したり、オークションで出品することは法律で禁じられており、家族分の購入に関しても制限されています。

この点に関しては、少し注意が必要だと思いますので、当ブログでも紹介してみました。

薬事法とは

薬事法とは、医薬品や医薬部外品の品質、および安全性を確保するために作られた日本の法律です。一般用の医薬品を、リスクの高い順で「「第1類」「第2類」「第3類」と分類しており、 インターネットの通信販売では最もリスクが低い「第3類」しか販売できず、「第2類」に分類されている風邪薬などは通販で購入ができなくなっています。

⇒薬事法(外部リンク)

医薬品とは?

医薬品とは、医療機関や薬局で処方される薬のことで、病気や怪我を治すための薬です。しかし、医薬品は効果は期待できるものの、種類によっては副作用の問題があり、医師や薬剤師のアドバイスが必要となってきます。

日本でよく知られているのが頭痛薬や風邪薬です。頭痛薬として優れた効果を発揮するロキソニンも、少し前までは薬局での販売はできませんでした。育毛で言うならプロペシア、ED治療で言えばバイアグラが有名です。

通常、プロペシアやフィンペシアといった育毛剤、トリキュラーやヤスミン、マーベロン等の避妊ピルを購入するとき際は、医療機関での診断が必要となります。

例えば、市販されているリアップも医薬品なので、薬局やドラッグストアーに薬剤師が不在であれば販売や購入はできません。

医薬部外品とは?

医薬品に準ずるものは医薬部外品と呼ばれており、役割としては治療ではなく、「症状の緩和と予防」が主な目的となります。

市販されているものであれば、歯磨き粉や化粧品、入浴剤や栄養ドリンクがこれに当ります。また、一般的な育毛剤も医薬部外品となります。

当ブログにおける薬事法

当ブログは医薬品を販売するブログではありませんが、医薬品を実際に購入した体験談や、管理人が得た知識等を記載しています。掲載している情報は十分に注意を払って作成しておりますが、薬事法に抵触する恐れがある部分は速やかに修正・削除に応じますので、以下のメールフォーム宛までご連絡ください。

お問い合せ・ご質問はこちら

当サイトに記載する記事はあくまで予備知識として、最終的に購入するときは医療機関や薬剤師に相談することをおすすめします。

個人輸入代行業者を利用しての医薬品の購入について

通常、プロペシアや避妊ピル、ED治療薬等は医師による処方箋がなければ入手することができません。これらの医薬品が薬局やドラッグストアーで購入できない理由は、効果が高いために副作用の可能性もあるからです。

しかし、個人輸入の代行業者を利用することで、これらの医薬品を購入することが可能となります。通常の通販サイトを利用する感覚に近いので、手軽に海外から直接医薬品等を取寄せることができるのですが、商品の購入に関しては完全に自己責任において行うこととなり、万一何らかの副作用が発生したとしても、誰に対しても責任の追及を行うことはできません。

過去に同様の医薬品を利用したことがあったり、購入した後に医師の相談の元で処方するといった用途以外での個人的な利用は、なるべく避けたほうが無難といえます。

当ブログでは個人輸入を推薦しているわけではありません

当ブログでは、育毛やED治療薬、ダイエットや避妊ピル等に関する情報を掲載しておりますが、個人輸入の代行を利用して購入を推薦しているわけではありません。各種医薬品の購入については、必ず自己責任において行うようにしてください。

また、当ブログがきっかけで医薬品を通販で購入したとしても、医師への相談は必ず行うようにしてください。

当ブログがきっかけで何らかの問題が生じた場合でも責任を負いかねます。

このページのトップヘ